避難訓練&防災訓練



 昨日、今年度3回目の「避難訓練」を実施しました。1回目より2回目、2回目より3回目と、迅速な避難ができるようになってきていることは、やはり訓練の成果だと思います。3回目の避難訓練で、校庭への避難終了後、18クラス全ての人数確認終了までにかかった時間は「4分22秒」でした。2回目と比べ「1分20秒」も短縮されました。
 また、今回の避難訓練は、実際に多摩消防署と菅消防署の消防署員の方々が8名参加され、子ども達への防災訓練を実施してくださいました。児童と教員の代表が「水消火器」を使用して、消火器の使い方と、消火方法を教わりながら消火訓練をしました。
 最後は、校庭に乗り入れてもらった2台のポンプ車を使って、低学年児童に消防自動車の見学と詳しい説明をしていただきました。また、「煙テント」を設置してくださり、6年生の児童が火災で発生する煙と同じような状況を作ったテントの中で避難体験をしました。

ほたる観察会in生田緑地



 13日の土曜日、4,5,6年生のガーデニングクラブの子どもたちを中心に、生田緑地へ植物観察、プラネタリウム鑑賞、そして、蛍の観察にでかけました。ほかのクラブの子どもたちも駆けつけ、集まった子どもたちは、総勢80名!なかなかお休みの日に友達と会うことができないこともあり、集まってきた子どもたちの目は輝いていました。
 集合後に、まずプラネタリウムを堪能した子どもたちは、舛形山の上で遊び、お弁当、また遊び。その遊びが、もう豪快でした。大きな遊具で50人くらいの鬼ごっこ、広場での壮大な鬼ごっこ、そして引率の先生との追いかけっこ。ひたすら走る子どもたちでした。
 夜は蛍の観察。「蛍どこにいるの?」「あの光じゃない?」「あれはマンションの明かりです」と話していると、目の前にふわっと黄色い光がゆっくりと点滅。そして、空を舞い始め、優雅に空を舞う蛍に出会えました。見られた蛍は5頭でしたが、初夏の思い出には十分すぎるほどのすてきな夜となりました。

ペアクラス交流会



 6月6日は参観日でした。6年生が1年生のとの交流会を企画しました。まずは、ペアを保護者の方に紹介しました。保護者の方同士も初めてのご対面で、とても和やかなムードに包まれました。
 その後は、各クラスともコパンが中心となり、校庭でゲームを企画したクラスや、多摩川から拾ってきた石に絵を描き、ペーパーウエイトの制作を一緒に行うクラスなど、様々な活動が行われました。

6年 奈良宿泊三日目



 朝はあいにくの雨模様となり、談山神社への散歩は中止となりましたが、なんとその後雨が止み、(普段の行いがよかったのでしょうか!?)三日目の行程として予定通り、明日香村のコース別見学へ出発!!
 明日香村で待っていてくださったガイドさんから、本日6月12日は大化の改新が起きたその日だと聞いた子どもたちは『すごーーーい!』と大喜び。出発前から大興奮の子どもたちは、それぞれのガイドさんのもと、謎の石造物コース、大化の改新コース、古墳コースの3コースに分かれました。
 歩き始める頃には日射しも強くなり、気温も湿度もぐんぐんと上がりましたが、頑張って歩き、たくさんのことを学びました。
 汗だくでたどり着いた昼食場所でしたが、ここでもよく食べ、しっかり休憩すると奈良ともお別れです。



 最後に、新幹線乗車のため京都駅へ向かう近鉄特急の中、宿泊活動で印象に残ったことで俳句を一句を詠んでもらいました。
『合しょうで 心落ち着く 仏様(063港さん・松本さん)』

 楽しかった三日間、本当にあっという間でした。

6年 奈良宿泊二日目 午後~夜



 一晩お世話になった千手院をあとに、まず向かったのは法隆寺。五重塔をはじめとする歴史的に有名な建造物や仏像をたくさん見ることが出来ました。



 次に訪れた薬師寺では、お坊さんの法話を聞きました。涙がでるほど笑った面白いお話の中にも、今の6年生にとって必要な、大切な言葉がたくさん散りばめられていて、それぞれ感じることがあったのではないかと思います。法話後には、お坊さんに握手を求める子どもの大行列ができました。
 その後、昼食をはさんで興福寺国宝館へ。千手観音像の手が何を持っているのかと、多くの子どもが下から見上げて確認していました。



  東大寺で大仏を見学し、雨が降り出してしまいましたが、楽しみにしていた自由行動で鹿と戯れお土産を買って、思い思いの時間を過ごしました。

 自由行動の後はバスで今夜の宿へ。温かいおもてなしと美味しい義経鍋でみんなにこにこのまま就寝です。
 明日はいよいよ明日香村のコース別見学となります。どうか雨があがりますように……。

5年 初めてのお裁縫



 5年生になり、初めて学ぶ家庭科。まずは4月に塩むすびを作りました。とたんに、全員家庭科のとりこです。
 今は、ピッカピカの裁縫道具を手に、自分のネームプレートを作っています。好きな形に切ったフェルトに、なみ縫いや返し縫いを使って名前を縫い上げます。集中して縫う中、少し難しかったり、玉止めがうまくいかなかったりした時には、友達と「ねえねえ、ここどうしたらいいの?」「そこはね…」とやり取りする、ほほえましい光景がいたるところでみられます。
 先日は参観日でもお裁縫を見ていただきました。初めて針仕事をする子どもたちを見た保護者の方の目は、みなさん細くなっていました。
 今後は、聖書カバーなどの実用性ある作品を作っていく予定です。

6年 奈良宿泊二日目 朝



 二日目の朝を迎えました。
 5時起床で身支度を整え集合。みんな眠そうにしていたものの、さすが6年生です、時間通りに集まることが出来ました。
 そのまま本堂へ向かいます。本堂では、まず子どもたちが毘沙門様に歌を捧げます。朝の澄んだ空気の中、本堂に響くアヴェ・マリアはとても美しかったです。



 その後、宿坊でお世話になっているお坊さんたちから祈祷を授けていただきました。初めての大般若祈祷に圧倒されました。経典の転読に目を丸くした子どもたちでしたが、転読で風をおこし、経典のパワーをわたしたちに送ってくださっているのだそうです。
 本堂の中を見学させていただいた後、戒壇めぐりをしました。



 最後に校歌を斉唱してから山を下り、待ちに待った朝食です。みんなと食べるご飯がおいしくて、今朝もいっぱいおかわりをしていました。
 これから、宿坊のお掃除をして二日目の見学場所へ移動です。病人ゼロ、みんな元気です!

6年 奈良宿泊一日目



6年宿泊活動一日目、全員出席で元気よく出発しました。



 昼食後、平城宮跡の見学です。
 日射しはきつかったですが、爽やかな風が吹く中、朱雀門から広い広い平城宮跡に足を踏み入れました。『こんなに広い所、昔の人はよく歩いたねぇ』と感心しながら、一生懸命歩きました。
 見学コースの中では、百人以上の人が乗るには狭い遣唐使船、四隻のうち半分は台風で沈むという話や、平城宮跡資料館で知った貴族の暮らしぶり・食事の豪華さに驚きました。



 午後の見学が終わり、今夜の宿である信貴山千手院に到着しました。ほとんどの子が初めて足を踏み入れる宿坊では、大部屋の広さに大興奮。
 美味しいお食事の後は、こちらもほぼ全員が初体験となる座禅です。背筋を伸ばし目を瞑り、静けさと心地よい緊張感を味わいました。



 その後、山頂にある本堂まで上り奈良の夜景を楽しみました。まだまだ元気いっぱいの6年生ですが、今夜はこれで就寝となります。明日に備えて、大きな部屋でみんな一緒に『おやすみなさい!!』。

4年 学年ミサ



 カリタス小学校では、クリスマスや年度末に全校揃ってのミサが開かれますが、そのほかにも、学年単位でミサが開かれます。今日は、4年生が『学年ミサ』を学園聖堂で捧げました。
 全校ミサでもそうですが、学年ミサは、それ以上に子どもたちが自分たちで役割分担しミサをつくりあげていきます。神父様のお手伝いをする侍者、式を進める先唱、聖書の朗読をしたり、お祈りを唱えたり。式の中で歌う聖歌の伴奏も、子どもたちが頑張りました。オルガンを弾いたり、バイオリンを持ってきて演奏をしてくれた子もいます。
 ミサを進めてくださったのは、百合ヶ丘教会の鈴木神父様。いつも楽しいお話をしてくださいます。初めて学年ミサを経験した4年生には「ミサってね…」と、ミサの意味やお祈りの大切さを教えてくださいました。
 保護者の方も、多くの方が一緒に参加してくださいました。
 学園講堂で、4年生みんなで素敵なミサに与ることができました。

5年 社会科見学




2015.6.10(水)
 梅雨の晴れ間をぬって、JFE東日本製鉄所京浜地区と日産追浜工場に行ってきました。製鉄所では、真っ赤な銑鉄がスラブ(厚さ25cmの鉄板)になり、それが圧延されていく様子を間近で見ました。まさに目の前で鉄ができていく迫力は、「おぉぉぉ!」とつい叫んでしまいそうなほどでした。日産追浜工場では、リーフ、ジューク、シルフィ、キューブの生産ラインを見ました。目の前で組み立てられていく自動車に、みんな目が点。そのスピードや手際の良さ、働く人のための工夫が間近で見られました。教科書や資料集で学んだことを、実際に見ることは、この上ない学習です。きっと今日から、子どもたちの「鉄」を見る目、「自動車」を見る目が変わっているはずです。