4年生 聖書授与式

先日、学園聖堂にて聖書授与式がありました。校長先生のお話を聞き、一人ひとり手渡しで「おとなの聖書」をいただきました。本校では、4年生になると本格的な聖書をいただきます。授与式で歌った聖歌「ガリラヤの風かおる丘で」に、こんな一節があります。「1番 めぐみ/2番 ちから/3番 すくい/4番 いのちの みことばを わたしにもきかせてください」です。今回いただいた聖書の中には、神様からの言葉が多く載っています。その言葉を通して、子どもたちの心がより育まれていくことを願っています。

新入生を迎える会

コパン(児童会)主催で「新入生を迎える会」を行いました。

カリタスで今まで育てたことのある動物たちのことや塩むすびの募金についての「カリタスクイズ」。昨年度のコパンが新任の先生方にインタビューに行って準備をした「先生クイズ」。クイズの正解が発表されると「やったー!」「えーっ!?」と一喜一憂しながら楽しみました。

先生紹介の中では、これからはじまる給食についてのお話もありました。きっと出るメニューは・・・「あげぱん」!子どもたちも大喜びでした。

短い時間でしたが、1年生だけでなく全校のみんなも笑顔いっぱい。最後は「きみがだいすき ずっとだいすき」の大合唱の中、1年生と6年生が手をつなぎ、花のアーチをくぐって退場しました。

 

4年生 冬の宿泊 3日目

3日目は、朝起きてからすぐに、シーツや枕カバーなどをはがして整理整頓を始めました。二泊三日お世話になったお部屋をきれいに戻して、お家に帰ります。最後の朝食をいただきに食堂に行くと、窓の外には長い氷柱がたくさん下がっていました。こんな幻想的な雪景色を見たのは初めてという子もいたことでしょう。
朝食後、家に送る荷物をまとめて移動させたら、待ちに待った最後の雪遊び!昨晩から降り始めた雪のお陰で、今日はふかふかの新雪です。キュッキュッキュ!と気持ちの良い音をさせながら、身体いっぱい雪と戯れました。外気温は-6℃。だから、昨日学年グループで作ったかまくらの中にも、まだしっかり入れました。
今日も黒姫での雪遊びを満喫した後、借りていたスキーウェアとブーツを返却しました。美味しい昼食の牛丼をいただいて、さあ出発です。昨日心配されていた新幹線も通常通りに運行し、楽しい車内での時間を過ごして、無事に東京駅に到着しました。
東京駅では、お迎えに来てくださったお母さん・お父さんのお顔を見てほっとしました。3日間の感謝の祈りを唱えて、解散。帰り道も、楽しかった思い出話を、たくさんたくさん語ったことでしょう。仲間と一緒に過ごしたかけがえのない時間を、きっと一生忘れません。