1年生 第6回多摩川探検


 この日は少しだけ寒さが緩み、絶好の探検日和になりました。雲一つない快晴の空が広がります。子どもたちは防寒着を着て、6回目の多摩川探検に出かけました。

 多摩川は、数ヶ月前の台風や大雨の影響で、姿を大きく変えていました。子どもたちがいつも石投げをしていた河原はなくなり、崖となっていました。草をかき分けバッタやカマキリを捕っていた場所は、全て草がなぎ倒され、通りやすくなっていました。子どもたちはそこをどんどん歩いて行きます。新しく沼もできていて、そこには小魚やエビがたくさんいて取り放題でした。

 今回の探検で子どもたちが夢中になったことは「秘密基地作り」でした。至る所で基地を作る子どもたちの姿が見られました。長い草を見つけて保護者の方と一緒に運んだり、漂流物らしきものを並べて家具や食器のある基地を作る子どももいました。「先生、どうぞ」と招待され中に入ってみると、奥行きもあり、皆でしゃがんでお喋りをすることもできました。

 虫はさほどいなかったけれど、冬の多摩川も堪能できました。子どもたちに寄り添い、活動を共にして下さった保護者の皆様、本当にありがとうございました。

音楽鑑賞会「栗コーダーカルテット」


 今年度の音楽鑑賞会では、「ピタゴラスイッチ」のテーマでおなじみの「栗コーダーカルテット」の皆さんの演奏を全校児童で鑑賞しました。

 3年生から音楽の学習でリコーダーを使っている子どもたちは同じ楽器が使われると知り、わくわくしながらその音色に耳を傾けていました。そのソプラノリコーダー3本だけで奏でられる音の美しさにみんな驚きを隠せない様子でした。いろいろな大きさのリコーダーを紹介してもらった後、次に登場したとってもとっても大きなグレートバスリコーダーにさらにびっくり!歓声が沸き起こりました。鍵盤ハーモニカやチューバも登場して、テレビの番組やCMでおなじみの曲を楽しんで鑑賞しました。傘の柄のような形の「クルムホルン」や、口にくわえて不思議な音を出す「口琴」の音色にも大盛り上がりの様子でした。あっという間の鑑賞会で思い思いに好きな曲を口ずさみながら教室に戻っていく子どもたちでした。

中野島のみなさんの愛が!


 学園講堂で、子どもふれあいコンサートin中野島が、中野島中学校区地区協議会主催で開催されました。

 カリタスからは中高のコーラス部、オーケストラ部、小学校合唱クラブが参加しました。素敵な演奏を中野島の方々に聴いていただきました。たくさんの方が聞きに来てくださったこと、とてもうれしいことです。

 さらに、2年2組の子どもたち、保護者の方が、中高入り口で、手作り銀杏の販売をしました。学校の方々ではない地域の方々に、ユキちゃんのことを伝えられるか不安でしたが、中野島の方々の優しさと愛のおかげで、320袋近くが完売。みなさんにもユキちゃんと触れ合っていただきました。カリタスのみならず、地域の方々にも支えられるユキちゃん、そして2組2組の子たちは幸せです!

1年生 さつまいもご飯


 1年生が育ててきたさつまいもの収穫量は、3クラス合わせて12kgでした。均等に分け、その芋を使って「さつまいもご飯」を作りました。エプロンや三角巾を付けるのも、家庭科室に行くのもうきうきわくわくの1年生。家庭科室では短冊に切ったいもを、まな板の上でトントンと切っていきました。包丁を使うので私たちは緊張しましたが、子どもたちはあっという間に切り終わり、「もっと切りたい」と催促するほどでした。  昼食時、炊きたてのさつまいもご飯がちょうど出来上がりました。3杯もおかわりする人もいました。今月は勤労感謝月間なので、普段お世話になっている先生方やサポートして下さる皆様に、感謝の気持ちとさつまいもご飯をお渡ししました。

5年図工 鑑賞の授業


 5年生は図工で花鳥画ミニ屏風を制作して、少し日本の美術を知りました。そこで、鑑賞の授業ではMOA美術館の方に出張授業をしていただきました。

 MOA美術館は、熱海市にあり国宝や重要文化財を所蔵している日本の絵や工芸品などを数多く鑑賞できる美術館です。今回のスクールプログラムでは、所蔵品の尾形光琳「紅白梅図屏風」(国宝)実物大レプリカを見せてくださいました。この作品は江戸時代のものですが、尾形光琳の意匠は現代でもお菓子の形やティッシュケースのデザインに使われていたり、コマーシャルの扇子や舞台の背景に登場したりしていることなど色々なお話しを聞くことができました。

 国宝の「紅白梅図屏風」は、2018年1月26日から3月13日までMOA美術館熱海の「所蔵名品展」で展示されるそうです。

 1時間の鑑賞授業でしたが、日本の美について色々な事を学べた体験となりました。

2年2組 ヤギのユキちゃんへ、たくさんの愛が!


 2年2組では、クラスで育てているヤギのユキちゃんに赤ちゃんを産んでほしいという夢があります。そのユキちゃんが、10月、おなかに新しい命を授かりました。(確定は今後ですが・・・)子どもたちは、ユキちゃんのお父さん、お母さん。身重のユキちゃんに、いつもより栄養のあるごはん(チモシー)を食べさせてあげたいと考えました。

 でも、チモシーを買うお金がありません。そこで、子どもたちと考えて、毎年、カリタス学園の中にたくさん落ちるぎんなんの実を拾って、種を取り出してぎんなんにして販売することにしました。ユキちゃんのために、子どもたちのみならず、保護者の皆様もぎんなん作りに協力してくださいました。

 そして、先日の総合Day、授業参観日の際に販売したところ、用意した555袋が完売!総合Dayに来ていただいた方々、そしてカリタスファミリーのやさしい愛の手が、子どもたちのがんばりに実を結び、ユキちゃんの栄養、そして赤ちゃんの元気な誕生に寄与してくれました。ありがとうございました。

2年生 たまがわウォーク


 低学年恒例のたまがわたんけん。遊びに行くぞ!と思ったら、先日の台風と大雨で、川の形が様変わり。遊ぶ場所に入れなくなってしまい…。というわけで、今回はたんけんではなく、たまがわウォークです。

 土手沿いを歩き、カリタスとは対岸になる、狛江の西河原公園に来ました。

 遊具エリア、公園エリアで、子どもたちは思い思いに遊び、いつもとは違う多摩川でのひとときを過ごしました。

3年生 中野島探検


 まずはサミット(スーパーマーケット)の見学。入り口を入ってすぐの売り場にはずらっとならぶ果物が。「旬に合わせて果物を置いています。今はみかんが甘いです。」とお店の人が教えてくれました。野菜や魚、肉にはカットされて売られているものもあり、買う人に合わせて用意している、という工夫も知ることができました。最後の質疑応答では、「どうしてサミットで働こうと思ったのですか?」という質問をする子にお店の人がこのように答えて下さいました。「人の生活に関わりのある仕事つきたかった。スーパーは絶対に人の生活と関わりがあると思ったから。」働く人の思いに子どもたちは近づけたと思います。

 次はグループに分かれて、中野島にあるお店へインタビュー。事前にあいさつの練習をし、質問も考えてノートに準備していました。1グループにつき2つのお店を訪問して「どうして中野島にこのお店をたてようと思ったのですか?」「どれくらいのお客さんが一日で来るのですか?」などインタビューしました。お店の方も丁寧に答えて下さり、お店の方の心意気が子どもたちに伝わりました。それがなにより一番の学びになったのではないかと思います。

 訪問させていだいた中野島の各商店様、お忙しい中子どもたちのインタビュー活動に協力してくださり誠にありがとうございました。お答え頂いたことを無駄にせず、子どもたちの学びにしっかりと役立たせたいと思います。

 また、お手伝い頂いた保護者の皆様も大変有難うございました。ご迷惑をおかけすることもありましたが、無事にインタビューを終えられたこと感謝致します。

1年生 秋の収穫物


 春、頂いたさつまいもの苗をクラスごとに植え育ててきました。暑いなか雑草を抜いて、その生長を見守ってきた1年生にとっては、たくさんのさつまいもが収穫できることを心待ちにしていました。クラスで多少差はありましたが、小さいのから太った芋まで収穫できました。そのさつまいもを図工では量感画として描いていきました。子いもの頃、香り、味、中身、外側と項目ごとの色をイメージし、クレヨンをねかせて重ね塗りしていきました。子どもたちも驚くほど、本物そっくりなさつまいもを描くことができました。今度はそのさつまいもをどう調理するか、子ども達と相談しています。

 2組と3組は、多摩川へそれぞれ「くるみ拾い」と「どんぐり拾い」に出かけました。先日行われた総合デー&参観日では、くるみ割りとどんぐり工作を行いました。くるみが綺麗に割れたときの「割れた!」という感動の声、保護者の方と試行錯誤しながら工作を進める子どもたちの嬉しそうな顔が、とても印象的でした。

 秋は自然の恵みがたっぷりです。その恵みを使わない手はない。育てたひまわりの種やどんぐりを数えながら、数の学習をしていく子どもたちはとても真剣でした。どんぐりを、5474数え終えた子ども達の学びは深まったことでしょう。

旧6年1組のアスレチック補修


 昨年度の総合で制作したアスレチック。在校生がたくさん遊んでくれるので、時にメンテナンスが必要になります。

 今回は、同窓会を兼ねて、メンテナンスと橋を少し低くする改造をしました。卒業から7か月、一回り大きくなった中学校1年生。集まった瞬間に、小学生に逆戻り。思い出話と共に、柱の踏み固め、橋桁の切断に取り組みました。

 補修が済んだ柱、高さの低くなった橋、また、これからも、「カリタスの子どもたちに楽しく遊んで欲しい」という卒業生たちの気持ちが届きますように!