2年生 野菜を育てる


 4月からキュウリ・ズッキーニ・オクラ・ピーマン・ししとう・・パプリカ・トマト・トウモロコシ・枝豆・ナスを1年生の前の中庭で育てています。もう、小さな実が出来ています。2年生の学校お泊まり会で、大きく実ったキュウリやトマトなどサラダにいれ、カレーライスにも野菜を入れます。今から楽しみです。

1・2年生 運動会演技練習


 「一人ぼっちの羊飼い」の曲で、今日、校庭で初めて2年生と1年生が一緒に踊りました。列で動くという難しい踊りをすぐに覚えて楽しく取り組んでいます。統一感は、今一歩ですが、練習を積むごとに出来るようになっていく子どもたちです。休み時間に曲を流して踊りの練習に励んでいます。運動会当日、全員がわくわく元気いっぱい踊ることでしょう。

1・2年生 運動会演技の練習


 連休前から少しずつ、運動会に向けて演技の練習に取り組んでいます。一つひとつの動き、隊形移動、覚えることも多いですが、先生の動きに必死についていこうとする、低学年の子どもたちのやる気と、踊る際の笑顔が輝いています。休み時間も「音楽をかけて~」と子どもたちから声を掛けられます。オープンスペースから音楽が聞こえてくると、ささっと出てきて踊り出す子どもたちの姿が、何とも可愛らしいです。

2年2組 ヤギの赤ちゃん誕生!


 3月6日、9:51。2年2組の大きなゆめが実現しました。2年間、大切に育ててきたヤギのユキちゃんが赤ちゃんを産みました!朝、出産の兆候があったため、こまめに様子を見ていると、破水!すぐに外国語の授業を受けていた子どもたちを動物小屋に呼び寄せ、みんなで、静かに、心から力強く応援しました。赤ちゃんが産み落とされた瞬間、子どもたちは「わぁ!」ではなく、静けさ。命の誕生に感動して涙している子もいました。5分後に2頭目も誕生し、2年間かけてがんばってきた夢へのがんばり、ぎんなんを買ってくださった方々の愛情、そしてユキちゃんの生命力が、大きな大きな子どもたちへの記憶をつくってくれました。一緒にいられるのは1週間しかないですが、全力でお世話をする決意を固めた子どもたちです。

中野島のみなさんの愛が!


 学園講堂で、子どもふれあいコンサートin中野島が、中野島中学校区地区協議会主催で開催されました。

 カリタスからは中高のコーラス部、オーケストラ部、小学校合唱クラブが参加しました。素敵な演奏を中野島の方々に聴いていただきました。たくさんの方が聞きに来てくださったこと、とてもうれしいことです。

 さらに、2年2組の子どもたち、保護者の方が、中高入り口で、手作り銀杏の販売をしました。学校の方々ではない地域の方々に、ユキちゃんのことを伝えられるか不安でしたが、中野島の方々の優しさと愛のおかげで、320袋近くが完売。みなさんにもユキちゃんと触れ合っていただきました。カリタスのみならず、地域の方々にも支えられるユキちゃん、そして2組2組の子たちは幸せです!

2年2組 ヤギのユキちゃんへ、たくさんの愛が!


 2年2組では、クラスで育てているヤギのユキちゃんに赤ちゃんを産んでほしいという夢があります。そのユキちゃんが、10月、おなかに新しい命を授かりました。(確定は今後ですが・・・)子どもたちは、ユキちゃんのお父さん、お母さん。身重のユキちゃんに、いつもより栄養のあるごはん(チモシー)を食べさせてあげたいと考えました。

 でも、チモシーを買うお金がありません。そこで、子どもたちと考えて、毎年、カリタス学園の中にたくさん落ちるぎんなんの実を拾って、種を取り出してぎんなんにして販売することにしました。ユキちゃんのために、子どもたちのみならず、保護者の皆様もぎんなん作りに協力してくださいました。

 そして、先日の総合Day、授業参観日の際に販売したところ、用意した555袋が完売!総合Dayに来ていただいた方々、そしてカリタスファミリーのやさしい愛の手が、子どもたちのがんばりに実を結び、ユキちゃんの栄養、そして赤ちゃんの元気な誕生に寄与してくれました。ありがとうございました。

2年生 たまがわウォーク


 低学年恒例のたまがわたんけん。遊びに行くぞ!と思ったら、先日の台風と大雨で、川の形が様変わり。遊ぶ場所に入れなくなってしまい…。というわけで、今回はたんけんではなく、たまがわウォークです。

 土手沿いを歩き、カリタスとは対岸になる、狛江の西河原公園に来ました。

 遊具エリア、公園エリアで、子どもたちは思い思いに遊び、いつもとは違う多摩川でのひとときを過ごしました。

図工科 土粘土で遊ぼう


 カリタス小学校図工科では、数年前からから1~3年生までの造形遊びとして「土粘土」を取り入れています。低学年の時期における手や全身を使った「表現活動」、大きな構造物を作るという「空間を意識する体験」を重視しているからです。入学前に土粘土に触れたことのある1年生は数名でした。ですから、思う存分粘土の感触を味わって欲しいと、1クラス300kgの粘土を使いました。力自慢には300kgの粘土を持ってもらいましたが、びくともしませんでした。初めて粘土を足で踏んだ子どもは「冷たい」と言いました。足元にどんと落としてお豆腐型の粘土を作ったり、指やヘラで模様を付けたり、くりぬいたりもしました。2年生の活動中には、カリタス幼稚園のお友達も飛び入り参加しました。教師が指示を出さなくても、子どもたちは自由に形を作っていきました。大きな洞窟を作る男子、動物園や遊園地を作って隣同士で道を作ってつなげたり、食べ物屋さんが合体してピザ屋さんやケーキ屋さんが品物を振る舞ってくれたりと、子どもたちは伸び伸びと活動していました。

1年生 秋祭りその後


 秋祭り終了後、子どもたちから「全てのお店を回れなかった」という話を聞きました。そのためか時間をかけて作った沢山の作品が残っており、とても残念に感じていました。そこでまずは1年生に、回れなかった店の作品を持ち帰ってもらいました。それでもまだ品物はたくさん残っています。次に、他学年にも品物を売ろうと計画しました。引き替えは割り箸1膳です。5年1組が総合で割り箸アートを作っているので、そのお手伝いができたらと考えました。当日は多目的ホールで、2、3年生の子どもたちにお客様になってもらいました。1年生は威勢のいい声で「いらっしゃいませ」を連呼していました。残り少ない眼鏡を買ってくれた2年生のお兄さんはとても気に入って、教室でもかけてくれていたと担任から聞き、1年生にとっても他学年にとっても有意義なひとときだったと感じました。