5・6年図工 MOA美術館出張授業


 高学年の図工では、自然素材の木を扱う木工作や木版画に取り組んでいます。2学期の鑑賞の授業では、江戸時代の木版画である浮世絵の鑑賞を5・6年合同で行いました。昨年に引き続き、国宝や重要文化財の日本美術を多く所蔵しているMOA美術館によるスクールプログラムの出張授業をしていただきました。MOA美術館では、東海道五十三次 保永堂版を所蔵しています。今回は歌川広重の東海道五十三次の復刻摺10点を鑑賞しました。作品に表されている時間や音、風や雨をキーワードに自分のお気に入りの作品を見つけていました。昨年の鑑賞の授業で、浮世絵の摺体験をした5年生、屏風絵を描いてから尾形光琳の「紅白梅図屏風」を鑑賞した6年生、今年の鑑賞も日本の美を感じる体験となりました。