カリタス小学校
カリタス学園
3年3組
3年3組からのトピック

■年間のテーマ
「お茶チャの茶チャチャ♪」

 
3学期の初め、学習発表会に向けて動きだそうとしていた3組のもとに、浅見さんが学習発表会に来てくださる、という知らせが届きました。「来てくれるお客様をおもてなししたいね」と張り切っていた子どもたちの顔は、いっそう輝きました。「抹茶を点ててお出ししたい!」「煎茶を淹れて出そう!」短い準備期間の中、練習を重ねました。
 学習発表会当日、保護者の皆様を初め、3年3組の教室には大勢のお客様が足を運んでくださいました。説明をしたり、お茶を出したり、忙しそうに働く子どもたち。その目は始終、やる気に満ちあふれていました。「私は笑顔を大切にします。なぜなら、笑顔でお茶を出せばお客さんも笑顔になると思うからです」発表会に向けた目標として、ある子が振り返りに書いていた言葉です。自分たちが“楽しむ・喜ぶ”ことだけでなく、周りの人を“楽しませる・喜ばせる”ことに心が向かう姿には、一年間の大きな成長が感じられました。
 総合のテーマとなるまで、クラスの中にはあまり「お茶」になじみのない子もたくさんいました。しかしこの一年間を通して、まさしく五感全てを使い、子どもたちは改めてお茶に「出会う」経験をしました。お茶の葉に触れ、その豊かな香りに包まれる。急須から注がれる音に耳を傾け、茶碗の中の美しい色を目で愉しむ。そしてその苦味も、甘味も、旨味も、全て感謝とともに味わう。子どもたちの書いた詩や俳句・短歌には、それぞれのお茶との出会いが、生き生きとした言葉とともに綴られていました。
 3年3組の総合は、お茶との出会い、浅見さんご夫婦や堀川さんとの出会い、自分たちのお茶を美味しいと言って飲んでくださる方々との出会い…いつも、数々の「出会い」とともにありました。出会いを大切にすること、それに感謝する気持ちが、この一年での大きな成長です。日本の伝統文化「お茶」は、きっとこれからも、3年3組の子どもたちの心の癒やしとなっていくことと思います。

以前の内容>
イメージ1

イメージ1

イメージ1