1年生 校内巡りをしました


 カリタス小学校の一日は、祈りで始まり祈りで終わります。朝礼前は自席で静かに本を読み、黙想してから朝礼に入ります。最初は「目を閉じるのが怖い」という1年生の子どももいましたが、周りの友達の姿を見て「やってみよう」という気持ちも芽生えたようです。神様と心の中でお話しする3分間の黙想は、目を閉じ静かな雰囲気の中行えるようになってきました。

 さて、昨日から校内巡りが始まりました。最初は事務室に行きました。自分でお金を持って買い物をする機会も出てくるので、その説明を真剣に聞きました。次は校長室にお邪魔しました。「どうぞ、どうぞ」と招き入れて下さった校長先生。「学校は楽しいですか」という質問に「はい」と元気よく応えていました。校内巡りの最後は6年生の教室でした。本当は様子だけ見て帰る予定でしたが、6年生の方が「ペアの子が来たよ!」と歓迎してくれ、1年生は嬉しそうに手を振ったり握手をしてもらったりして教室に戻りました。