LFIT(フランス人学校)一日入学



 今年も、6年生15名が板橋にあるフランス人学校(LFIT)に一日入学しました。2月にカリタス小学校に来てくれたペアの子どもと再会し、給食をはさみ、英語、算数、理科、フランス語、図工などを一緒に学びました。校内で自然にフランス語・英語・日本語が飛び交うことにまずは驚き、英語の授業を英語だけで行い、それに生徒も流暢な英語で答えていることに感動したようです。授業中にMais(でも・・)と言う言葉を一番良く耳にしたそうで、つまり自分の意見をはっきりと主張する様がよかったと感想を書いた児童もいました。授業中も「私を当てて!」と自分から参加する児童が多く、授業の活気が違うと感じた児童もいました。また、優しさに関して、日本は自分を大切にする優しさだが、フランスは自分を犠牲にする優しさだと感想を書いた生徒もいました。たった数時間の異文化体験ですが、誰もが英仏語などの外国語を学ぶことの大切さ、そして違った価値観や文化的背景を持つ子どもと一緒に勉強することの醍醐味を感じたようです。これからの中学での勉強にこの経験を大いに生かして、世界に通用するたくましい日本人になって欲しいと思います。

DELF Prim試験実施



 カリタス小学校を準会場にしてDELF Prim試験が実施されました。横浜日仏学院から5名の試験官が来校、午前中は聞き取り、読み取り、作文の筆記試験、午後は一人7~8分の面接が行われました。土曜講座とは別に、卒業式直前まで放課後作文特訓を受講するなど、懸命に準備してきたので、緊張しながらも「楽しかった~~!」「もう少し話せると思ったけれど」「もっと勉強しなきゃ」とは子どもたちの感想でした。試験官からは、「昨年度より全体的にレベルアップしている」「明るくのびのびと、一生懸命に話そうとする姿が子どもらしくてよい」「話したい気持ちはわかるので、もう少し単語や動詞が使えるようになっていれば」などのアドバイスをいただきました。写真は、試験官と教員の集合写真、土曜勉強会最後の全員集合写真と作文特訓の様子です。

修了式・離任式



 本日カリタス小学校の平成27年度修了式が行われました。昨日カリタス小学校を巣立って行った110名の6年生の姿はありませんでしたが、どの学年の児童も4月に比べ大きく成長し今日を迎えました。次にカリタス小学校へ登校するときは、どの子もみな1学年進級し更に逞しくなって新年度をスタートしてくれることと思います。
 さて、修了式の後、小学校では今年度限りで退職、異動をする先生方とのお別れ式が行われました。長年勤務をされてきた事務主任に加え、担任2名が退職の挨拶をしました。最後に、本校校長のカリタス中高への異動の挨拶で、それまですすり泣いていた児童が更に号泣へと変わり会場全体が悲しみに包まれました。
 ところがここで悲しみを吹き飛ばすように、音楽科教諭によるカリタス第2校歌「きみがだいすき!」をピアノで奏でると、全校児童と教職員が一斉に大合唱。1年生から5年生までの全員が大きな声で、退職・異動をする教職員に歌のプレゼントを届けました。
 最後は校長先生を囲み全校児童と教職員で、記念撮影をして全ての式の幕が閉じました。1年間の恵を、全ての方々に感謝いたします。ありがとうございました。

卒業式



 第48回卒業式がおこなわれました。晴天の空が110名の門出を祝ってくれているかのような式典です。校長先生から一人ずつ証書が手渡され、在校生との「旅立ちの日に」を歌い上げたカリタスらしい温もりのあるひとときでした。「仕える人」となった6年生は希望に胸を膨らませています。

5年 にこにこ勉強会



 学年末、1年間の算数をふり返って、苦手なところを克服する「にこにこ勉強会」が開催されました。この勉強会は、放課後に残って勉強したいという子どもたちを集めて、自分の持ってきた課題、先生に聞きたい問題、苦手な分野の問題を、先生がそばにいる環境で解き直してみるといった、自発的な勉強タイムです。途中、教員から、学年全体として苦手意識の見えた割合の問題を2問出題し、全員で考えていくミニ授業タイムもあります。5年生を修了する子どもたち。その年の学習はできる限りその年にマスターを目標に、こつこつと学習に取り組む子どもたちの姿がありました。

きらきら星チャリティ



 震災から5年が経ちました。が、被災されて福島から東京に避難している方たちがまだたくさんいらっしゃって、不安で不自由な生活を続けておられます。歌声を届けることで、その方たちに少しでも元気になっていただきたいと、3月6日、四ッ谷のニコラ・バレ修道院で行われた「祈りの集い」に、4,5,6年生有志の人たちが参加しました。この集いは、田園調布雙葉の高校3年生のみなさんが企画、運営していて、3年前からカリタス小学校の児童も一緒に参加させていただいています。マーガレットクラブ、合唱クラブ、聖歌隊、それから、歌が好きでこのボランティアの趣旨に賛同してくれた人たちが集まってくれました。昨年卒業した中学生のお姉さんも二人、応援に来てくれました。みんなで毎日少しずつ集まって歌の準備をしました。

 当日子どもたちは、祈りを捧げ、カリタス中学校のお姉さんや田園調布雙葉高校3年生のお姉さんたちと一緒に、被災地や被災者の方たちに思いをよせて精一杯歌ってきました。「歌うことで皆さんが笑顔になっていただけて嬉しい」、「心を通わせることができたと思う」「これからも震災のことを忘れない」「お祈りすることなど毎日できることを続けたい」と、感想に書いていました。神さま、これからも被害にあった多くの方々が、一日、一日希望を持って、笑顔で元気に過ごしていくことができますように。

演奏曲目
「私をお使いください~マザーテレサの祈り」
「神さまといつもいっしょ」 (手話歌)
「花の冠」

全校鬼ごっこ



 今日は晴天に恵まれ、春真っ盛りといった陽気の中、全校児童で行う「鬼ごっこ」が催されました。これは、3学期のコパン児童の発案で企画運営されたものでした。そもそもは、コパンの中で「六送会」(6年生を送る会)の企画の一つとして提案されたものでした。しかし、「六送会」の中で行うことは難しいという結論になってしまいました。それでも「全校児童でやれたらきっと楽しくなるのではないだろうか!」という意見が出され、今日の20分休みの実施となりました。
 5.6年生が積極的に校庭に出て、高学年のコパンが鬼になり校庭の中で「手つなぎ鬼」が始まりました。全校で行う「手つなぎ鬼」は時間の経過とともに、どんどん手を繋ぐチームが増えていきました。20分休みの時間が終わりに近づいてきた頃、鬼の助っ人が投入されました。その鬼は、陸上記録会に出場した高学年のスプリンター数十人でした。 「第一回全校鬼ごっこ」は無事に終了をしました。そして、最後まで捕まらずに逃げ切った児童に素敵なプレゼントが贈呈されました。
 コパンの司会者が最後の最後のサプライズで「今日、3月3日に生まれた人は来てください。」と呼びかけると3名の児童が朝礼台の上に!そして、もう一人3年3組の担任の尾﨑先生も桃の節句生まれでした。全校の児童と教師によって、「ハッピーバースデー」の大合唱!こうして温かい気持ちに包まれて「全校鬼ごっこ」が終わりました。