仏検5級合格証書授与

今年は6年生30名が秋季仏検5級に見事、合格しました。終業式に校長先生から合格証書を受け取りました。大学生や大人が受ける資格試験ですが、小学校のフランス語学習の集大成と考えて挑戦しました。3月末に実施されるDELF Prim A1に向けて、勉強を始めた子どもたちもいます。こうした資格試験を受ける受けないに関係なく、歌って口ずさんで楽しいから、書けて、話せて、使えてもっと学びたいにギアチェンジする時期になったようです。

英仏語スピーチ大会「おしゃべり横丁」

5・6年生全員が参加する恒例の「おしゃべり横丁」が、10名のゲストをお迎えして行われました。5年生は二人組で「Who am I ? Qui suis-je ?」クイズを、6年生は英仏語で「All about me. Salut ! C’est moi」を発表しました。5・6年生の保護者の方々にも参観していただきました。今年初めて6年生全員がPowerPointを使い、英仏語の二か国語でのスピーチを行いました。夏休みから準備を始めましたが、英仏語で作文し、ロイロノートに先生が入れた音をiPadで聞きながら練習を重ねました。当日は緊張しながらも、クイズもスピーチも発表できました。横浜日仏学院のPerson館長は「小学生が英仏語でスピーチするのは、とても珍しいこと。いろいろな言語に目を向ける良いきっかけになる」とおっしゃっていました。特別ゲストで来校されたジブチ大使館の参事官や、Hachette出版の山田さんからも「とても刺激的な会でした。小学生にあれだけのことができるとは!」とのコメントを頂戴しました。複言語教育を行うカリタス小学校らしい行事として、やっと形が整ってきました。また、体育館に全員集まっての第二部では、LFIT(フランス人学校)生の日英仏語スピーチのビデオを見たり、卒業生の菊田君(逗子開成高2)と中村先生の演奏を聞いた後、アンコールスピーチの発表もあり、充実した会となりました。

DELF合格証書授与式

3月末に実施されたDelf Prim 2019の合格者33名に、合格証書が授与されました。
横浜日仏学院院長ぺルソン氏と教務部長ドゥラヴネイ氏をお迎えし、中1の30名(海外転出などで3名欠席)が式に参加しました。面接練習を手伝って下さった稲葉先生や西村先生、Delf Prim 第一回の合格者でこの夏フランス留学中に見事C1に合格した上智大学の中村美里さんもお祝いに駆けつけて下さいました。合格者は笑顔で合格証書を受け取ると、さらに全員がフランス語で一言スピーチを披露しました。「小学校から複言語教育が実施されている日本でも珍しい学校で、着実に子どもたちがフランス語力を伸ばしているのを見て、素晴らしいことだと思う」と館長から祝辞を頂戴し、出席した保護者、元担任や外国語科教員、カリタス関係者全員で子どもたちの成功と成長を祝いました。