園長挨拶

本文

園長挨拶

カリタス幼稚園園長

菅原 けい子

Keiko Sugahara

今年度より園長に再就任しました。8年ぶりのカリタス幼稚園での奉職に、戸惑いと同時に使命の重大さを実感しています。
カリタス幼稚園は平成17年度モンテッソーリ園として新たに出発し、今年は12年目を迎えます。試行錯誤しながら、教職員一丸となって準備を進めたことを懐かしく思い出します。
今、幼稚園の役割は大きく変化しています。様々なニーズに応えるべく、様変わりしていくことに戸惑いを感じざるを得ません。しかし、“一人ひとりが、かけがえのない存在”である子どもたちを大切に育むカリタス学園のミッションはゆるぎないものです。形が変わっても創立当初から流れるカリタスの精神を大切に守っていかなければなりません。

就任するに当たり3つの重点目標をかかげ大事にしていきたいと思います。

愛の中で自由に大きく

キリスト教ミッションスクールであるカリタス学園は「カリタス」“愛”を核とする営みを続けています。一人ひとりが神さまからの賜物であることの大切さを心にとめ、個に出会い個に寄り添う園でありたいと願っています。広い園庭で自由に遊び、たくさんの人たちと出会う中で大きく成長していく姿を描いています。

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育は子どもの知的好奇心、内的欲求に応え、一人ひとりの成長を手助けする教育です。幼児期の個による特性を大事にし、自ら伸びる力を援助します。11年を振り返り、モンテッソーリ教育をもう一度見直す時期となりました。モンテッソーリ顧問を迎え、更なる研鑽を積み、新しい発見と成長の1年としていきます。

預かり保育

社会と様々な家庭のニーズに応えるために早朝7時30分から夕方6時30分までの預かり保育を始めました。幼稚園という教育現場の中で、子どもたちの生活を支える場でもあります。お友達と思いっきり遊べる時間を確保するとともに、働くお母様が安心してお子様を預けられるよう、生活の場として健康的で安全に過ごせる環境を整えてまいります。

園便り