カリタス小学校
カリタス学園
3年1組

年1組からのトピック

■年間のテーマ
「ペーパーブリッジ」

 いろいろな形の橋のミニチュアをみんなで作ってみて話し合った結果、強いトラス構造のけた橋と柱がなくてもかけられるアーチ橋をかけることに決めました。けた橋の柱や階段には六角石を、その中に詰める重りや隙間を埋めるためには新聞紙から紙粘土を作ることにしました。

しかし…
材料の紙パックが足りない! アーチのブロックの大きさが決まらない! 池と同じ広さにブルーシートをつなぎ合わせてみたところ、そもそもこんなに大きな橋が作れるのか不安になる…
と、前途多難な毎日でした。

チームにわかれて作業が始まってからも、気持ちや意見がすれ違ってケンカになってしまったり、思うように進まなくてイライラしたり、グループ同士でうまく連携がとれずにもめてしまったり… と困難の連続でした。

2月に入ってもなかなか形が見えず、本当に完成させることができるのか、心配のつきない日々が続きました。
それでも、みんなで話し合いを重ね、粘り強く作業に没頭し、学習発表会の日の4日前に完成しました!!

学習発表会では、けた橋にもアーチ橋にもみなさんに渡ってもらうことができ、校長先生も渡ってくださいました。
ご来場くださったみなさんの笑顔に、またみんなで喜びを感じることができました。

教室で完成をみたペーパーブリッジ、次はいよいよ池に架けることに。
まず教室から運び出すのが大騒動。
お祭りのような勢いで担ぎ出し、けた橋はなんとか設置に成功しました。
しかしアーチ橋は、とちゅうでまっぷたつに!!
大急ぎで補修して池に設置したものの、子どもたちの大きな不安は消えません。
そこで、まずは担任が渡ってみました。
耳をふさぎながら、息をのみながら、みんなが見守るなか、一歩一歩と上っていきます。
多少ぐらつくことはありましたが、さすがみんなの作ったペーパーブリッジ、77kgの担任教諭でもしっかり渡りきることができました。
またも感動の涙!涙!!

この一年の間、決して順風満帆ではありませんでした。
しかし、例え困難な状況に陥ってしまっても、決してあきらめず、みんなで協力してがんばることで乗り越えて、ペーパーブリッジを完成させることができました。
最後まで担任は「口は出しても手は出さない」方針でした。
そんななかで自分たちでやり遂げた子どもたちの姿、感動しました。

ご協力、応援、ご心配くださった保護者のみなさん、材料集めに協力してくださった全校のみなさん、先生方、本当にありがとうございました。


以前の内容>

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ