1年生 待ちに待った移動動物園


 カリタス小学校に移動動物園がやってきました。この日を心待ちにしていた1年生。たくさんの餌を持って、校庭に集まりました。うさぎ、ひよこ、モルモット、チャボ、やぎ、羊、ぶた、あひる、ポニー、そしてかめ。全ての動物たちと触れあおうと、子どもたちはあちこち動き回っていました。最初は餌やりにびくびくしていた子どもたちも、「もう一歩前で餌をあげてごらん」「餌を掌にのせてあげると、ぺろぺろしてくれるよ」という牧場の方のアドバイスを聞いて、動物との距離を縮めていきました。「ひよこを撫でると目を閉じて気持ちよさそうにしていたよ」「ひよこも跳ぶんだよ」「私、山羊の散歩ができた」「この羊、おとなしい」・・・・子どもたちの顔は、いつも以上に溌剌としていました。「私達も絶対、動物を飼いたい」という子どもたちの声もたくさん聞かれました。

1年生 男子サッカーが始まりました


 まずは2年生とのご対面。自己紹介をしました。はじめに手本を2年生が示します。わんぱく元気な1年生もこの時は先輩の話に耳を傾けて真剣な顔。最初は少し緊張しているようでした。次は1年生の番。クラスや名前に加えて、「サッカーをするのは好きです!」「サッカーを幼稚園の時からやっていました!」などと精一杯伝える姿が見られました。

 次はウォーミングアップです。足の裏などを使ってボールを転がす練習。上手な2年生の足運びを真似して…なんていう余裕はなく、とにかく自分のボールに集中して一杯一杯の子どもたちの表情、可愛いかったです。

 その後の1・2年生混合のプチ試合ではボールを2個使っての勝負です。1年生の子も見事ゴールを決めていて驚きでした。「ぼくが決めたんだ!」という自信たっぷりな言葉が男の子らしかったです。「青の人たちがもう一個のボールに集まっているうちにこっちのボールを入れちゃおうよ」と黄色チームの1年生が作戦を練る様子も見られました。次回が楽しみです。

1年生 クレヨンを使って


 いつも身近にあるクレヨンも、色々な使い方を知っていれば世界が広がります。そんな楽しさを味わってもらうため、1年生ではクレヨンの指導を毎年行います。濃淡を付けて描くことやクレヨンをねかせて描くこともその1つ。このような手法を学ぶため、蚊と蚊取り線香のストーリー仕立てで授業を組み立てました。蚊取り線香に見立てた「ぐるぐる描き」、その蚊取り線香の効果が発揮され、今にも息絶えそうな蚊。それを各自が考え表現しました。クレヨンをねかせて「下から上に向かって」描いたとき、あまりの美しさに子どもから「うわあ、綺麗」という声も挙がりました。

 学習の最後に模様を描き、色塗りをしました。隣の部屋は別の色、別の塗り方になるよう、1年生なりに考え、色を付けていきました。完成した個々の作品も美しいですが、全体で眺めると、どこの芸術家の作品かと勘違いしてしまいそうなくらいです。

1年生 初めての塩むすび


 カリタス小学校では全学年で「しおむすび」の日を設けています。これは10年ほど前、1年生だった児童からの提案で始まった活動です。月1回、「しおむすび」だけのお弁当にして、おかず代を募金し、「お腹いっぱいに食べられない子どもたちの気持ちを考える」時間を大切にしています。1年生もたくさんのしおむすびを持ってきました。口を大きく開けて、おいしそうにおにぎりをほおばる子どもたちの表情がとてもいいですね。募金もたくさん集まりました。ご家庭でも、しおむすびの意義を感じて下さっているようで、心から感謝しています。

1年生 交通安全教室


 多摩警察署、多摩区役所の方をお招きして「交通安全教室」が開かれました。まずは、多目的ホールで警察官の方から交通ルールの指導がありました。道路で危険に遭遇しそうな子どもの絵を見て、「道路で遊んでいるのは危ないよ」「車がいつ来るか分からないのだから、飛び出してはだめだね」と気付くことができました。その後は、実際に校庭で歩き方の練習をしました。横断歩道は「右手をぴんと挙げ、右、左、もう一度右を確認して、安全なら渡る」「見通しの悪い路地は、立ち止まって安全確認をする」こともしっかり練習しました。保護者の皆様がお手伝いしてくださったお蔭で、実り多い交通安全教室となりました。

1年生 専科の授業が始まりました


 カリタス小学校には担任教師以外の授業もたくさんあります。先週は体育、音楽、宗教の授業がありました。体育は出席確認をした後、おにごっこをして遊びました。タッチされたら帽子の色を変え、全員が同じ色の帽子になるまで走り続けます。2回も行ったら、汗だくだくになってしまいました。カリタス体操も練習しました。毎週金曜日の外朝礼や運動会でも踊ります。音楽では「ビブラコンパニー」の曲に合わせて出席をとり、「ビ」の歌詞の時は立ったり座ったりをして、体全体を使って歌いました。宗教は、お祈りについて勉強しました。今週は外国語の授業があります。子どもたちも楽しみにしています。

1年生 校内巡りをしました


 カリタス小学校の一日は、祈りで始まり祈りで終わります。朝礼前は自席で静かに本を読み、黙想してから朝礼に入ります。最初は「目を閉じるのが怖い」という1年生の子どももいましたが、周りの友達の姿を見て「やってみよう」という気持ちも芽生えたようです。神様と心の中でお話しする3分間の黙想は、目を閉じ静かな雰囲気の中行えるようになってきました。

 さて、昨日から校内巡りが始まりました。最初は事務室に行きました。自分でお金を持って買い物をする機会も出てくるので、その説明を真剣に聞きました。次は校長室にお邪魔しました。「どうぞ、どうぞ」と招き入れて下さった校長先生。「学校は楽しいですか」という質問に「はい」と元気よく応えていました。校内巡りの最後は6年生の教室でした。本当は様子だけ見て帰る予定でしたが、6年生の方が「ペアの子が来たよ!」と歓迎してくれ、1年生は嬉しそうに手を振ったり握手をしてもらったりして教室に戻りました。

1年生 できることが増えてきました


 朝「おはようございます」と教室に入ってくると、自分の荷物を机の上に置き、帽子を取って持ち物を引き出しに入れる、この作業が当たり前のようにできるようになってきました。上着を脱いだら、一番上のボタンを留めてハンガーにかける、災害時に使用するタタメットも一昨日よりも昨日の方が素早く開けるようになってきました。「勉強したい」という子どもたちのリクエストに応えて、運筆の練習をしました。姿勢を正して鉛筆を持ち、ぐるぐる書きも楽しみました。休み時間を楽しみにしていて、「早く外に行きたい」「おたまじゃくしをとりたい」と話します。教室を飛び出していって、チャイムが鳴るまで帰ってきません。折角遊びに来てくれた6年生が「1年生はどこに行ったのですか?」と探す程、休み時間の教室は空っぽです。

1年生 カリタス小学校で過ごす2日目


 「来週も元気に学校に来てね」と伝えた入学式。今朝登校してきた子どもたちは「早く学校に行きたかった。今朝は早く目が覚めた」と話してくれました。入学して2日目の今日、上級生と一緒に楽しそうに登校する1年生の姿が見受けられました。今日は「新入生を迎える会」があり、コパンの子どもたちが企画した○×クイズに嬉しそうに答えていました。6年生にメダルを掛けてもらい、手をつないで退場、掛けてもらったメダルをじっくり眺め、とても嬉しそうにしていました。ロッカーや下駄箱、タタメットの使い方を教わった後は、外に探検に行きました。明日はどんな楽しいことが待っているかな?

入学式


 4月7日、色とりどりの花々が1年生の入学を歓迎しているかのようでした。110名の子どもたちがカリタス小学校に入学してきました。期待に胸を膨らませ登校してきた1年生の顔はキラキラと輝いていました。この1年間、神様のお見守りの内に、子どもたち、保護者、教師が一体となって、子どもたち一人一人の成長を支えていきたいと思います。