モンゴル国・教育視察団来校


 モンゴル国から教育委員会職員、幼稚園教員、小学校教員総勢30名の方々が、カリタス幼稚園とカリタス小学校の見学に来られました。小学校では、1年生から6年生までの全ての授業を参観され、どの授業も熱心にメモを取りながら教室を興味深く回られていました。

 

 6年生の算数の授業では、児童からの質問を受け子ども達に分かりやすく答えてくださる場面が印象的でした。また、5年生の各クラスでは、モンゴル語で「サイン バイノー」と、視察団の方々に「こんにちは」の挨拶を交わす場面もあり、流石カリタスの児童だと感じました。

 参観後は、会議室にてモンゴルの先生方と本学園の幼稚園園長、小学校校長、外国語の教員とで、それぞれの国の教育の特徴やカリタス学園の印象について昼食を取りながら和やかに意見交換が行われました。

3年生 自転車教室


 3年生の自転車教室を行いました。区役所や警察署の方々の話を聞き、自転車を乗るときのルールを学びました。自転車の点検のポイントや、ブレーキのかけ方、ヘルメットをかぶる大切さなどを改めて確認しました。その後は校庭へ出て実際にコースを自転車で走りました。保護者の方にもサポートをしてもらいながら、子どもたちは真剣に停止線や左右、後ろを確認して自転車に乗ることができました。

4年図工 鑑賞の授業


 4年生の図工の授業では、初めての木版画に取り組んでいます。そこで10月30日(月曜日)午後に、鑑賞の授業をしました。江戸時代から続く日本の印刷技術のルーツと言われる「浮世絵」の摺師である高橋工房の方々に来校していただき「江戸木版画」について学びました。浮世絵は、元になる絵を描く北斎や写楽などの「絵師」と彫刻刀で色ごとの板木を彫り上げる「彫師」、バレンで和紙に絵柄を刷り重ね作品を仕上げる「摺師」の共同活動で創る伝統工芸であることを教えていただきました。お話ししてくださった高橋由貴子さんは、江戸時代から代々続く「摺師」の家系六代目を継承した方です。お話の後には、全員が実際に摺りのワークショップをしました。浮世絵がどんな画材で、どんな工程で摺られているのかを体験することができました。

かわさき陸上競技フェスティバル


 10月21日(土) 等々力陸上競技場で行われた、かわさき陸上競技フェスティバルに、教職員5名、親子競技8組、中学生3名、小学生21名(親子競技含む)が参加してきました!!

 今年は、選手宣誓も任されました。任された3人、立派でしたよ!!

 天気は生憎の雨でしたが、みなさんケガなく、スポーツを楽しむことができました。参加してくださったお父さん、お母さん、ありがとうございました!!来年も、ぜひ参加してください。

 カリタスファミリーの中で、唯一、表彰をされたのが、中学生の大森彩加さんです。一般女子の部で、見事、2位でした。

フランス人高校生来校


 カリタス中高に交換留学生として来ているフランス人高校生5名が、小学校に半日交流に来てくれました。5年1組の英語では、お姉さんの紹介文を英語で作り、各自一文ずつ発表しました。6年3組のフランス語では、フランス語でお姉さんのプロフィールを聞き、グループごとに発表しました。6年2組では、担任の先生も参加して「日本語のことわざをフランス語に訳そう」という授業でした。子どもたちは、「ブタに真珠」「カエルの子はカエル」などよく知っていることわざを、英語、フランス語、日本語、ジェスチャー、漫画も交えてお姉さんに説明し、フランス語での言い方を教わりました。通常の外国語の授業とは異なり、相手に思いを伝えることを実践する授業にとまどうことも多かったようです。言いたいことがたくさんあっても、なかなか上手に伝えられない歯がゆさをしみじみ感じ、国語力(ことばのちから)に力を入れている本校児童にとって良い経験になりました。

創立記念の集い


 今日は創立記念の集いがありました。

 全学年が舞台をおうぎ形に囲んで集まりました。

 まず1年生と6年生による「聖マルグリット・デュービルの劇」です。デュービルの精神をみんなで引き継ぐために有志が練習を積み重ねてきました。「最も小さい者の一人にしたのはわたしにしてくれたのことなのである(マタイ25:40)」というみことばをはじめ、デュービルの行いや思いがみんなに伝わったことと思います。

 次に、カリタス小学校設立当初に先生でいらっしゃった岩尾先生からのお話です。戦争当時の生活や思いを聞かせていただきました。食べ物に困ったこと、焼夷弾が降ってきたこと、強盗が増えたこと…、数え切れない苦しみの語り。戦争の苦しみは時が流れるにつれてどんどん歴史の向こうへと遠ざかってしまいます。それをできるかぎり私たちのもとへ引きつけておいてくれるのが、岩尾先生がしてくださったような「語り」のような気がします。そしてその「語り」を私たちの心のもとに繋ぎ止めるのは「戦争をしてはならない」という私たち自身の決意のように思うのです。

 印象的だったのは岩尾先生が戦争についての話をされるとき、子どもたちに対し「こんな話をしてごめんなさい」と言っていたこと。子どもたちの心がかなしくなることを思ってか、そう言葉をかけてくださいました。この「ごめんなさい」の意味を、私たちは引き継いでいかねばなりません。

DELF合格証書授与式


 10月10日(火)、2016年秋から2017年春にかけて実施されたDelf Prim(小学生対象)とDelf Junior(中高生対象)の合格証書授与式がカリタス学園講堂で行われました。主賓として横浜日仏学院館長のM. Xavier Parenが来校、合格証書を授与して下さいました。河端理事長先生、齋藤中高校長先生、内藤小学校校長先生を始め、元担任や保護者の方々が見て下さる中、Prim A1に合格した中1の36名は、名前を呼ばれると順番に舞台に上がり、フランス語で一言スピーチをし、嬉しそうに証書を受け取りました。代表として中1の竹澤莉子さんが勉強方法や将来の夢をフランス語で発表しました。次に、Paren館長からカリタス学園の複言語教育が貴重であること、そして2020年のオリンピックでもカリタス生の外国語力が必要とされるだろうとのメッセージをいただきました。さらに齋藤校長のフランス語がところどころに入ったご挨拶、Barbara先生のきれいなフランス語での司会など会場にはフランス語が飛び交い、カリタスらしい授与式でした。

1年生 第5回多摩川探検


 前回に引き続き、快晴。夏のような暑さの中、第5回目の多摩川探検に行ってきました。今回もたくさんの虫に出会いました。中でもバッタやカマキリは取り放題。子どもたちは網を持って駆け回り、バッサバッサと振り下ろしてはたくさんの虫を捕まえていました。小さな虫かごがまるでジャングルのようになっている人もいました。川で石投げ、石拾い。沼でのエビ探し。シートやダンボールで土手滑り。木陰でお絵描き、木登り。いつもの活動に加えて、特に人気だったのが、色水作りです。ヨウシュヤマゴボウを見つけて、濃いピンクの色水を必死になって作っていました。

 学校に帰ってから、お父さんお母さん先生と一緒にお昼を食べ、外遊びをして、5時間目を迎えました。算数や国語の授業にも参加して頂きました。

 一日学校にいて子どもたちと過ごして下さった保護者の皆様に感謝申し上げます。

陸上記録会


 今日は、神奈川私立小学校陸上記録会に出てきました。陸上記録会には、私立の小学校7校が参加して、日頃の練習の成果を発揮する大会です。カリタスからも42名の子どもたちが参加しました。どの子も全力を尽くして、トラック競技、フィールド競技、またリレーと頑張りました。午前の5年生女子の神奈川リレーでは1.2フィニッシュ!6年生も1位でゴールしました。 午後の種目も、頑張ります。