5年2組からのトピック


「うちわ」

 6月末の金曜日、とうとう5年2組の総合のテーマが決定しました。7つもあった候補を順に絞っていき、残ったテーマは「食品サンプル」と「うちわ」。“研究しがいのあるテーマがいい”というこだわりと、“形に残るものを作りたい”という願いが合わさり、残った2つでした。
 様々な意見が出た中、決め手となったのは実際の作成現場を映した動画。食品サンプルとうちわ、どちらもプロの職人がその腕をふるって作品づくりを伝える手仕事です。それぞれの魅力を語るのに、実際の職人の姿に勝るものはないことを、改めて知ることができました。特に注目が集まったのは、うちわ職人の見事な手さばき。竹を割り、何本にも切り込みを入れて割いた部分を手でバッと広げて骨を作る動き、広げた骨をスルスルと糸で編み固めていく動きに「すごい!」「かっこいい!」「気持ち良さそう〜」と、教室のあちらこちらから歓声が挙がっていました。
 その後再び意見交換を行い投票した末、14対23という票差で、5年2組の総合テーマは「うちわ」に決定しました。柄や骨を竹で作るところから、貼る和紙を作るところから自分達で作り、うちわを仕上げることが目標です。また、蚕をうちわの骨に這わせて「シルクうちわ」を作ることにも挑戦していきたいと話しています。
 テーマ決定後、まずはうちわの構造を知ろうということで、各々持ち寄ったうちわを観察する時間を取りました。「骨は29本あった!」「大きさによって、本数が違うのかも」「骨なしうちわもあるよ」「柄が丸いのと、平たいのがあるみたい」発見が、好奇心を高めます。2学期からの製作に向けて、竹の種類や調達方法、うちわや和紙の作り方など…調べなくてはならないことはまだまだ山のよう。手を使い、足を使い、研究と準備を進めていきます。

5年2組からのトピック


「未定」

 クラス替えを経て、新しい仲間と集った5年2組。総合の時間になると「待ってました!」とばかりに目を輝かせる人が大勢いて、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。きっと、今までの総合の中で、楽しい思い出や達成感をたくさん得てきたからでしょう。
 いくつか挙がっているテーマをしぼっていくために“どんな”テーマがいいかをみんなで考えました。すると「研究しがいのあるテーマがいい」「達成感の得られるテーマだといいよね」「自然のものを取り入れられるテーマが良かったよ」など、多くの意見が出てきました。それぞれ理由を求めると、「4年生の総合でも…」「私が前にやったテーマでは…」と、誰もが経験を元に話し出します。“善し悪し”を見極める目が、総合のテーマという点においても育ってきていることを感じました。
 5年2組で現在挙がっているテーマは7つ。こんにゃく、石けん、染め物、香り、うちわ、食品サンプル、蚕で生糸。何かを”作る”テーマが多いようです。今は、詳しく調べた資料や実際に作ったものを持ち寄り、互いのテーマをアピールしているところです。
 また「蚕で生糸」については、ちょうど蚕の幼虫を手に入れた理科の先生がいらっしゃり、幼虫を分けてもらうことができました。教室の片隅で、飼育を始めています。初めは「気持ち悪いよ〜」と話していた子の中でも、見ているうちに徐々に慣れてきた、という子が増えてきました。繭をつくり、さなぎになり、羽化して交尾をして早速卵を産む蚕たち。元々の種類なのか、どの蚕も体が小さく、一般的なサイズまで育つ前に、繭を作り始めてしまいました。産んだ卵からふ化する場面を見届けたい、もう一度幼虫の姿の蚕に会いたい…といった声も挙がっています。
 何はともあれ、テーマを早く決めて活動に入りたい、でも、みんなで納得してテーマを決めたい、という気持ちはクラスで一致しています。各テーマの良さや難点をさらに具体的に話し合い、テーマ決定に向けてペースアップしていきます。