マリア祭



 爽やかな風と新緑が美しい5月は、マリアさまの月。
マリアさまの素直で優しく強い心にならおうと、毎年5月にマリア祭を行っています。今年度も、ESAアジア教育支援の会から辻さんをお招きし、支援している里子たちの現状について教えていただきました。
 インド・ダージリンにある紅茶農園に、私たちが支援している里子たちのグループがあります。その学校で親元を離れ、寮生活をしている7歳の女の子の話を聞きました。お話を聞いて子どもたちと考えたことは、「里子たちのために、募金以外でも何かできることはないか」ということです。

・ダージリンとゆうくににいる女の子がつらそうに生きているのをみてすごくしんぱいしました。マリアさま、わたしたち日本のにんげんたちにできることをさがしています。どうかわたしたちにできることをおさがしください。(1年)

・つじさんのお話を聞いて、私でも出来る事が分かりました。なので、私は今やっている事はもちろん、本をつくったり、里子達のお母さんが作った紅茶を買ったり駅などでやっている募金活動に協力をしたいです。そして、大人になったらインドなどに行き、直接支援をしたいです。(4年)

・私は今まで特に何も思わず、「募金の日だから」とお金を募金箱に入れていました。でもそれは、本当に支援しているのか、里子のために心を込めて募金しているのか。募金はしているけど他の生活態度は、里子たちを考えているのか…。そんなことが頭に巡りました。(6年)

 貧しさを次の世代に引き継がせないために、誰からも盗まれない、そしていくらでも分かち合うことのできる知識を教育によって得ることが、里子たちに一番必要なことです。私たちが当たり前のように得られている教育の機会が、いかに大切なものなのか、改めて考えさせられました。

高学年演技(運動会に向けて)



 高学年の演技は旗体操、組体操、そして大きなピラミッドという流れで行われています。毎年大きな感動を与えてくれる演技の一つです。高学年の子ども達は、旗体操はもちろん、グループで行う組体操、そして学年全員で作り上げるピラミッドにもこだわりを見せ、体育の時間以外にも朝、休み時間を使って練習を重ねています。現在ピラミッドは6段までは作れますが、その後がなかなか成功しません。土台になる子ども達はマットに汗や涙を落としながらも必死に皆を支えています。「成功させたい」という思いで頑張っている子ども達の思い、当日に繋がると信じています。

2年 徒競走(運動会に向けて)



 本校では、1年生~3年生は「徒競走」を行います。4年生~6年生は「3色対抗リレー」といって、学年全員がクラス毎の色でリレーを行います。
 低学年の徒競走練習は、どの子も大好きです。自分の順番が来るとスタートラインで「気をつけ!」をし、先生の「よ~い」という合図で位置に着きます。しかし、子ども達は一歩でも早くスタートを切ろうと、「気をつけ」の姿勢を忘れたり、ピストルの音の前にスタートをしようとしたり、必死さが良く伝わる種目と言えます。
 それなのに、1位で走ってきたのに、50m先のゴールテープの前まで来ると何故かスピードダウンをして、後ろを走っていた子に先にゴールをされてしまう場面が多々あります。
 さて、今年の低学年はどんな徒競走を見せてくれるでしょうか?
 どうぞ、運動会当日の子ども達の走りっぷりを楽しみにしていてください。

チーム応援練習(運動会に向けて)



今日から運動会特別時間割が始まり、どの学年も練習が本格的になってきました。初日の今日は、快晴。暑い中、みんな頑張っています。5時間目はチーム応援の練習です。応援合戦の練習に力が入ります。応援は、応援団員の人たちが中心になって替え歌や踊りを考えてくれました。応援団は、お弁当を食べる時間にも教室に行って、細かく応援を教えに来てくれます。練習を重ねるうちに1年生もどんどん大きな声が出てきていますが、本番にはどの色ももっと迫力が出ます。楽しみにしていてください!

リレー練習(運動会に向けて)



 運動会に向けて、休み時間にリレーの練習をする子どもの姿がよく見られるようになってきました。運動会のリレーは、4年生から6年生までがクラスを2色にわけて、全員が走ります。「2つに分けるにはどうしよう?」「順番はどうしようか?」などクラスみんなで意見を出し合って進めていきます。6色のチームが走るリレーは、運動会の一つの注目競技でもあります。
 どのクラスも本格的な練習が始まり、少しの休み時間でも子どもたちが自主的に校庭に集まってきます。担任の先生も子どもたちと一緒に作戦会議に参加します。練習を繰り返していくうちに、バトンパスがスムーズになり、タイムがみるみる縮まっています。本番までにどのくらい上達していくのか楽しみな毎日です。

第1回 男子保護者の会



 昨日、小学校に入学をされた1年生の男子保護者の方々を迎えて、今年度初めての「男子保護者の会」が開催されました。
 『第1回男子保護者の会』は、この春カリタス小学校を巣立った男子保護者の皆様方から話を伺うことが大きなねらいです。毎年、本校での6年間の学びや進学についての経験談(塾と学校の両立・進学校選択・受験日までの過ごし方)について具体的にお話をしていただいています。
 今回も7名の保護者の方が来校してくださり、受験というハードルを家族全員でどのように乗り越え、一つの結果を導いていったのかという大変貴重な7通りの体験談を聞かせていただきました。語りながら涙を流されたお母様、またその語りを聴きながら涙を拭われているお母様。それぞれ、同じ学舎に通わせている者同士だから、涙の意味が伝わるのでしょう。
 卒業生保護者の方の体験談の後は、6グループに分かれ卒業生の保護者の方にも加わっていただき、男の子の子育てや学校での過ごし方などについて分かち合いの時間をとりました。予定を大幅にオーバーしても、なおもグループでの話が尽きない男子保護者会となりました。

6年 3教科合同作品(運動会に向けて)



毎年6年生が運動会の時期に合わせて「オリジナルフラッグ」を図工の授業で作ります。今年は算数の「対称」をフラッグのデザインに生かすことを図工科と相談し進めていきました。残念ながらコンパスで描いた円や曲線を表すことができませんでしたが、「対称図形」という条件の下、フラッグを完成させました。フラッグ作りには家庭科も関わっています。紐付けや旗の縢り縫いは、家庭科の時間に行いました。図工、家庭科、算数が関わってのフラッグが、運動会当日、青空の下で輝くことでしょう。

1年 緊急時引き取り訓練



2015/05/07(木)
連休明けの7日、東海地震警戒宣言が発令されたという想定で、防災引き取り訓練を実施しました。
 児童は、朝礼中に強い地震と、それに伴い火災が発生したという想定で避難訓練をしました。今年度、避難訓練は2回目。1年生もタタメット(防災用折りたたみ式ヘルメット)を自分で組み立て、かぶり、落ち着いて避難できるようになっています。

避難訓練の後は、クラスで防災についての学習をしました。
  カリタス小学校には、緊急時の下校には地区別下校・クラス別下校・引き取りによる下校の3種類があります。地区別下校は、ある電車だけが動かなくなったときなど、クラス別下校は大雨などこれから天候の悪化が予想された場合です。そして、今日は大きな災害が起きると予測された場合、又、起きた場合に行われる、保護者の方に学校に迎えに来てもらう下校です。とても大切な訓練であることを1年生にわかりやすい言葉で伝えました。子どもたちは「もしもの時、こんな時どうする?」「何が大切?」ということを、真剣に想像し、意見を出していました。

 今日の帰り道、災害時帰宅支援ステーションを確認したり、公衆電話の位置を確認したりしながら、自宅まで歩いたご家庭もあります。
日頃から訓練を繰り返し、緊急時でも落ち着いて行動できる子どもが育つよう、これからも学校と保護者が協力していきたいと思います。

第2回チームミーティング(運動会)



2015/05/08(金)
5月8日の4時間目、運動会の3色に分かれて応援練習がありました。今日は、応援歌の練習や振り付けの練習を体育館・多目的ホール・校庭で行いました。今年の各組の合言葉は、赤組「ストロングレッズ」、白組「スマイルスノースパイラル」、青組「インフィニティードラゴン」です。どの色も応援団を中心に、1年生から6年生が一つにまとまってきています。来週には運動会の特別時間割が始まり、練習に力が入ってきます。今年はいったいどの色が優勝するのか…運動会当日が楽しみです。

第1回チームミーティング(運動会)



2015/05/01(金)
5月1日の4時間目、運動会の色ごとに分かれて今年初めてのチームミーティングがありました。応援団を中心に1年生から6年生までが合言葉や振付の練習をします。1年生は、初めてのチームの集まり。いつもの授業とは違う雰囲気にドキドキしていましたが、あっという間に慣れて大きな声で応援の練習をしていました。赤・白・青、どの色も優勝目指して走りだしました。