運動会

 過ごしやすい天候の中、全力でがんばりました。 今年の優勝は白組、2位は青組でした。 多数のご来場ありがとうございました。

運動会 第1回チームミーティング


 今日の4時間目に赤・青・白の3色に分かれてチームミーティングが行われました。

 団長・副団長を中心に応援合戦の練習や、合言葉の振り付けの確認をしました。1年生から6年生まで揃って練習するのは今日が初めてです。1年生は、周りを見ながら一生懸命に練習していました。

 今年はどの色が優勝するのでしょうか?今から目が離せません。

マリア祭


 9日(水)の1、2時間目に、マリア祭を行いました。

 各クラスで塩むすびの日を作り、おかずにかかるはずだった費用分を募金しようという取り組みで集まったお金と、ユリの花をマリア様にお捧げし、「マリア様のような清い心をもち、謙虚な姿勢でいられますように」とお祈りしました。

 また、マリア様の月について、コパンの子たちが短い劇を交え、わかりやすくお話をしてくれました。

 マリア祭後半は、ESAアジア教育支援の会の辻さんと、ユースメンバーとして活躍されている、本校卒業生の竹村さんから「バングラディッシュ、チッタゴンの農村にあるジョナキ小学校の子どもたち」を中心にお話を伺いました。現地に行かなければわからないことをたくさんお話ししていただき、貴重な機会となりました。

 保護者の方にもたくさんきていただきました。お忙しい中、ありがとうございました。

感謝ミサ


 感謝ミサでは、一年間の神様のお恵み(支えてくださった両親・兄弟・友だち・先生・自分の周りにいてくださる方々へ)に感謝すること。また、これから卒業する6年生の前途に神様の祝福がありますように願います。

神父様は、「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である」(ヨハネによる福音 15章5節)の御言葉の意味をお話ししてくださいました。

 間もなくみんな新しい学年にすすみ、6年生は小学校を巣立っていきます。神様である幹につながれているわたしたちは、どんな時でも、どこにいても、いつも神様が支えてくださり、光ある方へ導いてくださることを信じ、力強く歩むことができるでしょう。

児童造形展


第50回 神奈川県私立小学校 児童造形展

 2月22日(木)〜 26日(月)そごう美術館で開催されました。今回は、50回の節目にあたり「児童造形展50回の歩み」として今までの児童造形展のポスターを展示したり、記念冊子を閲覧できるようになっていました。カリタス小学校は、初回から造形展に全て参加していて歴史を感じる事ができました。今回、本校の学習発表会と会期が重なったため出品数少なめの参加となりましたが、1年生から3年生は、折り紙大の色画用紙にオリジナルの紙を好きな形に切って貼ったかわいい作品を1年と2年の組合せ、2年と3年の組合せにしてタイルのように市松に飾って発表しました。1年生は、自分の「大好きなもの」をハサミで切って形を作りました。2年生は絵の具で点と線を抽象的に描いた紙を自由な発想で貼り合わせた作品をカラーとモノクロで表現しました。3年生は紙版画で動物などの生き物をカラフルなインクで刷った作品です。4から6年生は、壁面に図画を展示しました。4年生は、「大好きな物語」「ゆり」の絵と「初めての木版画」を、5年生は、「花鳥画ミニ屏風」「アルチンボルドの様に描いた肖像画」、6年生は「化石発掘」の力作を展示しました。

クリスマスミサ


 待降節に1本ずつ火を灯してきたろうそく。ついに4本目に火が灯り、カリタス小学校ではクリスマスミサの日を迎えました。

 厳かな雰囲気で始められたミサは、聖書の朗読、聖歌、聖劇でイエス様のお誕生をお祝いします。

 ミサの中で学園チャプレンの保久神父様が、クリスマスに贈り合うプレゼントのお話をしてくださいました。プレゼントには必ずメッセージがあり、贈る人が相手を大切に思う気持ちが込められています。神様がわたしたちへのプレゼントとしてイエス様をこの世に贈って下さったのにはどんなメッセージがあるのか。一つは『みんなだいすきで大切だよ』というメッセージ。人間は誰しも愛されている存在であると神様が伝えてくださっているのだということ。二つ目はイエス様がひとりでは生きられない赤ちゃんの姿でわたしたちの元に来てくださったことから、『みんなで助け合いながら生きていく・力で相手をねじ伏せる必要などないのだ』というメッセージだと、低学年の子どもたちにも分かりやすい言葉でお話くださいました。

 保護者の方々、そして外部の方にも多くご参加いただき、たくさんの方々とクリスマスの喜びを分かち合い、神様からのプレゼントに感謝してクリスマスミサをお捧げすることができました。

待降節の集い2


 教会では、10日の日曜日に待降節の第2主日を迎えました。カリタス小学校でも、第1主日に灯されたろうそくに加え、2本目のろうそくに火が灯されました。

 カリタス小学校の2回目の待降節の集いでは、みんなで協力して1枚の絵になる点描画ならぬ「文字描画」を制作し、それが飾られました。

 また、聖歌隊の子どもたちがハンドベルとトーンチャイムを披露してくれ、その音色に合わせて全員で「もろびとこぞりて」を歌いました。

 校長先生は、「家でお客様をお迎えするとき」の例から、イエス様をお迎えする心の準備についてわかりやすく話してくださいました。「冷たかったりトゲトゲしたりしている気持ちでお迎えするのではなく、温かく優しいふわふわした気持ちでお迎えしてほしい。」

 この時期の私たちは、「シークレットサンタ」としてイエス様に仕えています。このシークレットサンタは、相手に幸せを与えるだけでなく、それによって自分も幸せになるという2重の喜びがあります。

 クリスマスまでにより多くの人が幸せを感じ、多くの人が温かく優しいふわふわした気持ちになれますように。

 

聖劇練習


 今年もクリスマスミサの中で上演する聖劇の練習が始まっています。

 今日は衣装を着て、聖歌隊と合同で通し練習をすることができました。

 20日のクリスマスミサに向けて、1つ1つの言葉を大切に、クリスマスの喜びを分かち合えるような劇になるように練習をしていきます。

待降節の集い


「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。」(ルカによる福音書2:11)

 教会では今週の日曜日から、待降節に入りました。待降節は、イエス様がお生まれになるという嬉しい出来事を前に、みんなで心の準備をする期間です。今朝は全校で「待降節の集い」を行いました。司式は学園チャプレン保久神父様です。

 待降節には、ろうそくを4本用意し、第1主日に1本目のろうそくに火を灯し、その後、第2、第3、第4と週を追うごとに火を灯していくという習慣があります(『アドベントクランツ』)。カリタス小学校でも今日、1本目ののろうそくに火が灯されました。

 また「本当の贈り物とは何だろう」というメッセージを伝えるために、3年3組の子ども達が「鳴らない鐘」という劇を披露してくれました。劇を受けて神父様からは「人々のためにご自分を明け渡したイエス様の誕生こそがクリスマスのメッセージです。良い準備ができるようクリスマスまでの道を共に歩んでいきましょう」というお話がありました。

音楽鑑賞会「栗コーダーカルテット」


 今年度の音楽鑑賞会では、「ピタゴラスイッチ」のテーマでおなじみの「栗コーダーカルテット」の皆さんの演奏を全校児童で鑑賞しました。

 3年生から音楽の学習でリコーダーを使っている子どもたちは同じ楽器が使われると知り、わくわくしながらその音色に耳を傾けていました。そのソプラノリコーダー3本だけで奏でられる音の美しさにみんな驚きを隠せない様子でした。いろいろな大きさのリコーダーを紹介してもらった後、次に登場したとってもとっても大きなグレートバスリコーダーにさらにびっくり!歓声が沸き起こりました。鍵盤ハーモニカやチューバも登場して、テレビの番組やCMでおなじみの曲を楽しんで鑑賞しました。傘の柄のような形の「クルムホルン」や、口にくわえて不思議な音を出す「口琴」の音色にも大盛り上がりの様子でした。あっという間の鑑賞会で思い思いに好きな曲を口ずさみながら教室に戻っていく子どもたちでした。