DELF Prim A1 試験実施


 カリタス小学校を準会場にしてDELF Prim A1試験が実施されました。横浜日仏学院から5名の試験官が来校、午前中は聞き取り・読み取り・作文の筆記試験、午後は一人6~7分の面接が行われました。10名の講師による5回の土曜講座とは別に、昼休み自主練や作文特訓など懸命に準備してきたので、緊張しながらも「楽しかった~~!」「もっと話したかったのに」「これからも勉強しなきゃ」と誰もが満足した様子でした。試験官からは、「明るく一生懸命に話そうとする姿が子どもらしくてよかった」「発音がきれいで話していてとても気持ちよかった」「ただ、単語の羅列で終わり、文になっていない生徒がいたのが惜しい」などの感想をいただきました。「面接って、覚えたことじゃないことを話さなきゃいけないんだ!」と笑いながら話す子どもの声を聞き、この経験をはずみにして、中学での英仏語学習により積極的に取り組んで欲しいと強く思いました。

LFIT(フランス人学校)一日入学


 今年も、6年生15名が板橋にあるフランス人学校(LFIT)に一日入学しました。2月にカリタス小学校に来てくれたペアの子どもと再会し、食堂でのビュッフェランチをはさみ、英語、算数、理科、フランス語などを一緒に学びました。校内で自然にフランス語・英語・日本語が飛び交うことにまずは驚き、英語の授業を英語だけで行い、それに生徒も流暢な英語で答えていることに感動したようです。手の上げ方が日本と違うことにも気づき、男女関係なくどんどん発言する活発な授業の良さを感じました。たった数時間の異文化体験ですが、誰もが英仏語などの外国語を学ぶことの大切さ、そして違った価値観や文化的背景を持つ子どもと一緒に勉強することの醍醐味を感じたようです。この経験を大いに生かして、世界に通用するたくましい日本人になって欲しいものです。

卒業式


 お日様には恵まれませんでしたが、春の暖かさを感じた金曜日。平成29年度の卒業式が行われました。今年は、第50回目の卒業式(50期)という節目。さらに本校の特徴的な教育の1つである『総合』が始まって30年目という節目にあたります。記念する年の卒業生109名が、堂々とした姿でカリタス小学校を羽ばたいていきました。

 卒業式には、卒業生、卒業生の保護者の方々、教職員の他、在校生代表として4・5年生が参加します。式の後半には、卒業生と在校生とが顔を見合わせながら言葉の投げ掛けがあり、卒業生からは「私たちの大好きなカリタス小学校をよろしくお願いします」というメッセージが、在校生からは「これからもカリタス小学校を大好きでいてください」「これからのカリタス小学校は私たちが受け継ぎます」というメッセージが伝えられました。これまでと同じように、今年もまた、学校を巣立っていく卒業生から次を担う在校生へとバトンが渡されていきました。

 卒業生の皆さん、そして保護者の皆さん。

 本当におめでとうございます!

 いつまでも、カリタス小学校を、そして仲間を忘れずにいてください。

感謝ミサ


 感謝ミサでは、一年間の神様のお恵み(支えてくださった両親・兄弟・友だち・先生・自分の周りにいてくださる方々へ)に感謝すること。また、これから卒業する6年生の前途に神様の祝福がありますように願います。

神父様は、「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である」(ヨハネによる福音 15章5節)の御言葉の意味をお話ししてくださいました。

 間もなくみんな新しい学年にすすみ、6年生は小学校を巣立っていきます。神様である幹につながれているわたしたちは、どんな時でも、どこにいても、いつも神様が支えてくださり、光ある方へ導いてくださることを信じ、力強く歩むことができるでしょう。

2年2組 ヤギの赤ちゃん誕生!


 3月6日、9:51。2年2組の大きなゆめが実現しました。2年間、大切に育ててきたヤギのユキちゃんが赤ちゃんを産みました!朝、出産の兆候があったため、こまめに様子を見ていると、破水!すぐに外国語の授業を受けていた子どもたちを動物小屋に呼び寄せ、みんなで、静かに、心から力強く応援しました。赤ちゃんが産み落とされた瞬間、子どもたちは「わぁ!」ではなく、静けさ。命の誕生に感動して涙している子もいました。5分後に2頭目も誕生し、2年間かけてがんばってきた夢へのがんばり、ぎんなんを買ってくださった方々の愛情、そしてユキちゃんの生命力が、大きな大きな子どもたちへの記憶をつくってくれました。一緒にいられるのは1週間しかないですが、全力でお世話をする決意を固めた子どもたちです。