プール開き



学園のプールで各校種の所属長や関係する教員が集まり「プール開きのお祈り」がありました。学園チャプレン(司祭)と共に、プールでの安全を願って、祈りを捧げました。司祭がプールを回り、聖水を注いで祝別しました。
「全ての恵みの源である神よ、あなたは人間のいのちになくてはならない水をお造りになりました。このプールの水を使う園児、児童、生徒、教員達が、この水の中で心身を鍛え、癒やし、あなたに感謝を捧げることができますように。そしてこの場が、カリタスの心をもって、思いやりと奉仕の心を育み、暖かい交わりの場となっていきますようお導きください。✝」

2年 多摩川探検



 夏がやって来た!とにかく暑い「多摩川探検」でした。にもかかわらず、子ども達はやっぱり元気!河原には太陽の光を遮る屋根もひさしも、日陰も無いのに・・・
 夢中で虫取り網で昆虫採集!はたまた、秘密基地作り、多摩川に入って小魚取り、花飾り、石採集・・・
 そんな子ども達のパワーとは逆に、太陽の日差しに少しずつ動きが鈍くなり始めたのが、参加された大人の方々・・・。と、今回多摩川探検デビューを果たした1組の人気者「ホワクロちゃん」。多摩川までは頑張って歩いてきたのですが、時間が経つにつれて暑さにバテ始めて来たようでした。

 いずれにしても、今年も「多摩川探検」は、やっぱり子ども達を夢中にさせる活動だったことがよく分かった一日でした。
 今回も快く探検に参加してくださったお父様・お母様、半日本当にありがとうございました。そして、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 

1年 幼稚園訪問



 今日(4月28日)、1年1組の子どもたちはカリタス幼稚園に出かけました。先日、幼稚園の皆さんが1年生のお庭に来て散策をしていたのですが「私たちも行ってみようか」と思い立ち、園庭に入ってみたのです。園児さんとのひとときは実に温もりがあるものでした。同じキャンパスの空の下で笑顔が揃います。先月まで通っていた園舎を懐かしそうに眺める子、初めて訪れることで興味津々の子…。反応は実に豊かでした。お互いの日常を訪問し合うひとときをもてるカリタスの子どもたちは幸せです。

4年 聖書授与式



4年生にとって『聖書授与式』は、特別なものです。
私たち教員も使用している“大人の聖書”を授かる日だからです。
分厚い本が手に渡る瞬間を、みな心待ちにしていました。
授与される場所は、道を挟んだ中高にある学園聖堂。校長先生から、一人ひとりに手渡されます。
聖堂に到着です。
ゆっくりと一礼をし、目を閉じ、心を落ち着け、いよいよ授与されるときです。
受け取った後は、聖堂に紙の音が響きます。
4年生にとって「難しそう…」と、初めて目を通す聖書に重みを感じながらも、また一歩成長している自分にも出会ったことでしょう。晴れやかな気持ちで聖堂をあとにしました。

運動会に向けて、5年生も盛り上がっています



5月23日の運動会に向けて、各クラスのリレーの話、組み体操や旗体操が始まりました。 木曜日の学年朝礼では、各クラスの応援団が前に出て、運動会への抱負を語りました。 「自分の色の人だけでなく、みんなで協力していける運動会にしたいです」と、素敵な応援団一言が、きらりと光っていました。
その後には、コパンからアルミ缶回収のお願いがありました。子どもたち進めていく運動会、ボランティア、素敵な子どもたちが育つ魔法が、カリタスにはあります。

1年生がサッカーデビュー



今日は今年度初めての男子サッカーがあり、1年生たちも2年生と一緒におそろいのユニフォームを着て、練習に参加しました。最初はどんなことをするのか不安な様子でしたが、足の裏を使っていろいろな動きのドリブル練習後、半分に分かれて試合を行いました。試合が始まると、元気よくボールを追いかけ奪い合い、時には転んでしまう事もありましたが、すぐに立ち上がって走り出す姿は、とてもたくましかったです。これからが楽しみな男子サッカーでした。

初めての避難訓練



月曜日に実施予定をしていて、雨天のために延期となった避難訓練が行われました。
今年度初めての訓練のため、先ずは各クラスの避難経路の確認が第一目的でした。次の目的が、新しいクラスのメンバーで避難2列の体型に分かれ点呼確認をすることでした。
 以上の2点を中心に実施した結果、校舎からの全校児童避難が完了したのが「2分44秒」でした。校庭へ全校が避難して全クラスの点呼確認が終了するまでにかかった時間が「5分40秒」でした。避難完了時間の目安が5分間と言われています。40秒のロスではありましたが、小学校での避難訓練を初めて体験する1年生も含めてこの時間だったことは、今後に期待が持てる避難訓練となりました。

2年 学年朝礼スタート



2年生では、『話す・聞く』という力を高めるための1つの試みとして、「学年担任」でのスピーチタイムを設けました。その第1回目を、木曜日の朝に行いました。
 毎週木曜日の朝、各クラスから1名自由なテーマでスピーチをします。初めての取り組みなので、内容は当日までに原稿に書いてそれを読みながら、2年生全員の前で音読するという形で進めます。3クラスの友達が全員スピーチを終えたところで、聞いていた側からの質問や感想が出されます。
 これから一年間子ども達に『話す・聞く』という領域について少しずつ意識をしてもらい、その力を伸ばしていけるように考えていきたいと思います。

6年 東京都埋蔵文化財センターへ



社会科見学で訪れた「東京都埋蔵文化財センター」。東京都の遺跡から発掘された埋蔵物や縄文時代の竪穴住居の復元を実際に見てきました。埋蔵物の一部を実際に触らせて頂いたり、竪穴住居に入ったり、体験コーナーがあったりと子ども達は大喜びでした。学習しおりにたくさんメモをし、写真も各自で撮りました。カリタス生は人なつっこいので、担当の方にぴったりくっついてずっと質問し通しの子どももいたほどです。たくさんの学びを、個人新聞にまとめていきます。

3年 移動動物園 再会 ミルクとチョコとメリー!



移動動物園がありました。1年生にとっては、初めての動物たちですが二年生や三年生にとっては、今まで一年間、または二年間育ててきた動物たちもやって来たので、校庭は大きな歓声に包まれました。特に三年生にとっては、もう飼育することができないヤギと羊ですから、想いは大きいです。ミルクやチョコとメリーに抱きつき、再会を喜んでいました。動物たちも、この子どもたちの感覚を覚えているようでした。
三年生が昨年度まで飼っていた羊のチョコちゃんは、三年生がリードを持つとカリタス小の動物小屋に向かって校庭をまっしぐらに走って入って行きました。中に入りたそうに入り口付近を行ったり来たりしていたので、入り口を開けてあげました。すると、安心したかのように、しばらく中でくつろいでいました。(少し、切なかったです。)
さて、二年生はすでに話し合いが進んでいて、今日からホワクロ、ミチュ、イサカが戻って来る最高の喜びの日となりました。三頭との生活がまた始まりました。