DELF Prim 2021 合格証書授与式

3月末に実施されたDELF Prim 2021の合格者(現中1)30名に、合格証書が授与されました。横浜日仏学院館長オランベルジェ氏の他、DELF土曜講座講師の稲葉先生(元カリタス短大)、西村先生(白百合女子大)もZoomで参加してくださいました。館長は祝辞の中で、「複言語教育を実践し、生徒の力を高いレベルまで育てているカリタス小学校」の実践を高く評価してくださいました。また、10年近くにわたりDELF指導をしてくださっている稲葉・西村両先生からは、「英語だけでなくフランス語を学ぶことでより世界が広がり、将来の可能性も広がる。DELFのおかげで話す・書くも含めてフランス語学習の第一関門を見事に通過できてよかった」とのメッセージをいただきました。合格者は、一人ずつ名前を呼ばれて、内藤校長から合格証書と西村先生からのプレゼントであるフランス語の絵本を渡されました。

仏検合格証書授与

11月15日(日)に本校を準会場として実施されたフランス語検定5級の結果が届きました。今年は、保護者6名を含む42名が合格しました。合格者は終業式で名前を呼ばれ、校長先生から合格証書とご褒美のフランス特製ノートを笑顔で受け取りました。次は、3月末のDelf Primへ向けて新たな挑戦が始まります。

6年生にLFIT生(フランス人学校)35名来校

12月からビデオやカード交換をしてきた板橋のLFIT(東京国際フランス学園)で日本語を学ぶ11~12歳の生徒35名が、カリタス小学校を訪れました。国籍も、フランスだけでなくカナダ、ベルギー、タイ、ガーナと様々。肌の色も、目の色も、髪の毛も色々。最初は戸惑っていましたが、英語・カルタ会・習字の授業を日本語・英語・フランス語で受け、体育館や校庭で遊ぶうちにすっかり仲良くなりました。多目的ホールでの交流会では、LFITが学校紹介を日本語で行い、「It’s a small world」を日英仏語で合唱しました。3月末には、6年生15名がLFITを訪問して、一日一緒に過ごします。