1年図工 人物クロッキー


 今年度の図工科では「人物を描こう」をテーマに活動を展開しています。その先駆けとして1年生で「人物クロッキー」に挑戦してみることにしました。今まで「運動会で踊っている自分」を短冊の貼り合わせで表現してきましたが、どうしても直線的で固いイメージがあり、それとは違う手法で描けることや、人物を「骨組みから描き、肉付けしていく手法」が子どもたちにも、苦手意識なくスムーズに取り組めると考えたからです。

 まずはグループでラシャ紙にイメージ画を描きました。色はこちらで4色準備しました。大地のイメージで黄土色とペールオレンジ、風や空気のイメージで黄色や黄緑に白を混ぜ調合しました。ハケや筆で約束を決めて描きました。これも1年生には初めての経験でした。その後、グループでモデルの順番を決め、運動会で踊った曲に乗せて友達を描きました。ねかせるクレヨンでおへそから描きました。体のバランスがとりやすいからです。描いた友達を一人決め、その作品を切り取り、グループで作ったイメージ画に貼り付けました。どんな場面で、友達とどんな話をしているのか、グループ内で話をし、足りない生き物や植物を描き足しました。

 今回、この授業はカリタスの全教員に公開し、研究会としてその後、子ども達の様子や授業展開について話し合われました。先生方に子どもたちのたくさんの呟きを拾って頂き、子ども理解に繋がる貴重な時間となりました。