1年生 秋の収穫物


 春、頂いたさつまいもの苗をクラスごとに植え育ててきました。暑いなか雑草を抜いて、その生長を見守ってきた1年生にとっては、たくさんのさつまいもが収穫できることを心待ちにしていました。クラスで多少差はありましたが、小さいのから太った芋まで収穫できました。そのさつまいもを図工では量感画として描いていきました。子いもの頃、香り、味、中身、外側と項目ごとの色をイメージし、クレヨンをねかせて重ね塗りしていきました。子どもたちも驚くほど、本物そっくりなさつまいもを描くことができました。今度はそのさつまいもをどう調理するか、子ども達と相談しています。

 2組と3組は、多摩川へそれぞれ「くるみ拾い」と「どんぐり拾い」に出かけました。先日行われた総合デー&参観日では、くるみ割りとどんぐり工作を行いました。くるみが綺麗に割れたときの「割れた!」という感動の声、保護者の方と試行錯誤しながら工作を進める子どもたちの嬉しそうな顔が、とても印象的でした。

 秋は自然の恵みがたっぷりです。その恵みを使わない手はない。育てたひまわりの種やどんぐりを数えながら、数の学習をしていく子どもたちはとても真剣でした。どんぐりを、5474数え終えた子ども達の学びは深まったことでしょう。

旧6年1組のアスレチック補修


 昨年度の総合で制作したアスレチック。在校生がたくさん遊んでくれるので、時にメンテナンスが必要になります。

 今回は、同窓会を兼ねて、メンテナンスと橋を少し低くする改造をしました。卒業から7か月、一回り大きくなった中学校1年生。集まった瞬間に、小学生に逆戻り。思い出話と共に、柱の踏み固め、橋桁の切断に取り組みました。

 補修が済んだ柱、高さの低くなった橋、また、これからも、「カリタスの子どもたちに楽しく遊んで欲しい」という卒業生たちの気持ちが届きますように!

授業参観・カリタス総合Day


 3年前から外部の方々に本校の総合教育活動をより深く理解していただこうというねらいで「カリタス総合Day」(1時間は、前年度の低・中・高学年の1クラスの担任が、15分間で一年間の総合の物語を語る授業。その後2時間続きで実際の総合学習を全クラス公開し、授業を参観したり体験していただく授業。)という授業公開を行っています。

 今年度は、その「カリタス総合Day」と「2学期の授業参観」を同時に行うという初の試みをいたしました。この日2校時目は、外部の方々対象で体育館での担任(2年生の伊丹教諭・3年生の城教諭・6年生の齊藤教諭)による「総合の語り」が行われました。中休みを挟んで3・4校時目は、外部の方と本校児童の保護者同時の参観が行われました。小春日和の天気にも恵まれ、校庭でも複数のクラスが児童と保護者が一緒になって総合学習が展開されました。

モンゴル国・教育視察団来校


 モンゴル国から教育委員会職員、幼稚園教員、小学校教員総勢30名の方々が、カリタス幼稚園とカリタス小学校の見学に来られました。小学校では、1年生から6年生までの全ての授業を参観され、どの授業も熱心にメモを取りながら教室を興味深く回られていました。

 

 6年生の算数の授業では、児童からの質問を受け子ども達に分かりやすく答えてくださる場面が印象的でした。また、5年生の各クラスでは、モンゴル語で「サイン バイノー」と、視察団の方々に「こんにちは」の挨拶を交わす場面もあり、流石カリタスの児童だと感じました。

 参観後は、会議室にてモンゴルの先生方と本学園の幼稚園園長、小学校校長、外国語の教員とで、それぞれの国の教育の特徴やカリタス学園の印象について昼食を取りながら和やかに意見交換が行われました。

3年生 自転車教室


 3年生の自転車教室を行いました。区役所や警察署の方々の話を聞き、自転車を乗るときのルールを学びました。自転車の点検のポイントや、ブレーキのかけ方、ヘルメットをかぶる大切さなどを改めて確認しました。その後は校庭へ出て実際にコースを自転車で走りました。保護者の方にもサポートをしてもらいながら、子どもたちは真剣に停止線や左右、後ろを確認して自転車に乗ることができました。

4年図工 鑑賞の授業


 4年生の図工の授業では、初めての木版画に取り組んでいます。そこで10月30日(月曜日)午後に、鑑賞の授業をしました。江戸時代から続く日本の印刷技術のルーツと言われる「浮世絵」の摺師である高橋工房の方々に来校していただき「江戸木版画」について学びました。浮世絵は、元になる絵を描く北斎や写楽などの「絵師」と彫刻刀で色ごとの板木を彫り上げる「彫師」、バレンで和紙に絵柄を刷り重ね作品を仕上げる「摺師」の共同活動で創る伝統工芸であることを教えていただきました。お話ししてくださった高橋由貴子さんは、江戸時代から代々続く「摺師」の家系六代目を継承した方です。お話の後には、全員が実際に摺りのワークショップをしました。浮世絵がどんな画材で、どんな工程で摺られているのかを体験することができました。

かわさき陸上競技フェスティバル


 10月21日(土) 等々力陸上競技場で行われた、かわさき陸上競技フェスティバルに、教職員5名、親子競技8組、中学生3名、小学生21名(親子競技含む)が参加してきました!!

 今年は、選手宣誓も任されました。任された3人、立派でしたよ!!

 天気は生憎の雨でしたが、みなさんケガなく、スポーツを楽しむことができました。参加してくださったお父さん、お母さん、ありがとうございました!!来年も、ぜひ参加してください。

 カリタスファミリーの中で、唯一、表彰をされたのが、中学生の大森彩加さんです。一般女子の部で、見事、2位でした。

フランス人高校生来校


 カリタス中高に交換留学生として来ているフランス人高校生5名が、小学校に半日交流に来てくれました。5年1組の英語では、お姉さんの紹介文を英語で作り、各自一文ずつ発表しました。6年3組のフランス語では、フランス語でお姉さんのプロフィールを聞き、グループごとに発表しました。6年2組では、担任の先生も参加して「日本語のことわざをフランス語に訳そう」という授業でした。子どもたちは、「ブタに真珠」「カエルの子はカエル」などよく知っていることわざを、英語、フランス語、日本語、ジェスチャー、漫画も交えてお姉さんに説明し、フランス語での言い方を教わりました。通常の外国語の授業とは異なり、相手に思いを伝えることを実践する授業にとまどうことも多かったようです。言いたいことがたくさんあっても、なかなか上手に伝えられない歯がゆさをしみじみ感じ、国語力(ことばのちから)に力を入れている本校児童にとって良い経験になりました。

創立記念の集い


 今日は創立記念の集いがありました。

 全学年が舞台をおうぎ形に囲んで集まりました。

 まず1年生と6年生による「聖マルグリット・デュービルの劇」です。デュービルの精神をみんなで引き継ぐために有志が練習を積み重ねてきました。「最も小さい者の一人にしたのはわたしにしてくれたのことなのである(マタイ25:40)」というみことばをはじめ、デュービルの行いや思いがみんなに伝わったことと思います。

 次に、カリタス小学校設立当初に先生でいらっしゃった岩尾先生からのお話です。戦争当時の生活や思いを聞かせていただきました。食べ物に困ったこと、焼夷弾が降ってきたこと、強盗が増えたこと…、数え切れない苦しみの語り。戦争の苦しみは時が流れるにつれてどんどん歴史の向こうへと遠ざかってしまいます。それをできるかぎり私たちのもとへ引きつけておいてくれるのが、岩尾先生がしてくださったような「語り」のような気がします。そしてその「語り」を私たちの心のもとに繋ぎ止めるのは「戦争をしてはならない」という私たち自身の決意のように思うのです。

 印象的だったのは岩尾先生が戦争についての話をされるとき、子どもたちに対し「こんな話をしてごめんなさい」と言っていたこと。子どもたちの心がかなしくなることを思ってか、そう言葉をかけてくださいました。この「ごめんなさい」の意味を、私たちは引き継いでいかねばなりません。