合唱クラブ TBSこども音楽コンクールへ



 昨年発足した合唱クラブですが、今年も28名と助っ人3名の31名で活動が始まっています。そのうち、経験者は11名。20名が本格的な合唱が初めてという子どもたちです。
 今年の目標は、NHK全国音楽コンクールの予選出場、TBSこども音楽コンクールの本戦出場です。先日、TBSコンクールの一次審査(CDを送ります)へ応募し、結果が郵送されてきました。その結果、めでたく、創部2年目で、初の本選出場となりました。4月から、クラブの時間と、週1、2回昼休みの15分間練習にも、集まれる子どもたちで真剣に取り組んできた努力の成果です。演奏曲は「友だちだから」。友だちへの思いを、明るいテンポで、元気なカリタスの子どもたちが歌います。
 6月27日には、神奈川県合唱連盟主催の合唱講習会に参加しました。NHK全国音楽コンクールの課題曲を初演指揮者の浅野深雪先生に、みっちり90分の指導をいただき、さらには、県立音楽堂で学んだ学校とともに成果発表を行いました。県コンクール金賞の学校と混ざり合ってレッスンを受けた子どもたちの歌声は、すばらしい成長を見せ、曲の終わりには、自然と涙がこぼれるほどでした。

5年1組 アスレチック体験



 5年1組は、総合のテーマ決めのために、全員でフィールドアスレチック横浜つくし野コースに出かけてきました。
 アスレチックを希望しているグループのねらいは、「ターザンロープを作ること」。そのために、実際にどうできているのかを研究し、全員で共有体験をしたいということで出かけました。
 アスレチックに入った子どもたちは、もう、うずうず、うずうず。全員フィールドにかけだしていきました。50ほどあるポイントをめぐりながら、メインのターザンロープの手前の池や川のフィールドで、びちょびちょになりながら遊ぶ子どもたち。そんな子どもたちと一緒に、なぜか、担任もびちょびちょになっていました。
 クラスで「やってみたい」と思ったことを、実際に体験できる機会があること、クラスごとにであっても外に出ていけること、そんな機動力が、1年間の総合のテーマを決めるにあたってものすごい影響を与えるのでしょう。実体験中の子どもの目は、輝いています!

永久コパン 取材活動



 21日(日)小雨の降る中、永久コパンの5・6年生19名が、多摩区役所で行われた「第15回多摩ふれあいまつり」の取材に出かけてきました。10月14日の創立記念の集いに向けて、その準備の一つとしての取材です。詳しいことは当日までのお楽しみですが、学園の保護者であり、ボランティアの保護者である聖マルグリット・デュービルの行いに倣う人たちを探そう!という目的で、おまつりに参加してきたのです。
 多摩ふれあいまつりは、カリタス学園中野島キャンパスのある、川崎市多摩区内で様々な福祉・ボランティア活動をされている方々・団体の交流の場として、年1回多摩区役所で催されていて、カリタス中高「アンジェラスの会」のお姉さんたちも毎年運営のお手伝いをしています。
 取材活動としてではありますが、小学校から参加するのは今回が初めてです。参加するまで、どんなイベントか楽しみ半分、でも知らない人たちにうまく取材できるかなという不安も半分ありましたが、実際にその場に入ってみて、様々な立場の方々が私たちを笑顔で温かく受け入れて下さり、取材も快く応じて下さって、本当に「ふれあい」を大切にしていることがよく分かりました。緊張してもじもじしていた子どもたちも、「この活動で楽しいときは、どんなときですか?」「困っていることはありますか?」「一緒にお写真を撮ってもよいですか?」などと、自然と積極的に取材できるようになっていました。一日歩き通し、立ちっぱなしの活動で大変だったと思いますが、帰り際ある子が「来年も、また来たいなぁ」と呟いていたのが印象的でした。
 今後は、取材したことをグループごとにまとめ、発表する準備を進めていきます。まだ少し先の話ではありますが、ぜひ10月14日の創立記念の集いでの報告会を楽しみにご来校下さい。お待ちしています。

2年 図工 お泊り会ランプ作り



 2年生の宿泊「2年生 にこにこ ジャンプ会!」に向けて、一人ひとりが夜校舎内を灯す「ランプ」を図工の時間に作って来ました。
 ランプは、トレッシングペーパーを使って、円筒形か四角柱のどちらか好きな形を選んで作りました。材料のトレッシングペーパーは、暗い部屋の中でもLEDの光をランプの中からカラフルに照らします。思い思いの絵と柄で飾られたランプが次々と出来上がりました。
 子ども達は、出来上がったランプを持って、学校で灯っているランプに思いを寄せながら「どんな風に光るのかな?」「先生、できました!」と次々に見せに来てくれました。

2年3組 羊毛を梳く



 3組では、羊の毛を使った総合にチャレンジしています。この日は、毛刈りをした羊の毛を、「使える毛と使えない毛」に分ける作業をしました。子ども達は、ハサミを使って黙々と羊の毛を分別します。
 この作業を終えてから、羊毛を洗う活動に入ります。羊が一年間ずっと身体を保護していた毛ですから、大変汚れています。毛刈りをした後の毛は、これらの作業をしなければ使えません。だからこそ、子ども達は大事に大事に、羊毛にハサミを入れていました。

2年 新屋先生から衛生についてのお話



 2年生の「にこにこ ジャンプ会」が一週間後に迫った今日、2年生全員に向けて養護の新屋教諭から「衛生について」のお話がありました。それは、宿泊の晩ご飯作りは、衛生に十分気をつけたうえで、みんなで協力ながら楽しく経験して欲しいという願いからの話でした。
 先ず、とにかく「手洗い」をしっかりすること。調理に必要な身支度を整えること。体調に気をつけて、当日の調理にあたること。分かりやすく具体的に話を聞きました。
 すると早速、今日の子ども達の手洗いは、水道の周りに長い列ができました。子ども達は素直です!

2年2組 みちゅの校外初散歩



 校庭での散歩でも歩くことを好まず、自由気ままでマイペースな山羊のみちゅに、クラスの子ども達は「何とか散歩を好きになってもらいたい!」そして、「みちゅと多摩川を散歩したい!」という強い思いを持っています。その36人が、遂にみちゅを学校外の散歩に連れ出しました。
 この日も気が乗らないみちゅでしたが、大好きな干し草につられて、子ども達と散歩デビューを果たしたのです。校外に出てみると、道ばたに群生しているたくさんの雑草をムシャムシャと食べながら、干し草に誘われ散歩してくれたではありませんか!
 嬉しくなった子ども達は、学校の周りをどんどん進み、今まで行ったことの無いような路地裏を通り、気が付けばみちゅと共にとうとう学校を一回りしていました。
 次は、みちゅとどこ行こう!

避難訓練&防災訓練



 昨日、今年度3回目の「避難訓練」を実施しました。1回目より2回目、2回目より3回目と、迅速な避難ができるようになってきていることは、やはり訓練の成果だと思います。3回目の避難訓練で、校庭への避難終了後、18クラス全ての人数確認終了までにかかった時間は「4分22秒」でした。2回目と比べ「1分20秒」も短縮されました。
 また、今回の避難訓練は、実際に多摩消防署と菅消防署の消防署員の方々が8名参加され、子ども達への防災訓練を実施してくださいました。児童と教員の代表が「水消火器」を使用して、消火器の使い方と、消火方法を教わりながら消火訓練をしました。
 最後は、校庭に乗り入れてもらった2台のポンプ車を使って、低学年児童に消防自動車の見学と詳しい説明をしていただきました。また、「煙テント」を設置してくださり、6年生の児童が火災で発生する煙と同じような状況を作ったテントの中で避難体験をしました。

ほたる観察会in生田緑地



 13日の土曜日、4,5,6年生のガーデニングクラブの子どもたちを中心に、生田緑地へ植物観察、プラネタリウム鑑賞、そして、蛍の観察にでかけました。ほかのクラブの子どもたちも駆けつけ、集まった子どもたちは、総勢80名!なかなかお休みの日に友達と会うことができないこともあり、集まってきた子どもたちの目は輝いていました。
 集合後に、まずプラネタリウムを堪能した子どもたちは、舛形山の上で遊び、お弁当、また遊び。その遊びが、もう豪快でした。大きな遊具で50人くらいの鬼ごっこ、広場での壮大な鬼ごっこ、そして引率の先生との追いかけっこ。ひたすら走る子どもたちでした。
 夜は蛍の観察。「蛍どこにいるの?」「あの光じゃない?」「あれはマンションの明かりです」と話していると、目の前にふわっと黄色い光がゆっくりと点滅。そして、空を舞い始め、優雅に空を舞う蛍に出会えました。見られた蛍は5頭でしたが、初夏の思い出には十分すぎるほどのすてきな夜となりました。

ペアクラス交流会



 6月6日は参観日でした。6年生が1年生のとの交流会を企画しました。まずは、ペアを保護者の方に紹介しました。保護者の方同士も初めてのご対面で、とても和やかなムードに包まれました。
 その後は、各クラスともコパンが中心となり、校庭でゲームを企画したクラスや、多摩川から拾ってきた石に絵を描き、ペーパーウエイトの制作を一緒に行うクラスなど、様々な活動が行われました。