待降節2


 2週目の待降節です。全校朝礼では、2つめのロウソクに火を灯しました。

 今日は、6年生の世界平和のお祈りのあと、校長先生がお話をして下さいました。

 6年生のお祈りの中で、戦争体験者をお招きし、お話を伺ったことから、「平和について考えた」とありました。校長先生は、「みんなは今、平和の中にいる。けれど、その平和は、大人も子どももみんなでつくっているもの。簡単に崩れてしまいかねない。」と仰いました。また、「一人ひとりの心の中に神さまがいる。」とお話しし、みんなが行っているシークレットサンタから、「自分にとって苦手な人こそ、よく観察しよう。」とお話しして下さいました。

 シークレットサンタとは、自分が気付かないところで自分のためにこっそり働いてくれる存在のことです。クラスで誰のシークレットサンタになるのかを決め、今それぞれが誰かのために、こっそり優しさを送っていることでしょう。

 誰かのシークレットサンタになることももちろん、どんな人にも優しくすること、常に感謝の気持ちを持つ心を大切にし、少しずつクリスマスの準備を進めていきたいです。