1年 交通安全教室



交通安全教室
多摩警察署の警察官、区役所の方、交通指導員の方が来校してくださり、1年生を対象とした交通安全教室が行われました。道路の歩き方、横断の仕方、また、道路で想定される危険なことを、ペープサートや実演を通して教えてもらいました。横断歩道では、信号が青になったからといって安全ではないことも教えてもらいました。お話やDVDで学習した後、横断歩道や見え辛い曲がり角を作った体育館で、一人ひとりが必ず自分の目で安全を確認することを実践しました。
今日の下校の時に、徒歩児童の横断歩道の渡り方を見ていました。昨日までは先生や警備員さんの合図で、前の人について横断していました。しかし、今日は習った通りに一人ひとりが立ち止まって、右・左・そして右と、きちんと目視して手を上げて渡っていました。 これからいろいろな学習をしていきますが、こんな風に学びを日々の生活に生かしてほしいと思いました。

1年 初めての大縄



2015/04/10 初めての大縄

毎週金曜日の全校朝礼は外でします。まずは、カリタス体操をして全身をほぐします。1年生は、ペアの6年生と手をつないで並びます。だから、校庭いっぱいに体操の隊形に広がるときも戻るときもペアのお姉さんお兄さんが一緒だから安心、そして、何だか嬉しい気分。
体操の後に、お祈りをします。金曜日のお祈りはコパンの上級生が一生懸命考えた祈りの言葉です。自分の生活を振り返り唱える言葉の一つひとつに、その子の想いがこもっていて、とても素敵な時間となっています。
そして、朝礼の終わりには、クラスごと大繩の記録に挑戦します。各クラス一丸となって、自分のクラスの記録を作っていきます。時間は3分、昨年度は400回を超えたクラスもありました。3分間で400回を跳ぶ縄の速さは圧巻でした。
さて、1年生は初めてなので、どんな感じか、ペアクラスの6年生を見学しました。一生懸命跳ぶ6年生を見て、思わず立ち上がって「がんばって!」と声が・・・。縄を跳ぶ6年生と気持ちが一つになった瞬間でした。
そのあと、「1年生も跳んでみる?」と声をかけてもらい、大繩を体験しました。大きく回る縄を怖がってしまうかと心配しましたが、果敢に縄の中に走っていく姿に、「すごい!」と6年生。来週からの大繩が楽しみです。

1年 学校生活開始



2015/04/09 学校生活開始
 今日は快晴!登校すると、早速校庭に出て元気よく遊ぶ姿が見られました。 
    カリタス小学校には、朝読書の時間があります。1年生は、学校の朝でのリズムができるまで、担任の先生が読み聞かせをします。昨日、各教室に子どもたちの様子を見に行きましたが、先生の声に耳をすまし、とても楽しそうにしていました。毎日、読むことで本に親しみを持ち、読書好きな子に育ってほしいと思っています。慣れてきたら、自分の好きな本を持ってきたり、図書室で借りた本を読んだりするようになります。
 読書の後は、黙想。3分間、全校児童・教職員がともに心を静め神様と向かい合う時間です。今日も共に祈り、カリタス小学校の一日がスタートしました。

 さて、授業です。久しぶりの青空がとても気持ちが良いので、校舎の周りを歩いてみました。池ではオタマジャクシを見つけました。竹藪では、竹の子発見に大喜び!
 「梨の木に梨がなっていなーい!」
 「ヤギや羊はどこに行ったの?」
 「池にお魚いるかな?」
 「小さな竹の子かわいい!大きな竹はツルツル-!」
校舎の周りを歩いただけでも、いろいろなことに興味津々。「なぜ?」がいっぱいでした。

 これから、みんなと一緒に楽しい学びをたくさんして、竹のようにぐんぐん伸びていこうね。

新入生を迎える会



 始業式終了後 コパン主催の新入生を迎える会が行われました。今年度は、1年生の他に転入生2名を迎えてのスタートとなりました。コパンが準備したカリタス小学校のクイズや、先生紹介に1年生も楽しく答えていました。そして、ペアの6年生からメダルのプレゼント。全校児童が元気よく「みんな大すき」を大合唱する中、花のアーチの中を仲良く手をつないで退場しました。体育館が笑顔いっぱいになったひとときでした。教室に戻ると、6年生からのメッセージの書かれたメダルを嬉しそうに見せてくれました。きっと、お家でも、メダルと共に自分のペアの6年生について話していることと思います。

始業式



 登校初日は本降りの雨。大きな荷物と慣れない制服に傘を持って、一生懸命学校に来ました。満員電車も大変だったことでしょう。学校に到着すると、六年生が待っていて、傘を置く場所を教えてくれたり、荷物の片付けを手伝ってくれたりしたので、みんなとても落ち着いていました。
 入学式でもよくお話を聞いていた1年生ですが、始業式でも落ち着いて、校長先生のお話を静かに聞くことができ、先生方が感心していました。
 これから、たくさんの「大すき」を見つけて、楽しい学校生活となるよう、全教職員が力を合わせて子どもたちの成長を支えて行きます。

6年 1年生のために



 今日は始業式ですが、昨日入学した1年生にとっては2日目の登校となります。6年生は朝早くから、1年生の教室に行き、朝の支度のお手伝い。その後は本を読んであげたりお散歩に付きあってあげたりしていました。1年生の教室に行くことは教師が依頼したことではなく、子ども達自身の行動です。「私のペアの子がまだ来ていない」と雨の中、昇降口でずっと待ち続ける6年生の姿を、担任の私達は嬉しい気持ちで見守りました。「いつでも どこでも だれにでも」優しさ、奉仕の気持ちで接していくことを決めた頼もしい6年生の姿を、今後もたくさんお伝えしていきたいと思います。

入学式



 今日は入学式でした。カリタス小学校に112名の元気でかわいい1年生が仲間入りしました。
 この日のために、3月から全校児童で1年生を迎える準備をしてきました。たくさんの桜紙でお花を作ったのは、新3年生、多目的ホールの桜の花は新4年生、教室の飾りつけは新5年生、多目的ホールの飾りつけや、教室等の準備は新6年生、そして新2年生は一日入学のときに自画像を描くお手伝いや歓迎の言葉の準備をしてくれました。また、新3年生は新4年生と一緒に校舎の周りにチューリップの球根を植えて育てていました。
 こうして、カリタス小学校のみんなで、心をかけて手間暇かけて飾り、新しく入る1年生を待っていました。
 今日は、雨でしたが、カリタス小学校にとっては最高の一日となりました。カリタスファミリーとして、共に歩んでいくことを心より喜んでいます。

創立時の先生が来校



 今日は3年生の教室に堀尾千代子先生がいらっしゃいました。
51年前、小学校創立の年、担任の先生として赴任され、この学校の土壌を築いてくださった先生です。先生は創立当時のエピソードをていねいに語ってくださいました。
そして昔も今も変わらないことにも言及されたのです。

 みんなの周りには目に見えない守護、そう神様がいること。
その神様に日々祈って自分お言葉を聴いていただくすばらしさがカリタスの子どもにはあること。祈りのある学校であることの幸せを感じてほしい・・・
開校当時からの制服に誇りをもって身にまとってほしいこと。

 この教えにこっくりと頷く子どもたちでした。
カリタスの歴史を肌で感じた40分間でした。