1・2年生 運動会予行


 1、2年生の「一人ぼっちの羊飼い」の演技は、両手にボンボンを持ち、隊形を一人ひとりが素早く考えながら変化していくことが出来ていました。2年生は1年生と腕を組んでスキップしたり飛行機のように足を上げバランスをとったりとみんな力を合わせながら頑張りました。11時近くで雨が降ってきたので、終了となりましたが、50m走も玉入れも各色優勝する気力で当日を迎えることでしょう。

1年生 運動会の絵


 運動会に向けて、演技の練習を頑張っている1年生。2年生と一緒に踊ることで、ペアで踊れる安心感だけでなく、「お兄さん、お姉さんのように美しく踊りたい」という刺激も受けているようです。練習を重ねるにつれて、腕や足をピンと伸ばせるようになってきました。一方で間違いや、ズレも、低学年ならではの可愛らしさとなっています。

 演技の中で一番気に入っている部分を、図工作品として表してみました。帽子、顔、Tシャツ、短パン、手足、靴など、それぞれパーツごとに色画用紙を準備し、貼り合わせて人を作ります。手足は棒立ちではないので、短冊を2枚貼り合わせて関節で曲がるようにしました。手は上腕部、前腕部、足は大腿部、下腿部に分けて色画用紙を貼り合わせました。ポーズも、Tシャツも、肌の色も、皆それぞれ。110人の作品が揃うと、きっと迫力満点でしょう。運動会当日は、入場門前の塀沿いに、子どもたちの作品を掲示します。競技、演技だけではなく、1年生らしい可愛らしい作品も、運動会の一つの楽しみにして頂けたらと思います。

1・2年生 運動会演技練習


 「一人ぼっちの羊飼い」の曲で、今日、校庭で初めて2年生と1年生が一緒に踊りました。列で動くという難しい踊りをすぐに覚えて楽しく取り組んでいます。統一感は、今一歩ですが、練習を積むごとに出来るようになっていく子どもたちです。休み時間に曲を流して踊りの練習に励んでいます。運動会当日、全員がわくわく元気いっぱい踊ることでしょう。

1年生 第1回多摩川探検


 毎年恒例の「1年生多摩川探検」、前日の雨とはうって変わって快晴の空の下で行われました。数日前から、「多摩川ってどんなところ?」「どんなことができるかな?」とわくわくしていた1年生。多摩川探検の歌をうたって学校を出発しました。

 多摩川の草は、子ども達の背丈くらい、それ以上の所もありました。でも「私たちは探検隊だから」と草をかき分けこどもたちはどんどん進んでいきました。虫取り、石投げ、お花摘み、沼での生き物探し。秘密基地作りや石に絵を描く子、土手滑りをする子どももいました。「先生、見てみて。見つけたよ」といって虫かごの中を皆が見せてくれました。そこには最高の笑顔もありました。「先生、沼にいたよ」と言って、小魚を見せてくれました。「次の探検の時は、もっと魚を捕まえたいな」と次回の意気込みも語ってくれました。

 多摩川は第2の教室です。教室では学べない自然体験を、体全体そして心で感じて帰ってきました。「楽しかった」「また行きたい」という声は子どもたちだけではありません。保護者の皆様も「こんなに楽しいと思わなかった」と笑顔で話して下さいました。保護者の皆様が、子どもたちをしっかり見守って下さったお陰で、最高の多摩川探検となりました。ありがとうございました。

1・2年生 運動会演技の練習


 連休前から少しずつ、運動会に向けて演技の練習に取り組んでいます。一つひとつの動き、隊形移動、覚えることも多いですが、先生の動きに必死についていこうとする、低学年の子どもたちのやる気と、踊る際の笑顔が輝いています。休み時間も「音楽をかけて~」と子どもたちから声を掛けられます。オープンスペースから音楽が聞こえてくると、ささっと出てきて踊り出す子どもたちの姿が、何とも可愛らしいです。

1年生 学校探検が始まりました


 待ちに待った学校探検の日がやってきました。今までは、担任教師と一緒にクラスごとの列で校内を巡りましたが、今度は、地図を片手に自分達だけで広い校内をまわり、カリタスの先生方を探すという探検が始まりました。初日は、1年生担当の先生方を中心に挨拶を確認してもらいながらの練習。先生と握手をした後、シールをもらいました。翌日の朝からは、自由に校内を回りました。出会った先生方に自分で声を掛けるのは勇気のいることですが、何事も経験です。上級生も一緒にまわってくれて「大丈夫だよ」と応援の声掛けをしてくれました。「先生の好きな食べ物は何ですか?」「好きな色は?」「動物は何が好きですか?」自己紹介だけでなく、先生方に色々な質問もしています。「好きな色は青だって。私と一緒だった」と嬉しそうに子どもたちは報告してくれます。たくさんの先生方と出会い、カリタスをもっともっと好きになって下さいね。

1年生 親子交流会


 気持ちの良い五月晴れの空の下、1年生の親子交流会が行われました。生田緑地内の枡形山に登り、クラスごとにレクリエーションを楽しみました。子ども同士はもちろんですが、親同士が交流を楽しむ姿、そして我が子だけでなくよそのお子さんも自分の子ども同様に可愛がる保護者の皆様の姿が、沢山見られました。

 この親子交流会は、昨年度から再開されました。卒業生の保護者からの「1年生の最初に築かれた子ども同士、特に親同士の関係性が大事。是非とも復活して欲しい」という声から企画、実施に至りました。昨年度親子交流会に参加された保護者の方から、「1年前が懐かしいです。また行きたいです」と、朝、偶然にもお話を伺いました。今回も「皆様とたくさんお話しできました」という保護者の方の声を聞くことができました。この会で得た出会いを大切に、保護者の皆様そして、子どもたち、教師が一丸となってカリタス小学校をつくっていきましょう。今日は本当にお疲れ様でした。

1年生 待ちに待った移動動物園


 カリタス小学校に移動動物園がやってきました。この日を心待ちにしていた1年生。たくさんの餌を持って、校庭に集まりました。うさぎ、ひよこ、モルモット、チャボ、やぎ、羊、ぶた、あひる、ポニー、そしてかめ。全ての動物たちと触れあおうと、子どもたちはあちこち動き回っていました。最初は餌やりにびくびくしていた子どもたちも、「もう一歩前で餌をあげてごらん」「餌を掌にのせてあげると、ぺろぺろしてくれるよ」という牧場の方のアドバイスを聞いて、動物との距離を縮めていきました。「ひよこを撫でると目を閉じて気持ちよさそうにしていたよ」「ひよこも跳ぶんだよ」「私、山羊の散歩ができた」「この羊、おとなしい」・・・・子どもたちの顔は、いつも以上に溌剌としていました。「私達も絶対、動物を飼いたい」という子どもたちの声もたくさん聞かれました。

1年生 男子サッカーが始まりました


 まずは2年生とのご対面。自己紹介をしました。はじめに手本を2年生が示します。わんぱく元気な1年生もこの時は先輩の話に耳を傾けて真剣な顔。最初は少し緊張しているようでした。次は1年生の番。クラスや名前に加えて、「サッカーをするのは好きです!」「サッカーを幼稚園の時からやっていました!」などと精一杯伝える姿が見られました。

 次はウォーミングアップです。足の裏などを使ってボールを転がす練習。上手な2年生の足運びを真似して…なんていう余裕はなく、とにかく自分のボールに集中して一杯一杯の子どもたちの表情、可愛いかったです。

 その後の1・2年生混合のプチ試合ではボールを2個使っての勝負です。1年生の子も見事ゴールを決めていて驚きでした。「ぼくが決めたんだ!」という自信たっぷりな言葉が男の子らしかったです。「青の人たちがもう一個のボールに集まっているうちにこっちのボールを入れちゃおうよ」と黄色チームの1年生が作戦を練る様子も見られました。次回が楽しみです。

1年生 クレヨンを使って


 いつも身近にあるクレヨンも、色々な使い方を知っていれば世界が広がります。そんな楽しさを味わってもらうため、1年生ではクレヨンの指導を毎年行います。濃淡を付けて描くことやクレヨンをねかせて描くこともその1つ。このような手法を学ぶため、蚊と蚊取り線香のストーリー仕立てで授業を組み立てました。蚊取り線香に見立てた「ぐるぐる描き」、その蚊取り線香の効果が発揮され、今にも息絶えそうな蚊。それを各自が考え表現しました。クレヨンをねかせて「下から上に向かって」描いたとき、あまりの美しさに子どもから「うわあ、綺麗」という声も挙がりました。

 学習の最後に模様を描き、色塗りをしました。隣の部屋は別の色、別の塗り方になるよう、1年生なりに考え、色を付けていきました。完成した個々の作品も美しいですが、全体で眺めると、どこの芸術家の作品かと勘違いしてしまいそうなくらいです。