入園に関する q&a

本文

入園に関する Q&A

Q1 縦割りクラスのよさを教えてください。

縦割りクラスでは、年長児が年少児のお世話をごく自然にする姿が見受けられます。
新入園児は、不安な気持いっぱいで入園してきますが、年長児から優しく接してもらうことによって、安心して園生活に馴染んでいきます。このようにお世話をしてもらった子どもたちにとって年長児は憧れの存在となり、いつか自分たちも年長さんのようになり、新しく入ってくる友だちのお世話をしたい、人のために役立ちたいという心が育っていきます。

Q2 横割り保育がどうして必要なのですか。

カリタス幼稚園では、1クラスに年長児・年中児・年少児が共に過ごす縦割り保育を取り入れています。縦割りで過ごしていると、自然と年長の者が年下の者に手を貸し、お世話します。年下の者は、無理なく安心して幼稚園生活を始めることができます。しかし、同年齢の横割りで過ごすと、発達段階が同じなので、友だちと同じものが欲しくなったり、順番を譲れなかったり、自分の主張を押し通そうとしたりします。カリタス幼稚園ではこの体験が幼児期にはとても大切だと考えています。友達とぶつかり嫌な思いや悲しい思いをした時に、保育者の適切なアドバイスを聞き、自分たちで解決する方法を知り、経験を重ねることで、自分と、そして相手とどう折り合いをつけていったらよいかを学んでいきます。これは、これから社会の中で生きていく上でとても大切な力となります。

Q3 クラス替えは、ありますか?

より多くの友だちや教師と関わり、ふれあう機会を増やすために、クラス替えをしています。子ども達は、新しい環境にすぐに慣れ、友だちが増えたことを喜んでいます。クラス替えを心配する保護者の声もありますが、子ども達は順応し何も心配することはありません。保護者にとっても、交流の輪が広がります。

Q4 縦割考査の時、早生まれについて何か配慮はありますか?

同じ考査内容ですが、月齢を配慮したグループで考査をします。