カリタス小学校
カリタス学園
3年1組

年1組からのトピック

■年間のテーマ
「人と出逢う… 自分と出逢う…」

 球根からチューリップを育て、保育園の入園式に贈りたいと願った子どもたちは、結束して動き出しました。手作りのミニツリー(末簿一栗に飾りをつけたもの)を保護者の皆さんに販売し、球根や植木鉢の代金を生み出しました。
 年が明け、子どもたちは雨の日も雪の日も登校時に植木鉢の前に座り込み、土の中の小さな命に声をかけ続けました。芽が出る間での期間は真冬だったので、「チューリップを温めよう」と手製のカバーで覆いました。
 そんな中、卒園を控えた園児さん達が2度にわたって来校しました。
卒園の作品の等身大パネルを共に制作し、小さな手を重ね合いながら完成。
その作品は卒園式の日の園舎に、廊下に吊されました。
巣立ちを共に祝う風土は、両者の距離が縮まっていた証です。
代表の児童が卒園式にも列席し、子どもたちは人と交わる一年間を駆け抜けました。

 お年寄りや園児さんと出逢うことで、自分の命が誰かのために生かされていたこと、と同時に、周囲の方々に生かされていることに気づくことができた一年でした。

以前の内容>

イメージ

イメージ

イメージ