6年1組 最後の総合での制作



 1年間をかけて造り上げてきたアスレチックが、完成に近づきました。

 1学期のテーマ決め、夏休みのアスレチック構想と設計、秋の銀杏を作って販売した資金作り、12月の奥多摩での檜の木の伐採、そして、1月からの本格的な制作。子どもたちも、そして担任も思いっきり楽しめた1年間でした。そんな総合もファイナルです。

 卒業式を終えた卒業生ですが、最後の制作にクラスのほとんどの子が集合。完成を一目見たいと集まりました。残念ながら、少し作業が残ってしまったのですが、それは、今後は061の子たちがメンテナンスのために集まりますので、それを機会に造り上げていきます。

 子どもたちの願いは「アスレチックを作りたい」から、「アスレチックで遊んで!」に変わっています。これも、大きな意味で、奉仕の意識なのではないかなと思います。そんな意識は、入学式のためのチューリップの鉢並べ、低学年が使う畑の準備を、進んでやってくれる子につながりました。

フランス人学校(LFIT)へ6年生15名が一日入学



 2月上旬にフランス人学校生が6年生に遊びに来ましたが、それを受けて6年生15名がフランス人学校に一日入学しました。北区滝野川にある東京国際フランス学園には、幼稚園から高校まで約1200名が通っています。11~12歳はフランスの学制では中学1年になるので、カリタス生も中学1年の授業を受けました。パートナーのフランス人や先生方の助けをかりて、数学、歴史、仏語、英語、理科などを一緒に勉強しました。男子生徒が多いのですが、その笑顔や気配りに大いに救われたとか、積極的な挙手や発言にも驚いたとなどが感想に書かれていました。日英仏の3ケ国語を自然に使いこなす同世代と一緒に過ごして、英仏語学習に一層の意欲が沸いたようです。

本校児童が仏検「文部科学大臣賞」受賞



 2016年度仏検の表彰式が行われ、6年の芦刈れいさんが、小学生で5級満点合格を果たし、特別賞「文部科学大臣賞」を授与されました。1級から5級まで特別賞で表彰された方々は大勢ですが、フランス語圏に住んだこともない小学生が満点を取ることは過去にも例がなく、カリタス小学校から仏検のレジェンドが生まれました。フランス大使館フランス語担当のMme. Parmantie氏rやケベック州政府在日事務所代表のMme Deronzier氏からも直接おめでとう!の声をかけられました。一緒にカリタス中高も団体の部で「文部科学大臣賞」を受賞、カリタス学園としては二重の喜びです。幼稚園からカリタスに通う芦刈さんですが、夏休みから独力でフランス語の猛勉強を始め、卒業までの9か月に勉強したノートは10冊以上。好奇心と努力の成果が実った嬉しい表彰式となりました。

DELF Prim A1 試験実施



 1月半ばから勉強してきたDELFですが、その試験がカリタス小学校を準会場にして実施されました。聞く、読む、書く、話すの4つの能力を2時間かけてテストしました。横浜日仏学院から4名のフランス人面接官が来校、36名の受験生一人一人に面接を行いました。5回実施した土曜会話特訓には8名の外部講師の先生も応援に駆け付けて下さいました。

 先週は、作文特訓もしました。筆記試験を終えて面接を待つ間、子どもたちは互いに問題を出し合ったり、面接ごっこをしたり、最後の最後まで練習を続けました。辞書なしで筆記体で作文が書けたり、初対面の試験官とユーモアも交えて話ができたそうです。面接会場から出てきた一声が「もっと話したかったのに」「あ~、楽しかった」でした。仏語学習でこうした充実感を味わえたこと、点数や合否は別として、一生の思い出になるでしょう。

1年 多摩川探検



 1年生が今年度最後の多摩川探検に出かけました。
 春の薫風がみんなの頬をくすぐります。
 基地づくりをする子、ほとけのざ、ヒメオドリコソウなどを見つけて春の訪れを感じている子、沼でオタマジャクシやザリガニをつかまえる子など、思い思いに時を刻みました。
 寒い冬を越えた河川敷の春の声は確かに聞こえます。
 四季を通してたくさんの動植物に触れた子どもたちは、進級した4月に探検にいく日を今から楽しみにしているのでしょう。

6送会(6年生を送る会)



 3、4時間目は6送会でした。この日、主役の6年生はちょっとした仮装をして登場します。今年も、ディズニーやジブリなどのキャラクター、お寿司たち(!?)など、工夫を凝らした仮装が目白押しでした。
 6送会は、コパンが中心となって準備や進行を行います。6年生と一緒の大縄、6年生に縁のある先生方からの思い出クイズ、学年代表によるあっち向いてホイ対決、PK合戦、3色対抗リレーなど楽しいプログラムが次々と進んでいきました。
 会の終わりには、1~5年生から6年生へ、6年生からみんなへお互いにメッセージの交換をします。最後は、毎年恒例、校舎内アーチ。1~5年生が校舎中にアーチを作り、6年生がそのアーチをくぐりながら校舎を巡っていきます。ゴールには1年生が待ち構えていて、ペアのお兄さん、お姉さんにメダルのプレゼントがありました。
 天候にも恵まれ、子どもも先生も笑顔いっぱい、楽しい時間を過ごすことができました。

最後の避難訓練



 カリタス小学校では、月に一度「避難訓練」を実施して来ました。本日、今年度最後の避難訓練を行いました。最後の訓練は、全校児童が登校し、朝休み終了後の時刻に行いました。結果は、校舎内から全ての児童が避難を完了するまでにかかった時間が、2分30秒でした。この時刻の訓練は初めてだったにもかかわらず、2分台で避難を完了できたことは普段の訓練の賜物だと感じました。
 東日本大震災が発生した3月11日、今年もあと4日でその日がやって来ます。改めて普段からの訓練が大切だと実感しました。

6年3組 作った!泊まった!ゲル ゲル ゲル



 ほぼ二年間かかってコツコツと作り続けてきたゲルがついに完成!!全員の予定が合った3月5日~6日に37+1人で宿泊しました。
 幼稚園の芝生の庭にゲルを建てさせて頂き、おやつにバームクーヘンを作ったり、晩ご飯のカレーとサラダを作ったり…着々と準備を進めました。
 玄関まわりはドアがないので、出入りの度にフェルトがずり落ちて…寒かったですが、ゲルの中では、折り重なるようにしてみんなが寝たので、暑いくらいでした!!夜ぱちりと目を開けると…“ついに出来上がったんだな~”とじんわり喜びがこみ上げてきました。
 月曜日は朝ご飯もみんなで作って、元気に授業も受けました。そして、お昼には調理実習?でモンゴル風小籠包ボーズと水餃子と肉団子の入ったスープを作って、お腹いっぱい食べました。
 “楽しかったなぁーーーーまた泊まりたいなぁ~”

1・6年多摩川探検



 1年生と6年生の交流も残すところ10日強。思い出作りの一環として、6年1組と1年3組のペアクラスが、1年生とってはおてのものの、6年生にとっては懐かしい「多摩川探検」に出かけました。

 1年生と6年生が手をつないで歩く姿、とても微笑ましいものです。5年前は、6年生もあんなに小さかったんだ、5年後は、かわいい1年生がこんなに大きくなるんだと、ちょっと感慨深い思いで見ていました。

 多摩川の河原では、石を投げて水の上を滑らせたり、木に登ったり、秘密基地をつくたり・・・、そこかしこで「○○ちゃん、ちょっときてぇ」「○○ちゃん、そっちはあぶないよぉ」「ねぇねぇ!」「はやくきてよぉ」と、もう大興奮の声しか聞こえませんでした。

 昔を懐かしんだ6年生、でも、学校に戻ってきた6年生は「つかれたぁ」「昔のような元気がなぁい」とぐでぇっと疲れていました。きっと、その分、1年生は楽しくて楽しくて仕方なかったことでしょう。お互いの思い出作り、とてもいい時間が過ごせました。

コパン3学期アルミ缶回収



 今朝、アルミ缶回収のトラックが来ました。
 今学期集まったアルミ缶は、全部で9袋。33kgで1,980円になりました。
 これまでも1学期は53kgで3,180円、2学期は56kgで3,360円分のアルミ缶が集まっています。合計すると、年間で142kg 8,520円を集めることができました。このお金は、インドとバングラディシュにいる里子たちへ送ります。
 ご協力ありがとうございました。
 アルミ缶回収は、私たちにできる取り組みのひとつとして、これからもコパンを中心に続けていきます。よろしくお願いします。