3年生 自転車教室


 普段何気なく乗っている自転車ですが、乗り方を間違えればとても危険なものです。

 今日は、3年生を対象に多摩警察署の方や区役所の方にいらしていただき、交通マナーについて詳しく説明していただきました。

 初めは学年全体でオープンスペースに集まり、指導員の方が用意して下さったカードを見ながら交通ルールについて確認したり、ヘルメットがないとどれだけ危険なのかを風船を使った実験を通して学んだりしました。

 信号のカードでは、指導員の方が持っていたカードは黄色だったはずが、クルッと返されると赤になっており、魔法のような出来事に子どもたちはとても驚いていました。指導員の方は「信号はあっという間に赤に変わってしまうからね!」と一言。ぽかんと口が開いたままになってしまいました。

 また、ヘルメットをつけていない風船がパンッと割れると子どもたちは「キャー!」と悲鳴をあげ、傷だらけのヘルメットを見つめながら事故の恐ろしさを感じていました。

 その後はグラウンドに出て、自転車教習です。自動車の通る方向を考えて、自転車の左側に立ったり、左足を地面についたり……。子どもたちはドキドキしながら自転車を進めていましたが、コースが終わるとほっとして笑顔が見られました。

 これを機に、正しい自転車の乗り方を再確認できればと思っています。

 当日は秋晴れで日差しの強い中、ボランティアをして下さった保護者の方ありがとうございました。また、遠方からこの教室のために、自転車を貸してくださった方、本当にありがとうございました。

1・2・3年図工 粘土造形あそび


 1,2,3年の図工では、毎年恒例の粘土での造形遊びを実施しました。一人5kg以上の粘土で、自由に思いっきり遊びます。粘土は、触れた手そのままに形を変えるので心の形を表すことができます。そして、子どもたちの成長に必要な行動力、能動的な学びに適した素材です。手や足、身体を大きく動かして、思いっきり床にたたきつけたり、力いっぱい丸めたりしました。作品を完成させる目的ではない、粘土遊びのセラピー効果で心を表出させて楽しみました。

3年宿泊活動


 3年生は宿泊活動で山中湖に行ってきました。今日はその総集編として3日間の物語を追ってみましょう。


9月26日(水)

 この日は生憎の空模様。子どもたちの弾む気持ちを満タンに乗せたバスは一路富士五湖を目指しました。

 雨が降っているけれどやる気満々。交代で乗船したビッグカヌー挑戦。水面の白鳥に励まされながらすいすいと置きにこぎ出したのです。

 宿泊地の建物は5つの建物に別れていて、仲間と協力しながら初日の夜はふけていきました。


27日(木)

 夜中からの大雨。恨めしそうに空を見上げていた子どもたちでした。

 しかしながらみんなの気持ちはどこまでも前向き。

 午前中は二手に分かれて工作を堪能しました。

 食堂ではクラフトづくりをします。写真立てを丁寧に仕上げていく瞳は真剣です。

 一方飯ごう炊飯場では木に火を入れ、炭になる直前の板をタワシで磨き、世界で一枚の焼き板を完成しました。

 スタッフの通称クワさん曰く「山中湖ではね、毎日が一番素敵な天気なのですよ」

 その日が雨でも風でも自然の中では「どの日も最高の一日」だったのでしょう。

 吐く息が白い日中でしたが子どもたちは生き生きと過ごしました。

 キャンプファイヤーは雨の上がった広場で多いに盛り上がり、最後はしっとりと終止符を打ったのです。


28日(金)

 最終日の朝は晴天。恥ずかしがり屋の富士山がようやくその姿を惜しみなく見せてくれました。湖畔での一時は卒業するまで忘れられないものになることでしょう。

 来年は黒姫に行く子どもたち。一段と逞しくなってみんなで登山をしたいと思います。

3・4年生 運動会予行


 青い空にまっすぐにひかれた白いライン。運動会が間近に迫っていることを感じます。昨日、運動会の予行練習がありました。3,4年生は、初めて全校生徒の前で踊りを披露しました。自分たちで色を塗った鮮やかな傘を持ち、時に静かに、時に元気に踊りました。真っ直ぐに揃った傘の列が、とても美しい踊りです。どうぞお楽しみに。

 高学年の仲間入りをした4年生は、演技だけでなく、自発的に仕事にも取り組んでいました。

3・4年生 運動会練習


 今日は午前中に演技の練習、午後に団体競技「OH~DAMAでGO!」の練習をしました。子どもたちはヘトヘト……かと思いきや、休み時間には友達と元気に遊ぶいつもの姿が見られました。毎日、元気いっぱいの子どもたちです。

 演技では、日々の練習の成果が表れてきました。先生や友達を見ながら踊っていた最初の頃に比べ、「はい、はい、はい!!」という自信に満ちた声が響いています。

 今日は初めて、全体で傘を持って踊りました。200人以上が傘を広げると、棒で踊っているのとは比べ物にならないほど、色鮮やかで素晴らしいものです。

 団体競技では、初めての練習でした。あの大きな玉を、列を作りながらゴールに運ぶというのは難しいもので、列がつくれなかったり、玉が思った方向に行かなかったりと、どのチームも大苦戦!当日はどのチームが勝つのか、全く読めません!

 あと5日間でラストスパート!どうぞ、当日を楽しみにしていらしてください。

3・4年生 運動会 団体競技の練習


 3,4年生全員が4年生のオープンスペースに集まって、運動会の団体競技「OH~DAMAでGO!」のルールの説明を聞きました。3、4年生が4列に並んで、その頭の上で大玉を転がす競技です。ゴロゴロゴロゴロ大玉が転がる様子を想像しただけで、みんな大喜び!並び順や、落ちた大玉を拾う係を誰にするかは、それぞれのチームの作戦です。さあ!どの色のチームが、上手く大玉を転がすことができるでしょうか。今から楽しみです。

3・4年生 運動会演技練習


 ゴールデンウィークが明け、運動会の準備が本格的に始まりました。

 授業中は、グラウンドや体育館から明るい音楽が聞こえ、OSからは装飾の制作風景が見られます。

 3,4年生の演技は、傘を持って踊るものです。ただ、傘は壊れやすいので本番に取っておき、練習では棒を使用しています。棒の先端には、各々個性豊かな飾りがつけられ、子どもたちはそのオリジナルの飾りを満足そうに見せ合っていました。

 振付は…というと、今はまだ、必死に覚える段階。休み時間には誰かが音楽をかけます。すると、その音楽が進むとともに徐々に人数が増え、オープンスペースでは狭いほどの人数が集まります。

 クラス関係なく練習する姿、「ここはこうじゃない?」「そこは移動だよ!」と教え合う姿……カリタスのいいところです。

 少しずつ上手になっていく姿をブログで更新しますので、どうぞお楽しみに…♪

中野島クリスマスコンサートに参加しました


 合唱クラブの聖歌メドレー、旧031の2人による落語、033による劇「ならない鐘」。今年は大勢のカリタス小学校の子どもたちも参加。大学生のコーラス、漫才、三曲の演奏、中野島中学校コーラス部の合唱、そして中野島在住のピアニストによるピアノソロ。楽しいたのしいクリスマス会でした。

 地域の方々と触れ合う貴重な機会の中野島クリスマスコンサート。学園の大きなネオンによるクリスマスツリーと共に、小学校も中野島地区もクリスマス一色です。

3年生 中野島探検


 まずはサミット(スーパーマーケット)の見学。入り口を入ってすぐの売り場にはずらっとならぶ果物が。「旬に合わせて果物を置いています。今はみかんが甘いです。」とお店の人が教えてくれました。野菜や魚、肉にはカットされて売られているものもあり、買う人に合わせて用意している、という工夫も知ることができました。最後の質疑応答では、「どうしてサミットで働こうと思ったのですか?」という質問をする子にお店の人がこのように答えて下さいました。「人の生活に関わりのある仕事つきたかった。スーパーは絶対に人の生活と関わりがあると思ったから。」働く人の思いに子どもたちは近づけたと思います。

 次はグループに分かれて、中野島にあるお店へインタビュー。事前にあいさつの練習をし、質問も考えてノートに準備していました。1グループにつき2つのお店を訪問して「どうして中野島にこのお店をたてようと思ったのですか?」「どれくらいのお客さんが一日で来るのですか?」などインタビューしました。お店の方も丁寧に答えて下さり、お店の方の心意気が子どもたちに伝わりました。それがなにより一番の学びになったのではないかと思います。

 訪問させていだいた中野島の各商店様、お忙しい中子どもたちのインタビュー活動に協力してくださり誠にありがとうございました。お答え頂いたことを無駄にせず、子どもたちの学びにしっかりと役立たせたいと思います。

 また、お手伝い頂いた保護者の皆様も大変有難うございました。ご迷惑をおかけすることもありましたが、無事にインタビューを終えられたこと感謝致します。

3年生 自転車教室


 3年生の自転車教室を行いました。区役所や警察署の方々の話を聞き、自転車を乗るときのルールを学びました。自転車の点検のポイントや、ブレーキのかけ方、ヘルメットをかぶる大切さなどを改めて確認しました。その後は校庭へ出て実際にコースを自転車で走りました。保護者の方にもサポートをしてもらいながら、子どもたちは真剣に停止線や左右、後ろを確認して自転車に乗ることができました。