カリタス学園同窓会は 学園との絆を密にし 会員が相集うことによって
キリストの「お互いに愛し合いなさい」と言う教えに基づいて
学園の愛の精神を示し広め合うことを目的に結成された会です

★〜会員専用ページに入るには〜  会報chariteに同封されていたピンク色の紙をご覧下さい。ログインするためのIDとパスワードが印刷されています。会員専用ページをクリックして、ユーザー名欄にIDを入力し、パスワード欄にパスワードを入力してください。このIDとパスワードが見つからない方は、同窓会事務局にご連絡ください。また、同窓会員専用ページと、事務局のメールアドレスは会員でない方には開示しないでください。

 

齋藤理事長先生より同窓会へのお手紙をいただきました。全文を載せます。

 

同窓生の皆様

 このたびは、5月28日の事件に関連してたくさんのご寄付を賜り、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。皆様が学園に寄せてくださったこの浄財は、今回の事件でかさむ対策費の一部として、大切に使わせていただきます。お一人お一人にお礼を申し上げることはできませんが、この場をお借りして、私どもの衷心からの感謝の気持ちをお伝えできればと存じます。 今回の事件をめぐっては、これまでも同窓生の皆様から数えきれないほどの励ましの言葉を掛けていただき、また深い祈りによって支えていただきました。また、事件現場に手向けられた多くの献花や供物を整えたり、学園の祭壇を美しく設えたりすることにも、多くの同窓生が自発的に参加してくださいました。さらに、6月29日の追悼ミサにもたくさんの同窓生が参列してくださり、祈りをともにしてくださいました。こうした精神的あるいは実際的なサポートが、私どもにとってどれほど大きな慰めや具体的な助けとなったかについては、簡単に言い表すことができません。しかし、人生の土台が築かれる若い時代をカリタス学園で過ごし、「カリタスの心」を身に着けてくださった皆様が、このように今も学園のことを想い、学園と心を一つにしてくださることは本当にありがたく、心強く、そして誇りにも感じていることを、ぜひ知っていただけたらと願っております。

今回の出来事は、不条理な苦しみや社会の荒みに否応なく直面させられた大きな試練ですが、皆様がともに歩んでくださることを忘れず、これからも希望をもって進んでまいりたいと存じます。以下は、先日、お世話になった外部の方々に差し上げた礼状の最後の部分ですが、同窓生の皆様にもお伝えしたい今の私どもの気持ちですので、転載いたします。ご一読いただければ幸いです。

二人の尊い命が失われ、多くの児童・保護者が傷ついた今回の出来事はあまりにも重く、私どもはこれからも長くこの痛みを背負い、その意味を問い続けていかなければなりません。しかし、慈しみ深い主が悲しむ者とともにいつも歩んでくださることを信じ、また(今回皆様が示してくださったように)私たちの内には悪への傾きを凌ぐ多くの善意があることを信じて、私たちはこれからまた新たな一歩を踏み出したいと思います。

厚かましいお願いではございますが、これからも祈りのうちにお支えいただけましたら大変ありがたく存じます。私どもも深い感謝とともに、皆様の上に神様の豊かなお恵みがありますよう、心よりお祈りいたしております。

最後になりましたが、今回のことでも中心となって動いてくださった同窓会役員の皆様に特にお礼申し上げます。そして、同窓会のますますのご発展を改めて祈念いたします。

2019年8月2日 

カリタス学園理事長 齋藤哲郎

 

 

 

学園への寄付について報告

同窓生の皆さま、マルグリット基金への募金をありがとうございます。
個人単位の募金と、各期でまとめていただいた募金、皆さまのカリタスへの思いを学園へ届けることが出来まして、感謝しております。
幹事さまには尽力していただき、ありがとうございました。

7/23時点での全額を、学園法人本部に宛てに振込みました。
¥11,159,439です。
1100万円超の金額を、同窓生の皆さま、および関係者の皆さまより募金いただきましたことを理事長先生、事務局長に報告申し上げました。また、些少ですが、同窓会の基金からも寄付いたしました。
理事長先生からは皆さまへのコメントを寄せていただくと聞いております。

今後も小学校の登下校の安全対策や生徒、教職員の皆さんへのメンタルケアなど、懸案は山積みと察します。あらゆる事を想定して募金の必要性を感じております。

マルグリット基金の口座は、そのまま維持しますので、今後ともご支援をよろしくお願いいたします。

2019年7月25日

同窓会会長
林佳子

 

****

この度の事件を受けて、たくさんの同窓生の方から「寄付をしたい」という声をいただいています。それを受けて、同窓会では寄付のための口座を新たに開設いたしました。同窓生で寄付をご希望の方は、こちらの口座への振込みをよろしくお願いいたします。

【振込先】三菱UFJ銀行 登戸支店(店番号258)普通0706763

口座名:マルグリット基金 林佳子 (マルグリットキキン ハヤシケイコ)

・振込人名義は「卒業期+氏名」でよろしくお願いいたします。(小学校はS、中高はK、短大は英語科E、仏語科F、Lと何期の表記)

同窓生の皆さまから寄付していただいたお金はカリタス学園にお渡しし、その使途は学園側にお任せしたいと思います。なお、寄付された方に礼状をお送りすることはできません。また同窓会報にお名前を掲載することもできません。ご了承ください。

****

 

NEW! 会員専用ページ (8/4 更新)

幹事会(7/13 21時更新)

何かをしたい!祈りを捧げたい!(会員専用ページをご覧下さい)

 

****

会長として今考えること。

同窓会として何をすべきか。
ひとりの同窓生としてなら、献花をする、募金をする、はすぐに考えつきます。
では、16000人余りが所属する組織としては、何が出来るのか。

同窓会としての公式の活動は、
学園への募金を呼びかける、
同窓会として寄付する。

その他に
同窓生個人や、期からの
さまざまな意見を集約するには、時間が必要。
一方で、待った無しの事態には、迅速に動いて学園をサポートする。

今回の登戸新町の献花場所の整理は、誰かがすぐに動かなければならない事態でした。
今後は、新たな段階に入っていく中で
学園へのサポートも違う形、通常の学園生活を取り戻すなどのサポートをしていくことになるでしょう。

今後とも、学園の各学校と連絡を取り合い、先生方に協力していくので、皆さまの応援をどうぞよろしくお願い致します。

拙い文ですみませんが、ひとまずの状況を書かせていただきました。

同窓会
会長 林佳子(S8K19)

 

カリタス学園同窓会Twitter

カリタス学園同窓会「シャリテ」

〒214-0012 神奈川県川崎市多摩区中野島4-6-2
TEL 044-932-8135 FAX 044-932-8435