1年1組からのトピック


「だいすき〜いのちのかがやき〜」

 夏休み中、羊のあかりが栄養失調と脱水で40度の熱が出て倒れてしまいました。しばらく、福田牧場へあずかっていただき、2学期2週目にようやく学校に戻ってくることができました。早速、あかりの身体測定を行いました。前回の身体測定より2ヶ月以上経っているのに、たったの1kgしか増えていませんでした。「①十分な栄養をとらせる。②適度な運動をさせる。」という目標を決め、一生懸命にお世話してきました。なかなか散歩に行きたがらないあかりのために、「さんぽ応援ソング」も作りました。12月、2学期最後の身体測定をすると、3kgも体重が増えていました。他の羊たちとくらべるとまだまだ小さいですが、すっかり元気を取り戻しました。一つ心配は、夏に体調不良を起こしたことにより、秋から脱毛が始まったことです。今は体の後ろ半分の毛が抜け落ちてしまいました。でも下から新しい毛も生えています!3学期も、あかりちゃんの健康を気づかいながら、お世話を続けます。

1年1組からのトピック


「だいすき〜いのちのかがやき〜」

 6月中旬、いよいよ子羊がやってきました。1組はちょっとグレーがかった毛の子羊です。子どもたちとは実はこれが初めての対面ではありません。4月の移動動物園で一度会っていた子です。「きらきらかがやいてほしい」との願いを込めて「あかり」と名付けました。3週間近くたったころ、「あかりちゃんが大きくなっている」との子どもの日記から、あかりの身体測定を行うことにしました。子どもの調べから、「羊には体長と体高があること」、「前足と後ろ足用に体重計を2つ用意して、足せば体重が出ること」を知りました。実際にはかってみると、自分たちの体重より重そう!との子どもたちの予想に反して、「体重15kg、体長70cm、体高50cm、腹囲80cm」と意外に小さいあかりちゃんでした。あかりちゃんの名に込められた「かがやき」、そしてそんなあかりちゃんの命を慈しんで関わる「子どもたちのいのちもかがやいている」ということから、サブタイトルを「いのちのかがやき」としました。

1年1組からのトピック


「だいすき、いっぱい!」

 「そうごうって、なに?」入学したばかりの4月。「一年生の総合では、たくさんの『いのち』にふれて、自分の体と頭と心を思い切り使ってお勉強するんだよ」とお話しました。そうです!一年生の総合はまさに「命と命の触れ合い」の連続です。4月の移動動物園では動物たちと触れ合い、5月の多摩川探検では沼で生き物をさがし、花摘みをし、竹の子を収穫しました。これからも毎月多摩川へ探検に出掛けます。四季折々の多摩川で「自然遊びの名人になろう!」と目標をかかげました。また、5月にスタートした学校探検も6月15日で終わります。なんと45人もの先生との出会いを経験し、シールを集めた人もいます。花壇ではヒマワリが、畑ではサツマイモがすくすく育っています。今週はいよいよ学校に羊たちがやってきて、子どもたちと羊たちの生活が始まります!これから、どんな『いのちの物語』が紡がれていくのか、楽しみです。