5年1組 総合



今、5年1組では、子どもたちの大きな関心が3つあります。
運動会、大縄の新記録、そして総合です。
4月からテーマについて話し合ったり、、自分のやりたいことを、一人一人が語ったりしてきました。
現在残っているテーマ候補は、アスレチック、からくり屋敷、集団行動、サンドアートパフォーマンスです。
先日の金曜日、この4つから、さらに絞り込むために、4つのテーマ候補に対して、課題やアドバイスを付箋紙を使って寄せました。
子どもたちは、友達の語りを聞いたり、週末の調べ学習を「総合ノート」に綴ったりしています。一人一人の歩みがノートに残り、一人一人の成長がノートに増えていく、大切な宝物ノートになっています。

低学年演技「みんなでオトノナルホウへ」(運動会)



 「みんなでオトノナルホウへ」低学年演技が、遂に入場から退場まで本番通りに通して練習を行うことができました。本番通りに「バンダナ・カラー軍手・ボンボンで作ったしっぽ」フル装備で踊りました。
 フル装備で入場門に並ぶだけで、子ども達もウキウキワクワクでした。見ている私たちも、可愛らしい子ども達の笑顔に早く運動会当日がやって来ないものか・・・と思いながら見送りました。
 2曲の演技を覚え、歌詞まで口ずさみながら、隊形移動をする1.2年生の演技をどうぞ楽しみにしていてください。それはそれは可愛らしくも有り、頼もしくもあります。

高学年演技(運動会に向けて)



 外での練習も本格的に始まりました。旗体操は授業以外にも練習を重ねているだけあり、しっかり踊っています。今日は組体操の練習を中心に行いました。個人から、2人、3人技、そして10人技とだんだん人数も形も大きくなってきます。高さも出てきて恐怖感との戦いです。でも、失敗してもくじけません。「私は大丈夫だから、私の肩に足をかけて」「もっと上が乗りやすいように頭を下げて」など自然に声が出て、皆で励まし合っています。成功した時のにっこり笑顔、失敗しても次の成功を目指す子ども達の前向きな姿勢に成長を感じます。

3・4年 運動会練習



 今年の中学年(3、4年)の団体競技は「とんでまわって玉はこV」を行います。4人で布に乗せた大きなボールを運びます。途中ゴムの上をとんだり、コーンの周りを回ったりします。4人で力を合わせて、布からボールを落とさないようにするのがポイントです。本番はどのチームが1位になるか楽しみです。
 中学年(3、4年)の演技は「CARITAS SOHRAN」です。ソーラン節の曲にのって、漁師のように腰を低くし網を引く動作を入れてエネルギッシュに踊ります。暑い中、練習を頑張っています。本番は青と黄色のはっぴを着て、素足で踊ります。子どもたちに声援よろしくお願いします。

2年生 運動会ポスター作り



 本校では、毎年運動会当日に、校舎の1階ガラス窓に子ども達の作った「人体ポスター」を掲示します。今年の2年生は、梱包に使用するビニールを使い「人体ポスター」を作ってみました。2人一組になって1人はモデル・もう1人が型取り役となって、クレヨンで写し取りました。どのペアも運動会での動きをビニール一杯に表現してくれました。
 そして、仕上げは、トランスパレントペーパーを使って、抽象的な飾りを身体に貼っていきました。
 どのペアも、「おもしろ~い!」「この形はどう?」等と、夢中で作品と向かいあっていました。
 運動会当日は、是非校舎の一階窓の「人体ポスター」を楽しみにご覧ください。

低学年演技「みんなでオトノナルホウヘ」(運動会)



2015/05/14(木)
 今日から特別時間割がスタートしました。その先陣を切って低学年の演技練習が、校庭を使って行われました。今年は「あいうえおんがく&オトノナルホウヘ」という2曲で1・2年生が演技をします。
 今日の練習は朝から暑い日差しの中、6クラスがそれぞれの立ち位置を確認することがメインでした。曲毎に変わる隊形移動は、低学年の児童にとって覚えるのに一苦労。それでも小さな身体を一杯に動かしながら、音楽が流れだすと元気に演技をしていました。

マリア祭



 爽やかな風と新緑が美しい5月は、マリアさまの月。
マリアさまの素直で優しく強い心にならおうと、毎年5月にマリア祭を行っています。今年度も、ESAアジア教育支援の会から辻さんをお招きし、支援している里子たちの現状について教えていただきました。
 インド・ダージリンにある紅茶農園に、私たちが支援している里子たちのグループがあります。その学校で親元を離れ、寮生活をしている7歳の女の子の話を聞きました。お話を聞いて子どもたちと考えたことは、「里子たちのために、募金以外でも何かできることはないか」ということです。

・ダージリンとゆうくににいる女の子がつらそうに生きているのをみてすごくしんぱいしました。マリアさま、わたしたち日本のにんげんたちにできることをさがしています。どうかわたしたちにできることをおさがしください。(1年)

・つじさんのお話を聞いて、私でも出来る事が分かりました。なので、私は今やっている事はもちろん、本をつくったり、里子達のお母さんが作った紅茶を買ったり駅などでやっている募金活動に協力をしたいです。そして、大人になったらインドなどに行き、直接支援をしたいです。(4年)

・私は今まで特に何も思わず、「募金の日だから」とお金を募金箱に入れていました。でもそれは、本当に支援しているのか、里子のために心を込めて募金しているのか。募金はしているけど他の生活態度は、里子たちを考えているのか…。そんなことが頭に巡りました。(6年)

 貧しさを次の世代に引き継がせないために、誰からも盗まれない、そしていくらでも分かち合うことのできる知識を教育によって得ることが、里子たちに一番必要なことです。私たちが当たり前のように得られている教育の機会が、いかに大切なものなのか、改めて考えさせられました。

高学年演技(運動会に向けて)



 高学年の演技は旗体操、組体操、そして大きなピラミッドという流れで行われています。毎年大きな感動を与えてくれる演技の一つです。高学年の子ども達は、旗体操はもちろん、グループで行う組体操、そして学年全員で作り上げるピラミッドにもこだわりを見せ、体育の時間以外にも朝、休み時間を使って練習を重ねています。現在ピラミッドは6段までは作れますが、その後がなかなか成功しません。土台になる子ども達はマットに汗や涙を落としながらも必死に皆を支えています。「成功させたい」という思いで頑張っている子ども達の思い、当日に繋がると信じています。

2年 徒競走(運動会に向けて)



 本校では、1年生~3年生は「徒競走」を行います。4年生~6年生は「3色対抗リレー」といって、学年全員がクラス毎の色でリレーを行います。
 低学年の徒競走練習は、どの子も大好きです。自分の順番が来るとスタートラインで「気をつけ!」をし、先生の「よ~い」という合図で位置に着きます。しかし、子ども達は一歩でも早くスタートを切ろうと、「気をつけ」の姿勢を忘れたり、ピストルの音の前にスタートをしようとしたり、必死さが良く伝わる種目と言えます。
 それなのに、1位で走ってきたのに、50m先のゴールテープの前まで来ると何故かスピードダウンをして、後ろを走っていた子に先にゴールをされてしまう場面が多々あります。
 さて、今年の低学年はどんな徒競走を見せてくれるでしょうか?
 どうぞ、運動会当日の子ども達の走りっぷりを楽しみにしていてください。

チーム応援練習(運動会に向けて)



今日から運動会特別時間割が始まり、どの学年も練習が本格的になってきました。初日の今日は、快晴。暑い中、みんな頑張っています。5時間目はチーム応援の練習です。応援合戦の練習に力が入ります。応援は、応援団員の人たちが中心になって替え歌や踊りを考えてくれました。応援団は、お弁当を食べる時間にも教室に行って、細かく応援を教えに来てくれます。練習を重ねるうちに1年生もどんどん大きな声が出てきていますが、本番にはどの色ももっと迫力が出ます。楽しみにしていてください!