音楽鑑賞会「PAN NOTE MAGIC―スティール・パン―」

今日は音楽鑑賞会でした。
学園講堂に“PAN NOTE MAGIC”のみなさんをお迎えして「スティール・パン」の演奏を聞きました。スティール・パンは、カリブ海に浮かぶトリニダード・トバゴという国で生まれた、ドラム缶を加工して作られた民族楽器です。

明るく素敵な音色に南国の楽しいリズム、子どもたちは音楽にのって手拍子をしたり体を動かしたり、のりのりで聞いていました。「アンダーザシー」や「ジブリメドレー」など知っている曲も多く、喜んでいました。スティール・パンの歴史についての劇もとても興味深く見ていました。体験コーナーでは、代表の子がスティール・パンの演奏に挑戦しました。ドレミの場所を教えてもらいながら「きらきらぼし」を演奏しました。

<子どもの感想より>
♪あんな丸いドラム缶から作られている楽器からとてもきれいな音色が出てびっくりしました。…パンノートマジックの人がキラキラの笑顔で私も楽しかったです。
♪「アンダーザシー」は映画の中に入りこんだような素敵な演奏でした。どんなものでも音がある。音って無限大なんだなぁって思いました。…
♪「喜びの歌」を聞いていたら、心がおだやかになってて、最初は「べつに何かが変わるんじゃないしなぁ」と思っていたらすごく心がうごいて最後は「こんなにスティールパンは心が動くんだ、すごいな~」とすごくこの楽器が好きになりました。…

ご入学おめでとうございます

一年生の皆さん 保護者の皆さま
この度は ご入学 誠に おめでとうございます

本日、すみわたる青空の下、カリタス小学校「第60回入学式」が執り行われました。

ちょっぴり大きな制服に袖を通し、真新しいきれいなランドセルをおんぶして、『ピカピカの一年生たち』が登校する姿は、何とも眩しく、かわいらしい…。希望に満ちた一日を迎えられましたこと、一同、嬉しく思います。

二年生が秋に植えたチューリップとパンジーが咲き誇るイチョウ並木を通り、記念撮影スポット「入学式」看板の立つ校門へ。玄関では、六年生がお出迎え。本日のご案内役です。式では、二年生から、歌と踊りのプレゼントもありました。1年先輩の二年生がかっこよく、楽しく伝えてくれるメッセージに、一年生も釘付け。楽しみに胸を膨らませたことでしょう。

一年生のみなさん、カリタス小学校では、たくさんの音楽と出会います。二年生が歌って踊って伝えてくれた曲『きみがだいすき ずっとだいすき』は、本校の教員が作詞作曲した、カリタス=愛の詰まった宝物です。
いよいよ始まった6年間のカリタス小学校生活。動物たち、大自然、友だち、先生との関わりの中で、一年生の皆さんが、たくさんの『だいすき』に出会うことができますように。そして、入学された109名の一年生の皆さんの上に、神さまのお恵みが豊かにありますように。

これからも、六年生をはじめとした先輩が、そして、私たち教員が、精一杯、皆さんの力にならせていただきます。それではまた月曜日、教室で待っています!

『探検しよう、林の奥まで!』

2022(令和4)年度始業式

2022年度、一学期始業式が行われました。
体育館に集まった2~6年生は、学年がひとつずつ上がり、みんな嬉しそうです。そして、3月よりもちょっと頼もしく感じます。
新年度も、お祈りから学校生活がはじまりました。
校長先生からは、子どもたちと先生方みんなで、一人ひとりが大切にされていることを実感できるカリタス小学校にしていきましょうというお話がありました。
そして、明日は入学式です。109名の一年生が入学します。

【始業式の祈り】
父と子と聖霊のみ名によってアーメン
神さま、カリタス小学校は、今日、転入生1名、明日、新1年生109名を迎え、645名で新しい学年がスタートします。
コロナ禍にあって、まだ 思い通りにならない日々は続いています。世界に目を向ければ、ロシアの軍事侵攻によるウクライナの甚大な被害のニュースを見るたびに胸が痛くなります。しかし、どんな難しい状況に合っても、希望を失わず、神さまから与えられた大切な命を守り 地球上の全ての人々が ともに平和な世界を築いていくことができますように、わたしたちを導いてください。
これから、新しい、かけがえのない日々を過ごしていくわたしたちも、お互いを認め合って協力し、温かな気持ちで学び合っていくことができますように。