1年図工 指絵の具で遊ぼう


 皆さんは、絵の具の感触を思う存分味わったことがありますか?なかなかそのような体験をすることはないでしょう。絵の具を初めて使う1年生にはまず、その感触を全身で味わってもらうことにしました。自分を解き放つ一つの手段になってくれたらと思いました。

 大きなパレットに、白、黄、青、赤の4色の絵の具を順にのせていきます。白の絵の具を入れると「ヨーグルトみたいでおいしそう」「トロンとしてる」と口々に話し始めました。まずは指でそっと触る子どももいましたが、あっという間に足で絵の具をぐちゃぐちゃにし始めました。手も足ももう真っ白。歓声をあげながらあっという間に、顔まで真っ白になりました。この後はご想像の通り、黄、青、赤を全身につけていきました。髪の毛まで絵の具でバリバリです。でも、写真で見る子どもたちの笑顔は最高です。こんなに活動を楽しんだのだから、後片付けも皆で協力して行うことができました。足跡だらけの床も、元通りピカピカにしました。帰宅してからこの絵の具遊びのことを、夢中になって話す子どもが多かったようです。

1年生 第3回多摩川探検


 7月2日(月)はとても暑い、暑い日でした。前回6月の多摩川探検が雨で中止となり、天気が良い日に1時間だけ多摩川に石を拾いに出かけただけだったので、第3回目の多摩川探検を子どもたちはとても楽しみにしていました。朝登校してきた時は「多摩川へ行ったらあれもして、これもして」と話していたのに、多摩川に到着した頃にはややバテ気味の子どももいました。

 多摩川に着いてからは、思い思いの活動を存分に楽しみました。沼はここ最近の晴天で面積が小さくなりましたが、その分中身が凝縮されていたのか、魚もエビも取り放題でした。虫は蝶々を追いかける子どもが大半でしたが、バッタやトンボ、カタツムリもいて、子どもたちの籠の中はたくさんの虫で賑わっていました。木陰になっている所を見つけて、木登りや秘密基地を作る子どももいました。秘密基地では、石で作った「お団子」をご馳走になりました。今回川は、魚釣りをしている人が数名いたので、石投げは諦めることにしました。

 第3回多摩川探検も大勢の保護者の皆様にご協力頂きました。活動に夢中になる子どもたちに水分を摂らせ休憩の声掛けをしたり、新しい遊びの提案をして下さったりと、皆様にたくさん支えて頂き、無事に帰ってくることができました。本当にありがとうございました。

1年生 公開授業の様子


 先週の土曜日、第1回学校説明会が開かれました。1年生は1組が総合、2組が算数、3組が国語を公開しました。1組の教室には、先日来た2匹の羊がやってきました。1匹は1組の飼っている「あかりちゃん」、もう1匹は2組が飼っている「マロちゃん」です。見慣れない部屋、たくさんの子どもたち。とても驚いたのでしょう。2匹は教室中をうろうろ動き回っていました。スケッチする子ども、触れ合う子ども、そして来校した園児さんたちに動物を説明してあげる子どもと、交代で分担しました。説明係の子どもはとても張り切っていました。自分たちだって、まだそんなに羊に慣れているわけではないのに、「大丈夫。可愛いよ。触ってごらん」と優しく声を掛ける姿があちこちで見られました。クラスにいるザリガニの説明をする子、羊を触った子どもを手洗い場に連れて行く子どもなど、普段見られない頼もしい姿を1年生の子どもたちは見せてくれました。子羊を触って嬉しそうな園児さんの姿を見て、1年生も私達も安心しました。ご来校頂きありがとうございました。

1年図工 人物クロッキー


 今年度の図工科では「人物を描こう」をテーマに活動を展開しています。その先駆けとして1年生で「人物クロッキー」に挑戦してみることにしました。今まで「運動会で踊っている自分」を短冊の貼り合わせで表現してきましたが、どうしても直線的で固いイメージがあり、それとは違う手法で描けることや、人物を「骨組みから描き、肉付けしていく手法」が子どもたちにも、苦手意識なくスムーズに取り組めると考えたからです。

 まずはグループでラシャ紙にイメージ画を描きました。色はこちらで4色準備しました。大地のイメージで黄土色とペールオレンジ、風や空気のイメージで黄色や黄緑に白を混ぜ調合しました。ハケや筆で約束を決めて描きました。これも1年生には初めての経験でした。その後、グループでモデルの順番を決め、運動会で踊った曲に乗せて友達を描きました。ねかせるクレヨンでおへそから描きました。体のバランスがとりやすいからです。描いた友達を一人決め、その作品を切り取り、グループで作ったイメージ画に貼り付けました。どんな場面で、友達とどんな話をしているのか、グループ内で話をし、足りない生き物や植物を描き足しました。

 今回、この授業はカリタスの全教員に公開し、研究会としてその後、子ども達の様子や授業展開について話し合われました。先生方に子どもたちのたくさんの呟きを拾って頂き、子ども理解に繋がる貴重な時間となりました。

1年生 動物が来た!


 4月の移動動物園でたくさんの動物に触れあった子どもたちは、「動物のお父さんお母さんになりたい」という強い希望を持っていました。入学したてで、自分の事を優先してきた4月と違い、5月、6月にかけてしっかりと自分の事ができるようになった1年生。動物を飼いたいという気持ちも、少しずつ高まり、どんな動物を飼うか相談してきました。今年はどのクラスも羊を飼うことが決まり、校長先生にも許可を頂き、この日を迎えました。

 トラックから降りてくる羊を、今か今かと待ち構える子どもたち。出てきた羊たちを見て「可愛い」を連発していました。3月生まれの女の子。1組が黒い子、2組が白い子です。3組の羊は、1週間遅れで到着しました。到着したらすぐに走り出そうとするおてんば娘のようです。

 動物当番が始まり、毎日奮闘しています。1年生がどんなお父さん、お母さんになるのか、その過程を引き続きブログでお伝えしていきます。

1・2年生 運動会予行


 1、2年生の「一人ぼっちの羊飼い」の演技は、両手にボンボンを持ち、隊形を一人ひとりが素早く考えながら変化していくことが出来ていました。2年生は1年生と腕を組んでスキップしたり飛行機のように足を上げバランスをとったりとみんな力を合わせながら頑張りました。11時近くで雨が降ってきたので、終了となりましたが、50m走も玉入れも各色優勝する気力で当日を迎えることでしょう。

1年生 運動会の絵


 運動会に向けて、演技の練習を頑張っている1年生。2年生と一緒に踊ることで、ペアで踊れる安心感だけでなく、「お兄さん、お姉さんのように美しく踊りたい」という刺激も受けているようです。練習を重ねるにつれて、腕や足をピンと伸ばせるようになってきました。一方で間違いや、ズレも、低学年ならではの可愛らしさとなっています。

 演技の中で一番気に入っている部分を、図工作品として表してみました。帽子、顔、Tシャツ、短パン、手足、靴など、それぞれパーツごとに色画用紙を準備し、貼り合わせて人を作ります。手足は棒立ちではないので、短冊を2枚貼り合わせて関節で曲がるようにしました。手は上腕部、前腕部、足は大腿部、下腿部に分けて色画用紙を貼り合わせました。ポーズも、Tシャツも、肌の色も、皆それぞれ。110人の作品が揃うと、きっと迫力満点でしょう。運動会当日は、入場門前の塀沿いに、子どもたちの作品を掲示します。競技、演技だけではなく、1年生らしい可愛らしい作品も、運動会の一つの楽しみにして頂けたらと思います。

1・2年生 運動会演技練習


 「一人ぼっちの羊飼い」の曲で、今日、校庭で初めて2年生と1年生が一緒に踊りました。列で動くという難しい踊りをすぐに覚えて楽しく取り組んでいます。統一感は、今一歩ですが、練習を積むごとに出来るようになっていく子どもたちです。休み時間に曲を流して踊りの練習に励んでいます。運動会当日、全員がわくわく元気いっぱい踊ることでしょう。

1年生 第1回多摩川探検


 毎年恒例の「1年生多摩川探検」、前日の雨とはうって変わって快晴の空の下で行われました。数日前から、「多摩川ってどんなところ?」「どんなことができるかな?」とわくわくしていた1年生。多摩川探検の歌をうたって学校を出発しました。

 多摩川の草は、子ども達の背丈くらい、それ以上の所もありました。でも「私たちは探検隊だから」と草をかき分けこどもたちはどんどん進んでいきました。虫取り、石投げ、お花摘み、沼での生き物探し。秘密基地作りや石に絵を描く子、土手滑りをする子どももいました。「先生、見てみて。見つけたよ」といって虫かごの中を皆が見せてくれました。そこには最高の笑顔もありました。「先生、沼にいたよ」と言って、小魚を見せてくれました。「次の探検の時は、もっと魚を捕まえたいな」と次回の意気込みも語ってくれました。

 多摩川は第2の教室です。教室では学べない自然体験を、体全体そして心で感じて帰ってきました。「楽しかった」「また行きたい」という声は子どもたちだけではありません。保護者の皆様も「こんなに楽しいと思わなかった」と笑顔で話して下さいました。保護者の皆様が、子どもたちをしっかり見守って下さったお陰で、最高の多摩川探検となりました。ありがとうございました。

1・2年生 運動会演技の練習


 連休前から少しずつ、運動会に向けて演技の練習に取り組んでいます。一つひとつの動き、隊形移動、覚えることも多いですが、先生の動きに必死についていこうとする、低学年の子どもたちのやる気と、踊る際の笑顔が輝いています。休み時間も「音楽をかけて~」と子どもたちから声を掛けられます。オープンスペースから音楽が聞こえてくると、ささっと出てきて踊り出す子どもたちの姿が、何とも可愛らしいです。