3年3組総合 多摩養蜂場に行ってきました!

再登校が始まり、総合の活動が本格化してきました。
みつろうラップを作る工程として、「草木染め」「油しぼり」「みつろう採り」の3つに分けて考えてきました。子どもたちからは「材料は自分で手に入れて作りたい」「自然のものに価値がある」等の考えが出されており、身近にある種や植物、食材等の材料集めを頑張ってきました。
「草木染め」と「油しぼり」に関しては材料が集まってきたものの、「みつろう」の収集はどうしても叶いません。そんな中、7月からの調べ活動や、養蜂家さんへの直接の問い合わせなどを通し、「みつろう採り」こそ早く行う必要があると分かってきました。10月には蜂の活動時期が終わりを迎えるためです。そこで、実際に養蜂家さんの元を訪れ、何とか「みつろう採り」ができないかという運びとなりました。「よし、行って、みつろうをいただけないか相談させていただこう!」

訪れたのは、多摩養蜂園の塩原さんが一家で経営されている、稲城市南山に位置する「多摩養蜂場」。塩原さんは、私たちからの急な依頼にも関わらず、快く、ご丁寧に、対応してくださいました。子どもたちは、手書きで書いたりロイロノートで作成したりして、自分たちでしおりを作り、塩原さんへのプレゼントもこしらえ、準備万端。
バスを下車し、山道を上がると、そこにはミツバチのいるネットハウスと、色とりどりのお花たち。塩原さんご一家は、なんと6名体制で迎えてくださり、温かく声をかけてくださいました。気分はうきうき、最高潮!面布というかぶりものを着用し、いざ、ネットハウスへ。「ロボットみたい」。塩原さん、安全に最大限配慮しながら、蜂たちの働く様子や巣の構造を伝えてくださいました。「ハチ、怖いんだけど…」と不安がっていた子も、体験を終えると「ちょっと怖かったけど、でもねぇ、かわいかった!」とにこにこ笑顔。体験の醍醐味の一つは『自分の肌で感じられ、物事の捉え方が変わること』なのでしょう。
その他、大自然の中に咲いていたコスモスの花や朽ちたひまわりの種、たわわに実るヤマブドウの実、転がっているどんぐりの実…など、子どもたちが頼むと、塩原さんは優しく「いいですよ」と言ってくださいました。有難く、みつろうラップづくりの「草木染め」や「油しぼり」に使わせていただく予定です。ヤマブドウは、その場でだいぶたくさん頬張っていましたけどね。他にも、敷いてくださっていたござの上にごろり…、思い思いに楽しませていただきました。

最後はみっちりしっかり質疑応答。何から何まで温かく対応してくださった塩原さんに感謝です。
最後の最後には「今度、私が小学校にお邪魔して巣を煮て、みつろうとり!しますか?どうですか?」「え!したいです!!」というやり取りも。塩原さんとのご縁に感謝しながら、これからの総合も頑張っていきます…!

5年3組総合 多摩川でごみ拾いをしたよ

 5年3組では、総合でSDGsに取り組んでいます。6月に「低学年のころ親しんだ多摩川をきれいにしたい!」という願いをもち、ごみ拾いをしました。そして、夏休みとオンライン授業が終わり、久しぶりに多摩川で2度目のごみ拾いをすることができました。
 1回目の反省を生かし、繰り返し使えるネットの袋やトングを用意したり、ごみが多いところを中心的に探したりしました。拾ったものは、発泡スチロール、お菓子の袋、ビン、缶、ルアー…DVDケース、かぼちゃ、謎の機械など「なんでこんなものが?」という驚きのものもありました。
 最終的に袋はごみでいっぱいに!帰る頃にサギがやってきて、きれいになった多摩川を喜んでくれているようでした。

1年生 第4回多摩川探検

2月19日(水)多摩川探検に出かけました。1年生としては最後です。いいお天気でしたが気温が低く、風も強くてとても寒かったです。それでも子どもたちは、川で魚を捕ったり、てんとう虫をたくさん捕まえたり、秘密基地を作ったり、思い思いの活動を楽しみました。今回もたくさんの保護者の皆さんにお手伝いいただきました。感謝申し上げます。山のように捕っていただいたカエルのたまごは、小学校の池でおたまじゃくしとなり、来年度の新1年生が喜んで捕まえるのだろうなと思います。春が待ち遠しいです。