1年生 はじめての水泳教室


 水泳教室が3日間の日程で行われました。1年生は初めてのプール、プールバックを持って嬉しそうに登校してきました。着替え、体操、ビーチサンダルを履く、何をやっても「キャーキャー」と大騒ぎでした。

 プールの水はさほど冷たくなかったけれど、水のシャワーは冷たく「地獄のシャワー」と名付ける子どももいた程です。先生の指示を聞いて、バタ足、水の掛け合い、洗濯機みたいに皆が同じ方向に動いて流れるプールを作ったり、水中のボールを拾ったり。どの活動も心から楽しんでいました。水が苦手な子どもも、先生やお友達と一緒にちょっぴり頑張ってボールを拾いました。できた時の笑顔が印象的です。

 最後の自由時間は、一段と大騒ぎしながら、大きなビート板に捕まって遊んだり、友達と追いかけっこをしたりと、水とたくさん触れ合うことができました。あっという間の3日間でした。

1年図工 指絵の具であそぼう


 皆さんは、絵の具の感触を思う存分味わったことがありますか?なかなかそのような体験をすることはないでしょう。絵の具を初めて使う1年生にはまず、その感触を全身で味わってもらうことにしました。自分を解き放つ一つの手段になってくれたらと思いました。

 大きなパレットに、白、黄、青、赤の4色の絵の具を順にのせていきます。白の絵の具を入れると「ヨーグルトみたいでおいしそう」「トロンとしてる」と口々に話し始めました。まずは指でそっと触る子どももいましたが、あっという間に足で絵の具をぐちゃぐちゃにし始めました。手も足ももう真っ白。歓声をあげながらあっという間に、顔まで真っ白になりました。この後はご想像の通り、黄、青、赤を全身につけていきました。髪の毛まで絵の具でバリバリです。でも、写真で見る子どもたちの笑顔は最高です。こんなに活動を楽しんだのだから、後片付けも皆で協力して行うことができました。足跡だらけの床も、元通りピカピカにしました。帰宅してからこの絵の具遊びのことを、機関銃のように話す子どもが多かったようです。

1年生 第3回多摩川探検


 7月3日(月)はとても暑い、暑い日でした。いつもなら行きは歌をうたい、楽しくお喋りをしながら探検に向かうのに、玄関を出た瞬間から「暑い」、そして途中の道も「先生、暑すぎる」と子どもたちは少しバテ気味でした。でも多摩川に着いてからは、思い思いの活動を存分に楽しみました。沼は魚の死骸で「変な臭いがした」と子どもたちは話してくれました。第1回目はテントウムシ、第2回目は蝶々、そして第3回目はカタツムリが大量発生していました。一人で10匹も捕まえたと夢中になって話す子どももいた程です。草滑りやブランコも始まりました。木陰では、靴下を脱いでシートの上でくつろぐ子、絵を描く子どももいました。今回からお弁当を一緒に食べ、5時間目、総合のまとめを保護者の方も一緒に行う機会を持ちました。

 今回も大勢の保護者の皆様にご協力頂きました。活動に夢中になる子どもたちに水分を摂らせ休憩の声掛けをしたり、新しい遊びの提案をして下さったりと、皆様にたくさん支えて頂き、無事に帰ってくることができました。本当にありがとうございました。

1年生から2年生へのプレゼント


 2年生が6月29日から30日にかけて学校に宿泊しました。その時に楽しんでもらえるよう、1年生がプレゼントを考えました。

 1年生は多摩川探検で拾った石を「多摩川の生き物」に見立てました。その際蛍光アクリル絵の具で色を付けました。蛍光絵の具は、ブラックライトを当てると光ります。蝶やテントウムシの模様が鮮やかに浮かび上がり、とても綺麗です。1組、3組は残りの絵の具でドリッピングを楽しみました。絵の具を垂らし、ストローで吹いて風を送り、液を動かします。2組は絵の具を使う最後のクラスだったので、片付けをしながら色水を作りました。ペットボトルにも模様を描きました。ドリッピングの作品を背景画、ペットボトルを光る水として、多摩川の石の側に置き道を作りました。ちょっとした空間ですが、幻想的な世界ができあがりました。

 宿泊当日、2年生はその通路を通り感想を伝えてくれました。「今年は虫がたくさん光っていて驚いた」「まるで宇宙みたいだった」その感想を聞いたら、1年生はきっと大喜びでしょう。図工科として取り組んだサプライズ企画、今年2年目となりましたが大成功となりました。

1年生 動物が来た!


 4月の移動動物園でたくさんの動物に触れあった子どもたちは、「動物のお父さんお母さんになりたい」という強い希望を持っていました。入学したてで、自分の事を優先してきた4月と違い、5月、6月にかけてしっかりと自分の事ができるようになった1年生。動物を飼いたいという気持ちも、少しずつ高まり、どんな動物を飼うか相談してきました。1組が山羊、2組が羊、3組が山羊を飼うことが決まり、校長先生にも許可を頂き、今日を迎えました。

 トラックから降りてくる羊や山羊を今か今かと待ち構える子どもたち。出てきた動物達を見て「可愛い」を連発していました。今年の動物達はお散歩が大好き。子ども達も動物達と楽しそうにお散歩に出かけています。

 動物当番が始まり、毎日奮闘しています。1年生がどんなお父さん、お母さんになるのか、その過程を引き続きブログでお伝えしていきます。

1年図工 うつしてあそぼう 続き


 学校中の色々な場所を探検しながら凸凹を見つけこすり出しを楽しんだ1年生。最後の仕上げとして「本作り」を行いました。色画用紙を使った全6ページの「こすりだしを紹介する本」です。

 まずは、こすりだした紙にL型の厚紙を2枚置き、自分の好きな形を作ります。型を動かすことで、形を大きくしたり小さくしたり長細くしたり、三角を作ることもできました。子どもたちが「ここ!」という場所を決めたら、そこをふちどりはさみで切り、その紙を糊で貼り付けていきます。糊の使い方、技術は格段に進歩しました。のりがベタベタしている本が少なかったことから分かりました。お気に入りのマスキングテープを持参してもらったので、本の中央にテープを貼り付けて自分らしさも出しました。

 表紙は、自分の紹介をしました。洋服と装飾品は、こすりだした紙を使って作りました。裏表紙は本来ならばゴミになってしまう、切り取った後の紙を眺め「何に見えるか」を見つけました。ライオンやキリンなどの動物から、お母さんのエプロンなどもありました。頭の中で思い描く、想像することも図工では大切にしています。

 完成した本は、オープンスペースに吊します。自分の本はもちろん、お友達の本も良いところをたくさん見つけて欲しいと思います。

1年生 第2回目 多摩川探検

第2回目は、絶好の探検日和でした。
少し動けば汗ばむ程度、風を心地よく感じながら探検に出かけてきました。                                    

今回もたくさんの保護者の皆様に「お父さん、お母さん先生」として参加して頂き、グループの支援をお任せしました。 遊びのリーダーになったり、アドバイスをして下さったり、子ども達にそっと寄り添って 下さったり、一人ひとり異なる子ども達の姿を追いかけ、見守って下さることで、子ども達も 安心して活動を楽しむことが出来ました。

 
      

       

今回の多摩川には、たくさんの蝶がいました。子ども達は虫取り網を持って駆け回っていました。沼や川で小魚を探す子ども、石投げを楽しむ子ども、花摘みをする子ども、絵を描いたり、実を集めたり、思い思いの活動に取り組みました。

 

1年図工 うつしてあそぼう


 今回の図工は「うつしてあそぼう」です。学校の敷地内には、無数の凸凹が存在します。普段は見過ごしてしまう凸凹に注目し、まずは目で見て、触って、凸凹を見つけること、次にその凸凹を紙に写し取ること、この2つの楽しさを味わわせたいと考えました。木や壁、玄関のタイル、教師が持っているかごなど、子ども達はあらゆる場所に出かけ、凸凹を見つけてきました。1回目よりも2回目の方が、クレヨンを寝かせて塗る活動が定着し、模様をしっかり写し取ることができました。どんな場所で写し取ったのかを皆で共有した後は、個々の作品として仕上げていきます。

1年図工 クレヨンを使って


 いつも身近にあるクレヨンも、色々な使い方を知っていれば世界が広がります。そんな楽しさを味わってもらうため、1年生ではクレヨンの指導を毎年行います。濃淡を付けて描くことやクレヨンをねかせて描くこともその1つ。このような手法を学ぶため、蚊と蚊取り線香のストーリー仕立てで授業を組み立てました。蚊取り線香に見立てた「ぐるぐる描き」、その蚊取り線香の効果が発揮され、今にも息絶えそうな蚊。それを各自が考え表現しました。クレヨンをねかせて「下から上に向かって」描いたとき、あまりの美しさに子どもから「うわあ、綺麗」という声も挙がりました。

 学習の最後に模様を描き、色塗りをしました。隣の部屋は別の色、別の塗り方になるよう、1年生なりに考え、色を付けていきました。完成した個々の作品も美しいですが、全体で眺めると、どこの芸術家の作品かと勘違いしてしまいそうなくらいです。

運動会に向けてまっしぐら


 特別時間割に入り練習に熱が入ってきました。演技の隊形移動は一人一人がしっかり自覚を持って行動していて感心しました。朝礼台からマイクで説明する先生の言葉に合わせて踊る場所を決めていきました。隊形移動のたびに一生懸命走って移動しては、また笑顔で踊る姿は必見です。何も持っていなくても素敵なので、色とりどりのポンポンを持ったら最高の演技になること間違いなしです。本番は1度だけです。