校長挨拶

本文

校長挨拶

カリタス小学校校長

内藤 貞子

Naito Teiko

1953年にカナダのケベック・カリタス修道女会の3人のシスターが来日し、1961年には中学校・高等学校を開設、以後、幼稚園、小学校、短期大学をもつ、川崎市内唯一のカトリック校として発展してきました。

本学園はカトリック教育の理念に基づき、人間の成長段階にそった、総合的で体系的な教育を行っています。そして、「神を信頼し、人のためにつくす普遍的な愛をもった人間」への育成をめざします。

特に人間性の基礎づくりにあたる小学校時代には、神と人々に愛されている子どもらしく生きることを、学校生活のあらゆる機会を通じて学び、明るく生き生きとしている子どもたちの毎日の祈りの中に、その思いが表れています。

ブログ「カリタスの日々」

「学校だより」校長のことば