待降節の集い①



 今日の御言葉

 「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。」(ルカによる福音書2:11)


 今週の日曜日から、教会ではクリスマスまでの準備をする期間に入りました。カトリックでは、この期間を「待降節(アドベント)」と呼んでいます。待降節には、ろうそくを4本用意し、第一主日に1本目のろうそくに火を灯し、その後、第二、第三、第四と週を追うごとに火を灯していくという習慣があります。カリタス小学校でも、今朝は1本目のろうそくに火が灯されました。

 校長先生からはルカによる福音書の御言葉が紹介されました。ダビデの町に住む人々にとって、自分たちの町に救い主であるイエス様が生まれることは、どんなに大きな喜びであったのか、身近なたとえを用いて語られました。

 街中がクリスマスで華やかなムードに包まれますが、カリタス小学校は待降節の間、お友達や周りの人を思いやりながら心の準備をしていきたいと思います。

クリスマス飾り付け


全校で作り上げたモザイク画



 12月は”イエス様の誕生月”。

全校で「インマヌエル」(=神は我々と共におられる)である、イエスさまのお誕生をお祝いする準備を始めました。

 多目的ホールには、イエス様が生まれた馬小屋の場面が再現され、全校で作りあげたモザイク画や聖劇や聖歌隊のキャストの写真が掲示され、クリスマスツリーも綺麗に点灯しています。

クリスマスカードをバングラデシュやインドの子どもたちに送ります



 各クラスが作った思い思いのクリスマスカードが…完成しました!
 海の向こうは“バングラデシュ”や“インド”の学校に通う里子たちへ向けたカードです。

 折り紙を折ったり、日本の季節の風物詩をかたどったものにメッセージを書いたり、パンチで穴を開けたときの小さい粒を雪に見立てたり…言葉が通じなくても、工夫を凝らして気持ちを伝えます。6年生の中には、英語で文章を書いたものもありました。18クラス18枚、各々のカードに、クリスマスや新年の“祝福の気持ち”を乗せました。

神奈川県私立小学校サッカー大会



 毎年恒例の神奈川県私立小学校サッカー大会に参加しました。今年は、30周年記念大会。12名の男子で、森村学園グランドを会場に、5試合を戦いました。

 対戦は湘南学園、相模女子大小学部、洗足学園、桐光、平和の各小学校です。子供たちは、1試合ごとに自分の目当てを一つもち、「気を抜かない」「走り負けない」「楽しもう!」を胸に、試合に打ち込みました。子供たちは粘り強く戦い、点を取られても取り返し、点を取ったら、また次の点を取りに行き、走り負けずに守備に駆け回り、キーパーも勇気あるファインセーブが光りました。3失点をしてから、3点を取り返したガッツ、力強い、本気の男子ここにありでした。

こどもふれあいコンサートin中野島



 中野島にある中野島中学校の合唱部、吹奏楽部、カリタス中高のコーラス部、オーケストラ部と共に、カリタス小学校合唱クラブがこどもふれあいコンサートに出演しました。

 特別編成の合唱クラブでしたが、歌いたいと自分で思って出場してくれた子どもたちの歌声は、少ない人数、かつ、小学生ということを忘れてしまう迫力でした。中高生から想像以上によかった、感動したと誉め言葉をもらい、子どもたちはとても喜んでいました。

 出演後は中高ホワイエで中高コーラス部と中野島中合唱部と合同練習をしました。すぐ後ろから聞こえるお姉さんがたの美しい声のシャワーは、何ものにも代えられないごほうびでした。

点灯式



 まもなく待降節。毎年、11月終わりに、この待降節をむかえる準備「点灯式」が学園講堂・プラースで行われます。カリタス小学校でも、クリスマス聖歌隊が結成され、まもなくクリスマスという雰囲気が始まります。

 点灯式では、参加者全員で祈り、その祈り中で聖歌隊と中高コーラス部の奏でる聖歌が流れます。聖堂前には大きなクリスマスツリーのライトアップがなされ、これから約1か月、カリタス学園はクリスマスをむかえる喜びに包まれます。

6年 邦楽(お筝の手習い)



 6年生は今、日本の伝統音楽について学んでいます。太鼓、箏、三味線、篠笛や尺八の音色に興味津々聴き入っていました。今日はお箏に触れてみました。箏に柱をたてて調弦し、爪を使って演奏します。一人一人とても真剣に向き合っていました。奏でる音色がとてもきれいで、和やかな雰囲気の時間でした。やっぱり日本人なんだなあと改めて思いました。

無事開催!スポーツ大会



 先週、あいにくの雨で延期になったスポーツ大会。今日も雨か…と心配していましたが、開催することができました。  コパンの子どもたちは、みんなに楽しんでもらおうと、一生懸命準備を進めてきました。

 2・5年生の「おにのパンツリレー」には、なんと今話題の桃ちゃん、浦ちゃん、金ちゃんが鬼退治にやってきて、行く手を阻みます。  3・4年生は「ぜーんぶ玉入れ」。全ての玉をいち早くかごに入れたチームが勝者です。

 1・6年生は「炎と森のカーニバル」。炎の輪をくぐり、6年生におんぶしてもらって森の中からおせんべいを見つけ出します。

 代表選手による交流クラス対抗リレーも白熱した戦いが繰り広げられました。代表以外の子どもたちの一生懸命な声援も校庭に響き渡りました。

 短い時間でしたが、みんなで楽しい時間を過ごしました。

仏検勉強会



 本年度の秋季仏検5級には50名もの受験希望者がいます。その為、今年度からカリタス小学校を準会場にして行うことになりました。6年生のこの時期、何かと忙しい昼休みですが、大勢の子どもたちが昼休み勉強会に参加しています。先生に言葉のルールを説明してもらったり、友だちと一緒に練習問題を解いたり、小学生としてはちょっと背伸びをした勉強ですが、それでも大好きなフランス語がもっとわかるようになりたいと、11月15日(日)の試験での全員合格を目指してがんばっています。