1年図工 うつしてあそぼう 続き


 学校中の色々な場所を探検しながら凸凹を見つけこすり出しを楽しんだ1年生。最後の仕上げとして「本作り」を行いました。色画用紙を使った全6ページの「こすりだしを紹介する本」です。

 まずは、こすりだした紙にL型の厚紙を2枚置き、自分の好きな形を作ります。型を動かすことで、形を大きくしたり小さくしたり長細くしたり、三角を作ることもできました。子どもたちが「ここ!」という場所を決めたら、そこをふちどりはさみで切り、その紙を糊で貼り付けていきます。糊の使い方、技術は格段に進歩しました。のりがベタベタしている本が少なかったことから分かりました。お気に入りのマスキングテープを持参してもらったので、本の中央にテープを貼り付けて自分らしさも出しました。

 表紙は、自分の紹介をしました。洋服と装飾品は、こすりだした紙を使って作りました。裏表紙は本来ならばゴミになってしまう、切り取った後の紙を眺め「何に見えるか」を見つけました。ライオンやキリンなどの動物から、お母さんのエプロンなどもありました。頭の中で思い描く、想像することも図工では大切にしています。

 完成した本は、オープンスペースに吊します。自分の本はもちろん、お友達の本も良いところをたくさん見つけて欲しいと思います。

4年生 学年ミサ

 カリタス小学校では、4年生以上になると毎年『学年ミサ』というミサが開かれます。これは、もちろん神父様はいらっしゃいますが、その他の部分は基本的には子どもたち自身の手で行うミサ。進行役から聖歌の伴奏、お祈りなど自分たちの手で創りあげます。

 4年生は初めての学年ミサ。初めてでドキドキしますが、「これ(役割)やってみたい」という子たちがたくさんいて、限られた役を分担するのは大変でした。それでも、学年の3分の1くらいの子たちは何らかの役に就いて頑張ってくれました。

 司式は百合ヶ丘教会の鈴木神父様です。いつもお話が楽しい神父様で、今回は初めて学年ミサをする子どもたちに「(食べ物の)好き嫌い」のお話から、「食事はからだを育てる物。ミサは心を育てるものなんだよ」とお話をしてくださいました。

 一緒に参加してくださった保護者の方も大勢いて、アットホームなミサでした。

総合防災訓練


 年に1度の「総合防災訓練」が、月に1度の避難訓練後に行われました。4月から3回目の避難訓練、随分避難が速くなってきました。全校児童が校舎内から安全に校庭へと避難できた時間は、2分30秒でした。しかし、多摩消防署の方からは、「おしゃべり声が聞こえました。少し真剣さが足りない人がいました。」という講評があり、次への課題がはっきりできた避難訓練でした。

 その後、全クラスから1名ずつ、そして各学年2名の先生方による「消火訓練」を行いました。訓練は、実際に出火をしているという想定で、火元に水消火器の水を掛けるというものでした。消火隊になった児童も先生もみな真剣に「火事だ~」「119番通報お願いします。」と大きな声で叫んで、消火器で水を掛けていまいた。

 全校での「防災訓練」はここまででした。この後1・2年生は、消防車見学、また6年生は、火災現場の煙体験を「煙テント」の中に入って火災時の避難を体験しました。

1年生 第2回目 多摩川探検

第2回目は、絶好の探検日和でした。
少し動けば汗ばむ程度、風を心地よく感じながら探検に出かけてきました。                                    

今回もたくさんの保護者の皆様に「お父さん、お母さん先生」として参加して頂き、グループの支援をお任せしました。 遊びのリーダーになったり、アドバイスをして下さったり、子ども達にそっと寄り添って 下さったり、一人ひとり異なる子ども達の姿を追いかけ、見守って下さることで、子ども達も 安心して活動を楽しむことが出来ました。

 
      

       

今回の多摩川には、たくさんの蝶がいました。子ども達は虫取り網を持って駆け回っていました。沼や川で小魚を探す子ども、石投げを楽しむ子ども、花摘みをする子ども、絵を描いたり、実を集めたり、思い思いの活動に取り組みました。

 

6年岩手宿泊3日目


 今日は、最高の宿泊活動日和です。朝から、雉や鶯、蝉に蛙、たくさんの生き物達が活動をしています。


 朝起床して、寝ていた蒲団をたたみ、曲がり屋の中のお掃除を自分達で綺麗にしました。朝食は、肝入りの家の曲がり屋でいただきます。どの子も残さずたくさんいただきました。


 食後は、広大な敷地の中で思う存分遊び回っています。


 ふるさと村も最終日、あっというまに閉村式を迎えてしまいました。閉村式では、「イーハトーブの風」と「雨にも負けず」の暗唱でお礼をさせていただきました。お昼は、ふるさと村恒例の遠野名物「ジンギスカン」です。農家に分かれたグループと同じグループ毎にダイナミックにいただきました。

6年岩手宿泊2日目


 花巻温泉「紅葉館」、夜中から雨になり雨足は、どんどん強くなるいっぽうでした。しかし、朝の支度、朝食、閉校式と時間が経つにつれて雨がやんで来ました。

 閉校式では、「イーハトーブの風」合唱と、「雨にも負けず」の暗唱をホテルの方々にお礼として披露しました。


 いよいよ、6年振りに「遠野ふるさと村」に入ります。入村式を終え、グループに分かれて農家の方のお家へと出発です。午前中は、交流会。午後は、再びふるさと村へ戻り「田植え体験」。泥の田んぼに110人が挑みました。


 夕食後は、曲がり屋の囲炉裏端で、遠野の民話を語り部の方から「昔あったずもな〜」と始まり「どんとはれ‼️」で1話が完結します。みんな真剣そのもの。

6年岩手宿泊1日目


 6年生岩手宿泊、盛岡駅から先ずは昼食場所「金婚亭」へ。美味しい釜飯をいただきました。カリタス小学校を鹿踊りの方が迎えてくださいました。


 最初の見学は、花巻の「宮沢賢治記念館」です。新しくリニューアルされた記念館、さて、どんな賢治先生が待っているのでしょうか。


 2つ目の見学は、同じく宮沢賢治先生の作品を立体で表現し展示している「童話館」です。


 3つ目の見学は、賢治先生が農民の方々に農業について勉強会を開いたり、楽器を演奏し合った「羅須地人協会」の建物があった場所に向かいました。現在は、そこに「雨にも負けず」の詩を刻んだ「詩碑」が建っています。

 「詩碑」を見学した後に、羅須地人協会の建物が移築されている「県立花巻農業高校」出かけました。高校の敷地に建っている建物を見学した後、農学校の鹿踊り部のお兄さん、お姉さんに「イーハトーブの風」の合唱を披露させていただきました。


 初日の見学を終えた6年生は、宿泊先の花巻温泉「ホテル紅葉館」に到着‼️食事は美味しい御馳走が食べきれないほどでした。食後は、なんと岩手の伝統文化の一つ「鹿踊り」を地元の方に披露していただきました。

1年図工 うつしてあそぼう


 今回の図工は「うつしてあそぼう」です。学校の敷地内には、無数の凸凹が存在します。普段は見過ごしてしまう凸凹に注目し、まずは目で見て、触って、凸凹を見つけること、次にその凸凹を紙に写し取ること、この2つの楽しさを味わわせたいと考えました。木や壁、玄関のタイル、教師が持っているかごなど、子ども達はあらゆる場所に出かけ、凸凹を見つけてきました。1回目よりも2回目の方が、クレヨンを寝かせて塗る活動が定着し、模様をしっかり写し取ることができました。どんな場所で写し取ったのかを皆で共有した後は、個々の作品として仕上げていきます。

1年図工 クレヨンを使って


 いつも身近にあるクレヨンも、色々な使い方を知っていれば世界が広がります。そんな楽しさを味わってもらうため、1年生ではクレヨンの指導を毎年行います。濃淡を付けて描くことやクレヨンをねかせて描くこともその1つ。このような手法を学ぶため、蚊と蚊取り線香のストーリー仕立てで授業を組み立てました。蚊取り線香に見立てた「ぐるぐる描き」、その蚊取り線香の効果が発揮され、今にも息絶えそうな蚊。それを各自が考え表現しました。クレヨンをねかせて「下から上に向かって」描いたとき、あまりの美しさに子どもから「うわあ、綺麗」という声も挙がりました。

 学習の最後に模様を描き、色塗りをしました。隣の部屋は別の色、別の塗り方になるよう、1年生なりに考え、色を付けていきました。完成した個々の作品も美しいですが、全体で眺めると、どこの芸術家の作品かと勘違いしてしまいそうなくらいです。

2年生 多摩川探検


 2年生になり、初めての多摩川探検に行ってきました。ちょっと暑い一日でしたが、なんと、保護者の方の参加が93名。児童が110名ですので、学校と共に手を取り、子どもたちの成長に関わってくださる保護者の皆様に、心から感謝です。

 さて、多摩川に行くと、子どもたちの背丈以上の長さに伸びた草、草、草。そんなことものともせず、子どもたちはどんどん進んでいきます。足で草を踏み固めて平らな部分を作り、そこにロープとシートを遣って屋根をかけ「自分の家」。大きな木の枝をつかって、ひもと流木を使ってたのしい「ブランコ」づくり。大きな水たまりの中に分け入り、エビを捕まえる子たち。多摩川の流れに網を突っ込み、小さな魚をとる子たち。昔懐かしい、石を使って水切りをする子たち。思い思いに、自然とふれあっていました。