カリタス小学校
カリタス学園
3年1組
年3組からのトピック

■年間のテーマ
「作ろう! 泊まろう! ゲル ゲル ゲル!」

 3学期は、屋根用のフェルトと増設する分の骨組みと屋根を早くなんとかしなくては…ということからスタートしました。まずはカードをかけた羊毛をたくさん用意するために、うんちちょっきん→洗い→ほぐし→カードかけまでの仕事を集中的にやりました。そして、畳一畳くらいのフェルト作りにはもっと長時間こすったり転がしたりする必要があることがわかって、休日作業をしたり、2日にわたっていろいろな方法でフェルト化したりしました。雪がちらつくような寒い中、洗いやフェルトを作る作業をするのは本当につらかったです。手や足を真っ赤にしながら頑張って…あまりの寒さにお湯を入れたたらいで暖まりつつやることもありました。
 骨組みは、骨組み精鋭チームを結成。写真を見ながら組み方を完璧にマスターし、4〜5人でこつこつ進めていきました。几帳面な子どもたちは、昨年作った骨組みの間違っている部分まで完璧にやり直してくれました。
 天窓と壁をつなぐ棒は…隣のクラスの友だちに交渉して、竹をいただくことになりました。骨組みを一組増設したゲルは円周が15メートルくらい…そこから計算して竹の長さを決め、切って穴を空けて、ひもを通しました。
 学習発表会前日までフェルト作りは続き…教室ではいよいよゲルの組み立てを始めました。屋根の勾配を計算に入れていなかったので、竹が少し短くて何度もみんなの頭の上に落っこちてきて、なかなか組み立てることができませんでした。メジャーをまいて円周を調整して…やっとのことで壁と屋根ができあがりました。そこにフェルトを巻いていき…ついにゲルが完成しました!!!
 学習発表会では、今まで二年間の取り組みを説明したり、フェルトのコースター作り体験をしたり、洗ってカードかけをした羊毛の販売をしたりしました。私たちのゲルに入って下さったお客さんが「あったかくて、なんだか落ち着く」とゆったり座ったり、寝転んだりしてくださったこと、コースター作りを体験して下さった方から「畳半畳とか一畳分のフェルトを作るなんて大変だったでしょう…こんなにたくさん」と私たちの苦労を分かって下さったことが嬉しかったです。
 学習発表会後には、いよいよ念願のゲル宿泊!!幼稚園の園庭に建てさせて頂いたゲルに37+1名できつきつに折り重なるようにして宿泊しました。ゲルの中はほかほかあったかかったです。みんなで作った晩ご飯のカレーや朝ご飯のおにぎりとお味噌汁、おやつ用に作ったバームクーヘンがおいしくて…たくさん食べました。泊まった次の日には、3時間授業をした後は、調理実習としてモンゴルの小籠包のようなボーズと水餃子入りスープを作ってお昼ご飯にしました。楽しかったです。
 活動のまとめとして、最後に余っていた羊毛を使って、1人一枚渾身のフェルト座布団作りをしました。自分なりの技を駆使して…神フェルトが続々出来上がりました。
 あちこちから集めたうんちだらけの羊毛から自分たちの力で完成させたゲルに本当に泊まることができるなんて…夢のようでした。どんなに地道でツライ作業も、このクラスの友だちとなら頑張れる!コツコツ積み重ねたらすごいものが作れる!ということをみんなで実感することができました。頑張って続けてきて本当に良かったです。
「作ったよ! 泊まったよ! ゲル ゲル ゲル」になりました 。

以前の内容>
イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ