2年生が育てた野菜を食べました



 「ジャガイモ」のインカの目覚めを『油炒め!』 同じく「ジャガイモ」の男爵を『蒸かし芋!』 「ナス」「キュウリ」「ピーマン」は全てを混ぜて『和え物!』に。
 これらは、4月から2年生が畑で育て、一番初めに収穫をしたお野菜で、家庭科専科の北市先生が、2年生全員が食べられるように美味しく調理をしてくださいました。
 子ども達は、一通り全員に行き渡った後、それでも残った分を最後の最後まで分け合って食べていました。どこで売っている野菜よりも、自分たちで作った野菜にかなうものは無い!ということが改めてよく分かりました。
 「にこにこジャンプ会」の夕飯作りと、これからの野菜作りがとても楽しみになってきました。

福田さんの特別授業



 2年2組では、本日福田牧場の福田さんをお招きして、特別授業をしていただきました。 授業の内容は『みちゅの出産』についてでした。子ども達には、お世話をしている山羊のみちゅに「赤ちゃんを産んで欲しい」という願いがありました。しかし、自分たちだけでは分からないことばかりで、話し合ううちに次から次へと心配や疑問がわいてきたのです。そこで、「山羊と羊の専門家である福田さんに聞いてみよう!」ということで、福田さんに来ていただきました。多くの疑問や質問にも、福田さんはニコニコして答えてくださいました。最後には「赤ちゃんがお母さんのお乳を飲めないときは、みなさんが飲ませてあげてください。」と、話されました。はてさて「山羊の乳搾り」ができないと大変です。 秋の発情が無事に起こり、お父さん山羊が来て、みちゅが妊娠できたら、来年の春には赤ちゃんが産まれるということも分かりました。福田さんありがとうございました。
 これからクラスで、もう一度、出産をさせるかどうかを話し合って、決めていきます。今日の福田さんのお話で、「赤ちゃんを産ませてみたいな。」と思った子が増えたのではないでしょうか。

2年生とCAP



 本校では、2年生に進級すると、CAPのエンパワメントかながわの方々から、全員が「安心して、自信を持って、自由に生きる権利がある」という講習を受けます。
 今年も6月2日・3日の2日間を使って、クラス毎に「自分の権利や友達の権利」を守る力について、劇を交え分かりやすく教えていただきました。
 子ども達は、劇中の人物を自分に投影し「ずる~い!」「いやだ~!」と言うなど、夢中になって聞いていました。また、どの劇でも、CAPの方に「誰か前で一緒に劇をしてくれる人いますか?」と問われると、全員が「ハイ!」「ハ~イ!!」と積極的に参加をしようと挙手をしていました。そんな子ども達を見て、ここで学んだことが実際の場面できっと役に立つのではないかと感じました。

※CAPとは:Child Assault Prevention(子どもへの暴力防止)

2年3組と1年2組の羊交流



2年3組が、総合学習で「羊の毛を梳く」授業を行っていました。グループ毎にカーダーを使いながら羊の毛を梳いているところに、1年2組の子どもたちが教室にやって来ました。突然の訪問でしたが、3組の子ども達は、驚くどころか「一緒にやってみる?」「こっちにおいで、これ見て!」「羊の毛だよ!」と1年生をグループに招き入れました。
 すると、1年生も「うわー、フワフワしてる!」「気持ちがいいね!」「やってみた~い!」と、交流が始まっていきました。
 暫くして、今度は本当の羊にも会ってみたい!ということで、2年生の子がお世話をしている羊の「いさか」のいる動物小屋へみんなで向かいました。その後、「いさか」を連れて、1年生の動物小屋へ走って行きました。2年生と1年生が、1年生のお庭で、羊と共に交流会が進んでいきました。

2年生 病気のジャガイモ掘り



 2年生が畑で育てているジャガイモの1種類「インカの目覚め」が、『モザイク病』にかかり、とうとう葉が枯れ、茎だけの株となってしまいました。
 畑に植えていた「男爵」や「メ-イクイン」等のジャガイモとは異なり、この「インカの目覚め」の生長は5月に入っても明らかに遅かったのです。遅いばかりか、そのうち葉が茶色く変色しているところが見られるようになりました。運動会の前の週頃には、殆どの株の葉に茶色い変色が起こりました。
 そして運動会後には、「インカの目覚め」にの隣の畝に植えていた「男爵芋」の一列も同じように葉が茶色くなる症状が見られるようになってしまいました。地上の部分だけで、地下の状態はそこまでではないだろうと思い、薬を与えながら見守ってきたのですが・・・
 さすがにこのままでは、次々と正常なジャガイモの方にもウイルスが感染すると判断しました。
 本当に残念ですが、本日クラス毎に畑へ行き一畝ずつ『モザイク病』になっているジャガイモを抜くことにしました。

2年生 山羊のみちゅの体重測定



 2年2組が総合でお世話をしている山羊のみちゅの体重測定が行われました。それは、元気に大きくなってみちゅに「子ヤギを産んでもらいたい!」という願いがあるからです。そのためには、これから秋の発情期までみちゅに無事に出産ができるくらいの成長をして欲しいのです。
 子ども達は、大きな段ボールの中にみちゅに入ってもらって、静かに体重が量れるように中にエサを入れ体重計の針を調べました。
 第1回目の測定では、21kg~23kgの範囲にあることが分かりました。
 体重測定、無事成功しました!大きくなってね!みちゅ!!

運動会 保護者からの感想

先生方の見守りの中で「子どもが主役」ということを、すべての場面で感じ取ることができ、清々しい気持ちになりました。運動会前日、私が「お兄さん、お姉さんたちは早く登校するんだね」と娘に話しかけると、「そうだよ、いっぱい準備があって忙しいの。私もお姉さんになったらやるの」と真面目な顔で言っていました。運動会を通して競技はもちろん、色々な体験をし、素敵な先輩方と接することで、近い将来の自分像が見えてくると思うと、親として本当に楽しみです。運動会終了後、白組の一年生が、片づけをする白組の6年生に「やったー!勝った、勝った」と近寄っていくと、そのお姉さんが「みんながいっぱい頑張ってくれたからだよ!」と話していました。私はこんな言葉が自然と出てくるなんて、すごい!と見とれてしまいました。大変な思いをして準備し、当日も運営、競技、片づけと疲れ果てているはずの6年生。感動しました。  (1年生保護者より)


 先月入学したばかりなのに、きちんと整列し、先生のお話や体操をしている姿にまず感動致しました。演技や競技は、みんなで真剣に勝つ!!という強い心を持ち、仲間と合わせてお客様に見せる目的をしっかり理解しているようでした。上級生のお兄様、お姉様は常に下級生に気を配り、日頃の学校生活もこの優しさに包まれて過ごしているんだなぁと幸せに感じました。
 自分の子が出ていない競技でも楽しく、ソーラン節や組体操はとても格好良かったです。そんな中でも、お友達の背中についた砂を払っていた男の子、ありがとうと素直に言うお友達。運動会でたくさんのドラマを見させていただき、感動の連続でした。とても楽しかったです。  (1年生保護者より)


 運動会お疲れ様でございました。青・白・赤組にわかれた子ども達は、応援団の方々の指示に導かれ、とてもきびきびし、そしてとても楽しそうに参加している姿が、とても印象的でした。団長をはじめとする6年生の統率力の素晴らしさには、感動さえおぼえました。また、学年別のダンスの披露も、日々の頑張った練習がとてもよく見え、子ども達の成長をとても感じることができました。子ども達に主導権を持たせながら、あれ程の完成度にもっていくには、先生方に感謝しなくては!です。素敵な運動会をありがとうございました。  (2年生保護者より)


 毎年大きく形を変えず、伝統を守り続けている中にも、その年々の特徴を出した応援合戦やダンスの披露など、見ていて楽しくも安心感のある運動会だと感じました。今回3年生のソーラン節を楽しみにしていましたが、先生に法被に名前を手書きしてご準備頂いたとのこと、子どもたちも期待と愛情を背に、元気いっぱい気持ち良い踊りを見せてくれたのだと思います。
 片づけにおいても、保護者が声を掛け合い協力して短時間で終わらせてしまうのは、まさにカリタスらしい一面だと思いました。準備をはじめ、大変すばらしい運営だと思いますが、家族とのお弁当の時間がもう少しあれば、もっと良かったのではという気がします。来年も楽しみにしています。  (3年生保護者より)


 今年は初めてクラス対抗リレーに出場しました。リレーで勝つために、本番の数週間前からクラスで練習していました。眠く、疲れている朝も「練習に行かなきゃ」と言って起き、練習していました。クラスの団結力を感じ、子ども達の『本気で頑張る結束力』に改めて成長を感じることができました。娘は、本気で努力することの素晴らしさを実感できたように思えます。   (4年生保護者より)


 運動会終了後、娘が1年生だった時にペアだったお姉さんが観に来られていて、思い切って名前を呼んでみたそうです。そしたら、お姉さんも娘に「○○ちゃん」と名前を覚えていてくださり、「大きくなったね。○○ちゃんが中学生になったら、1年間はまた会えるね」と声をかけてくださったそうです。こういったやり取りも、カリタスらしい縦の繋がり、温かさを感じ、良い出逢いを作って下さっていることに感謝致しました。  (5年生保護者より)


 カリタス小学校の運動会は、高学年生たちの自主性によって運営されていることを、随所に見ることができました。自らの参加競技だけでなく、ほかの競技の準備・進行、下級生のお世話、そしてトイレ掃除まで。6年目にして、初めてそれら一つ一つを意識して見ることで、自分の娘が先生方やお友達と同じ目標に向かって行動する姿を目の当たりにし、子どもの本当の成長を確認させていただきました。  (6年生保護者より)


 小学校最後の運動会は、6年生の成長を強く感じた1日でした。5年前とは逆の立場となり、入学したばかりの1年生を優しく補助する姿、たくましくリーダーシップをとる子、裏方で一生懸命に働く子、一人ひとりが輝いていました。
 組体操では、辛かった練習の成果が一つの形になっていたと思います。辛かった分、感動も大きく、見ている側にもそれが伝わってきました。そして、怪我のないようにと側で見守っている先生方の温かな眼差しに、子ども達との絆を感じました。  (6年生保護者より)


 最終学年の運動会でした。未就学児の頃に参加させて頂いた運動会、娘と一緒に「6年生って立派だね」と心から感じたものでした。6年後はあのように娘も成長するのだろうか?と漠然と考えていたものでした。あれから6年…背も大きくなり、仲間達と共有しながら盛り上げている娘の姿がありました。6年間の学校生活、担任の先生、仲間達のおかげで、協力・団結力というかけがえのない大切なことを、学び教えて頂いたことを、大変嬉しく、感動した運動会でした。ありがとうございました。  (6年生保護者より)

カリタス幼稚園の訪問



 5/29(金)偶然カリタス幼稚園の「バラ組」さんの園児がやってました。バラ組さんは小学校の様子を見学しながら、2年1組さんの総合学習に釘づけでした。それは、「羊の毛を梳く」活動をしていたからです。 事前の取り決めも無く、突然やって来た園児さんを見て、1組のみんなは嬉しくなったようです。何も言わなくても、自分たちのやっている活動を体験してもらおうと園児を前にして話を始めていました。また、毛を梳く道具「カーダー」を渡して『こうやって使うんだよ!』『これ使ってみる?』等と、自然に交流が始まって行きました。2年生が園児を前にして、お兄さんお姉さんとなって教える姿は、自信満々で頼もしさを感じました。
 また、このように自然な形での交流が行われるといいなと思いました。

2年生お泊まり会の話し合い



カリタス小学校では、2年生が毎年一泊二日で学校に宿泊をします。今年の宿泊は、 6月25日(木)~26(金)の二日間です。運動会という大きな行事を終えた2年生は、いよいよ「宿泊活動」に向けて本格的な準備をスタートさせました。
 これまでの宿泊に向けての準備としては、4月から畑で野菜作りを進めて来ています。畑の野菜を使って、晩ご飯を作るからです。
 野菜作り以外の宿泊準備の活動として、先週学年朝礼を開き3つのことを話し合いました。 ①「お泊まり会の名前」②「どんなお泊まり会にしたいか?」③「お泊まり会でどんなことがしたいか?」この3点についてたくさんの意見が出されました。
畑の野菜は「キュウリ・ナス・ピーマン」と毎日少しずつ収穫が進んできています。これからの子ども達の頑張りが楽しみです。

3年生お話会



 今日は、おはなしカメさんによるお話会がありました。プログラムは、日本と外国の昔話として『三まいの鳥の羽』や『くわずにょうぼう』、また創作のお話として『3びきのかわいいオオカミ』などを聞かせていただきました。手遊びも教えていただき、楽しいお話会となりました。来週は、4年生でも聞かせていただきます。