1年図工 何に見えるかな?(ストーンペイント)

図工では、1学期に多摩川探検で拾ってきた石を使って活動しました。
それぞれが選んで取ってきた石は、どれも形や大きさが違います。同じものは、一つもありません。まずは、石をよーく観察します。向きを変えてみると、人の顔に見えたり、乗り物に見えたりと、ワクワクが広がってきます。たくさんイメージをふくらませたら、色をつけていきます。どんどん本物に近づいて、「○○に見える-」と友だち同士で声を掛け合って、作品作りを楽しみました。おにぎりを作った人は、「おなかがすいてきたー」と、出来映えに喜んでいました。

1年生 ヒツジの名前が決まりました!

先日、1年生がお世話をしてきているヒツジの名前が決まりました。9月は、オンライン授業となり直接ヒツジたちに会えなくてさみしい思いをしていました。その中でも、総合の授業でみんなの案を出し合いながら、どんな名前がいいのか考えてきました。最初は、たくさんの名前が提案されていましたが、少しずつ候補がしぼれれていき、そしてついに・・・名前が決定!
ヒツジたちの名前とチャームポイントを紹介します。

1組 アンちゃん
フランス語で数字の1(un)を表しています。また、「安心して大きくなってほしい」という願いももめられた名前です。
特徴は、顔が白と黒のぶちになっています。黒い膝が、チャームポイントです。

2組 ラメちゃん
「ラメみたいにきらきらしてかわいくて、みんなをやさしいきもちにしてほしい」という願いからみんなで名付けました。
ぽつんと黒い鼻がチャームポイントです。

3組 ルンちゃん
♪ルンルン♪とした楽しい気持ちで毎日お散歩したり、お世話をしたりしたい!そしてルンちゃんにもルンルンした気持ちですごしてほしい!という思いが込められています。
もこもこのおしりがチャームポイントです。

1年生の大切な家族の一員です。学校で会ったら、ぜひ名前で呼んであげてください。

1年生 動物当番

9月から3頭のヒツジたちが学校に戻ってきました。夏休みの間に、小屋のとなりに広場が増え、昼間はここでのんびりしています。
1年生では、毎日動物のお世話のためにオンライン授業中も親子で学校に来てもらっています。「早く、当番の日が来ないかなー」とワクワクして待っていましたと話をしてくれる人がたくさんいます。保護者の方には、子どもたちと一緒に小屋のお掃除のやり方について覚えていただいています。
一晩ヒツジたちが過ごしたお部屋は、とても汚れています。ホウキとちりとりを上手に使って、きれいにします。床に敷いてあったすのこには、ウンチがくっついてなかなかきれいになりません。それでも、流しでブラシを使い力一杯ゴシゴシすると・・・きれいに落とせます。エサとお水を入れてあげたら、気持ちよく過ごせるお部屋の完成です。
小屋のお掃除が終わると、お散歩タイムです。校庭をのんびり歩いたり、雑草が生えているところではつまみ食いをしたりと、みんなで仲良く進んで行きます。
オンライン授業中でも学校で会えることを、子どもたちは心待ちにしています。