カリタス小学校
カリタス学園
3年1組

年3組からのトピック

■年間のテーマ
「万華鏡の世界」

 1学期のはじめ、話し合いでよく出ていた言葉はこうでした。「学習発表会で~したい」
しかし、1学期と2学期で、その言葉は封印してきました。“まずは自分が”楽しもう、自分で楽しんで追究すれば、絶対に伝えたいことは生まれてくる、と感じていたからです。

 迎えた3学期。どうやらそれは、正しかったようです。むしろ、伝えたいことが膨らむ、膨らむ。1月、学習発表会で伝えたいことを考え始めます。カリタス小学校全体の目標は「伝えよう、学び合おう、みんなのあゆみ」。どのように『万華鏡の世界』を伝えよう?

まずは『これまで3度にわたって作ってきた万華鏡の紹介』です。
身の回りにあるものを使って、材料集めからはじめる万華鏡作りは「自分たちで手作り感溢れる万華鏡を作ろう」を合言葉に、励んできました。
“お客さんに”実際に手に取って、《見て》想像して感じてもらうことができます。「この万華鏡は…」とお客さんへの説明も行いました。一年間という時間をかけて自分たちで作ってきたわけですから、自然と詳しく説明ができました。

想像してもらうだけでなく、“自分たちが”感じたことも伝えようと、
『デジタル万華鏡』です。
映像を流し、言葉を添えて、動作も入れて、伝えます。つまり、《聴いて+見て》感じてもらうことができるのです。
写真は、カリタス小学校の宗教室でお祈りをする場面。銀色に神々しく輝く万華鏡から“あの場所”をイメージしたのでした。
載せきれませんが、万華鏡のことを「説明文」に書き表したりもしました。

《様々な面を持つこと》が、万華鏡の魅力でした。『万華鏡』は、面白い教材です。
作業は“個人”で進んでいきます。しかし、友達の工夫・失敗から学んでいきました。それを自らにも取り入れ、生かしていきました。

学習発表会の後は、材料集め等を通してこれまでお世話になったお家の方へ向けて、手作り感たっぷりに、心を込めて、万華鏡を作って、活動を終えました。
「お母さんの好きな色を入れたよ」「筒に“ありがとう”って書いたよ」
等、笑顔いっぱいに終えました。

以前の内容>

イメージ1

イメージ1

イメージ1