1・2年生 運動会演技練習


 「一人ぼっちの羊飼い」の曲で、今日、校庭で初めて2年生と1年生が一緒に踊りました。列で動くという難しい踊りをすぐに覚えて楽しく取り組んでいます。統一感は、今一歩ですが、練習を積むごとに出来るようになっていく子どもたちです。休み時間に曲を流して踊りの練習に励んでいます。運動会当日、全員がわくわく元気いっぱい踊ることでしょう。

運動会 第1回チームミーティング


 今日の4時間目に赤・青・白の3色に分かれてチームミーティングが行われました。

 団長・副団長を中心に応援合戦の練習や、合言葉の振り付けの確認をしました。1年生から6年生まで揃って練習するのは今日が初めてです。1年生は、周りを見ながら一生懸命に練習していました。

 今年はどの色が優勝するのでしょうか?今から目が離せません。

5・6年生 運動会演技練習


 ゴールデンウィークも明け、学校全体が運動会ムードになっています。高学年は演技の練習も本格的に始まりました。みんなでやる練習はもちろん、休み時間にまで練習に励む子、曲を覚えて口ずさむ子、みんな、気合い充分です!

 リレーや騎馬戦、綱奪いにも、競技ごとにリーダーを決めるなどして、子どもたちが中心となって練習に取り組んでいます。

 運動会に向けて、盛り上がっています!!

1年生 第1回多摩川探検


 毎年恒例の「1年生多摩川探検」、前日の雨とはうって変わって快晴の空の下で行われました。数日前から、「多摩川ってどんなところ?」「どんなことができるかな?」とわくわくしていた1年生。多摩川探検の歌をうたって学校を出発しました。

 多摩川の草は、子ども達の背丈くらい、それ以上の所もありました。でも「私たちは探検隊だから」と草をかき分けこどもたちはどんどん進んでいきました。虫取り、石投げ、お花摘み、沼での生き物探し。秘密基地作りや石に絵を描く子、土手滑りをする子どももいました。「先生、見てみて。見つけたよ」といって虫かごの中を皆が見せてくれました。そこには最高の笑顔もありました。「先生、沼にいたよ」と言って、小魚を見せてくれました。「次の探検の時は、もっと魚を捕まえたいな」と次回の意気込みも語ってくれました。

 多摩川は第2の教室です。教室では学べない自然体験を、体全体そして心で感じて帰ってきました。「楽しかった」「また行きたい」という声は子どもたちだけではありません。保護者の皆様も「こんなに楽しいと思わなかった」と笑顔で話して下さいました。保護者の皆様が、子どもたちをしっかり見守って下さったお陰で、最高の多摩川探検となりました。ありがとうございました。

1・2年生 運動会演技の練習


 連休前から少しずつ、運動会に向けて演技の練習に取り組んでいます。一つひとつの動き、隊形移動、覚えることも多いですが、先生の動きに必死についていこうとする、低学年の子どもたちのやる気と、踊る際の笑顔が輝いています。休み時間も「音楽をかけて~」と子どもたちから声を掛けられます。オープンスペースから音楽が聞こえてくると、ささっと出てきて踊り出す子どもたちの姿が、何とも可愛らしいです。

1年生 学校探検が始まりました


 待ちに待った学校探検の日がやってきました。今までは、担任教師と一緒にクラスごとの列で校内を巡りましたが、今度は、地図を片手に自分達だけで広い校内をまわり、カリタスの先生方を探すという探検が始まりました。初日は、1年生担当の先生方を中心に挨拶を確認してもらいながらの練習。先生と握手をした後、シールをもらいました。翌日の朝からは、自由に校内を回りました。出会った先生方に自分で声を掛けるのは勇気のいることですが、何事も経験です。上級生も一緒にまわってくれて「大丈夫だよ」と応援の声掛けをしてくれました。「先生の好きな食べ物は何ですか?」「好きな色は?」「動物は何が好きですか?」自己紹介だけでなく、先生方に色々な質問もしています。「好きな色は青だって。私と一緒だった」と嬉しそうに子どもたちは報告してくれます。たくさんの先生方と出会い、カリタスをもっともっと好きになって下さいね。

3・4年生 運動会演技練習


 ゴールデンウィークが明け、運動会の準備が本格的に始まりました。

 授業中は、グラウンドや体育館から明るい音楽が聞こえ、OSからは装飾の制作風景が見られます。

 3,4年生の演技は、傘を持って踊るものです。ただ、傘は壊れやすいので本番に取っておき、練習では棒を使用しています。棒の先端には、各々個性豊かな飾りがつけられ、子どもたちはそのオリジナルの飾りを満足そうに見せ合っていました。

 振付は…というと、今はまだ、必死に覚える段階。休み時間には誰かが音楽をかけます。すると、その音楽が進むとともに徐々に人数が増え、オープンスペースでは狭いほどの人数が集まります。

 クラス関係なく練習する姿、「ここはこうじゃない?」「そこは移動だよ!」と教え合う姿……カリタスのいいところです。

 少しずつ上手になっていく姿をブログで更新しますので、どうぞお楽しみに…♪

マリア祭


 9日(水)の1、2時間目に、マリア祭を行いました。

 各クラスで塩むすびの日を作り、おかずにかかるはずだった費用分を募金しようという取り組みで集まったお金と、ユリの花をマリア様にお捧げし、「マリア様のような清い心をもち、謙虚な姿勢でいられますように」とお祈りしました。

 また、マリア様の月について、コパンの子たちが短い劇を交え、わかりやすくお話をしてくれました。

 マリア祭後半は、ESAアジア教育支援の会の辻さんと、ユースメンバーとして活躍されている、本校卒業生の竹村さんから「バングラディッシュ、チッタゴンの農村にあるジョナキ小学校の子どもたち」を中心にお話を伺いました。現地に行かなければわからないことをたくさんお話ししていただき、貴重な機会となりました。

 保護者の方にもたくさんきていただきました。お忙しい中、ありがとうございました。

1年生 親子交流会


 気持ちの良い五月晴れの空の下、1年生の親子交流会が行われました。生田緑地内の枡形山に登り、クラスごとにレクリエーションを楽しみました。子ども同士はもちろんですが、親同士が交流を楽しむ姿、そして我が子だけでなくよそのお子さんも自分の子ども同様に可愛がる保護者の皆様の姿が、沢山見られました。

 この親子交流会は、昨年度から再開されました。卒業生の保護者からの「1年生の最初に築かれた子ども同士、特に親同士の関係性が大事。是非とも復活して欲しい」という声から企画、実施に至りました。昨年度親子交流会に参加された保護者の方から、「1年前が懐かしいです。また行きたいです」と、朝、偶然にもお話を伺いました。今回も「皆様とたくさんお話しできました」という保護者の方の声を聞くことができました。この会で得た出会いを大切に、保護者の皆様そして、子どもたち、教師が一丸となってカリタス小学校をつくっていきましょう。今日は本当にお疲れ様でした。

1年生 待ちに待った移動動物園


 カリタス小学校に移動動物園がやってきました。この日を心待ちにしていた1年生。たくさんの餌を持って、校庭に集まりました。うさぎ、ひよこ、モルモット、チャボ、やぎ、羊、ぶた、あひる、ポニー、そしてかめ。全ての動物たちと触れあおうと、子どもたちはあちこち動き回っていました。最初は餌やりにびくびくしていた子どもたちも、「もう一歩前で餌をあげてごらん」「餌を掌にのせてあげると、ぺろぺろしてくれるよ」という牧場の方のアドバイスを聞いて、動物との距離を縮めていきました。「ひよこを撫でると目を閉じて気持ちよさそうにしていたよ」「ひよこも跳ぶんだよ」「私、山羊の散歩ができた」「この羊、おとなしい」・・・・子どもたちの顔は、いつも以上に溌剌としていました。「私達も絶対、動物を飼いたい」という子どもたちの声もたくさん聞かれました。