1年生 さつまいもの量感画


 苗を頂いてから、1年生がずっとお世話をしてきたさつまいも。11月に入ってすぐに、収穫をしました。料理も計画されていますが、その前にさつまいもの絵を描くことにしました。さつまいもの量感画です。

 まず、子どもたちにイメージチャートを配り、1.小さい時、2.かおり、3.味、4.中身、5.外側の色を選んでもらいました。その色を順番に塗り重ね、だんだん大きく描いていきます。重ね塗りは、1学期からクレヨンの指導で継続して行っているので、子どもたちはお手の物。「先生、もう色をのせられません」というくらい、何重にも重ね塗りすることができました。それを実物のさつまいもを観ながら、切って完成です。中身の色では、サプライズを準備しました。焼き芋をして、少しずつみんなで試食をしました。

 まるで、本物のようなさつまいもの量感画を描くことができて、子どもたち自身も満足していました。

芸術鑑賞会 人形劇「岸辺のヤービ」


 今年の演劇鑑賞会は、人形劇団「ひとみ座」のみなさんに来ていただきました。演目は「岸辺のヤービ」。マットガイドウォーターという湖に住む、小さなカヤネズミのようなヤービという不思議な生き物のお話です。

<子どもの感想より>

・まるで本当に人形がしゃべっているかと思いました。みんなのやさしさや助け合いがあって、心に残る人形劇でした。

・ヤービがみんなと一緒にがんばっているところが素敵でした。泣いたときもあったけど、絶対あきらめないとこがヤービを強くしていると思います。

・すごく背景がきれいでうっとりしてしまいました。

・人間は命をいただき、食べて生きていかなければいけないんだなと思いました。そして人間達のせいで、トリカのような生き物たちの住むところがなくなってしまうことがないといいです。

・マッドガイドウォーターの住人達が幸せに暮らせることを願っています。

・私もボートに乗るのが大好きなのでヤービに会ったらキャンディをわたしたいです。


 ひとみ座のスタジオは、川崎市中原区にあります。よかったらぜひ足を運んでみてください。

図工ワークショップ 「キャシュキャシュ 赤と青の世界」


 フランス大使館の協賛で、絵本作家Agathe Demois氏とVincent Godeau氏が来校し、4年生が図工のワークショップとして赤と青の不思議な世界を体験しました。AgathとVincentの、「ルージュベックのだいぼうけん」(アノニマ・スタジオKTC中央出版)は日本語でも発売されています。本を開けると町や田舎、森が赤で描かれていますが、赤いルーペで覗くと不思議なことに、青で描かれた世界が広がります。この仕掛けを使い、カリタスの4年生も赤い家や木、車などに青ペンで自分の空想の世界を描き、全員で一つの世界を仕上げました。完成した絵をルーペで覗いて、隠された世界を楽しみました。

3年生 自転車教室


 普段何気なく乗っている自転車ですが、乗り方を間違えればとても危険なものです。

 今日は、3年生を対象に多摩警察署の方や区役所の方にいらしていただき、交通マナーについて詳しく説明していただきました。

 初めは学年全体でオープンスペースに集まり、指導員の方が用意して下さったカードを見ながら交通ルールについて確認したり、ヘルメットがないとどれだけ危険なのかを風船を使った実験を通して学んだりしました。

 信号のカードでは、指導員の方が持っていたカードは黄色だったはずが、クルッと返されると赤になっており、魔法のような出来事に子どもたちはとても驚いていました。指導員の方は「信号はあっという間に赤に変わってしまうからね!」と一言。ぽかんと口が開いたままになってしまいました。

 また、ヘルメットをつけていない風船がパンッと割れると子どもたちは「キャー!」と悲鳴をあげ、傷だらけのヘルメットを見つめながら事故の恐ろしさを感じていました。

 その後はグラウンドに出て、自転車教習です。自動車の通る方向を考えて、自転車の左側に立ったり、左足を地面についたり……。子どもたちはドキドキしながら自転車を進めていましたが、コースが終わるとほっとして笑顔が見られました。

 これを機に、正しい自転車の乗り方を再確認できればと思っています。

 当日は秋晴れで日差しの強い中、ボランティアをして下さった保護者の方ありがとうございました。また、遠方からこの教室のために、自転車を貸してくださった方、本当にありがとうございました。

1年生 第5回多摩川探検


 前日の夜は雨降りで天気が心配されましたが、朝には雨もやみ、探検に出かける頃には青空が見えてきました。少し歩くと汗をかくような、気持ちの良いお天気の中、子どもたちそして学習参加して下さった保護者の皆様と多摩川へ向かいました。

 今回人気だったのは、土手滑りと秘密基地。土手の草が刈られて、普段行けない場所にも足を踏み入れることができるようになり、そこで思う存分土手滑りを楽しみました。スピード感も転ぶのも、スリル満点。何度も挑戦する子どもが多かったです。秘密基地は、前回の経験を生かし、ダンボールやガムテープを持参して、更に大きな基地を作り上げていました。自然の草や蔓、石も使って基地を思い思いに飾っていました。

 その他にも、木登り、虫取り、くるみとり。セイタカアワダチソウやススキもとって花束作りなど、自然の材料を存分に使って、秋の多摩川を満喫することができました。

創立記念の集い


 10月16日はカリタス学園の創立記念日です。

 今日は、創立記念の集いが行なわれました。イエス様を心から信頼し、小さな人々に寄り添い続けた創立者、聖マルグリット・デュービルの生き方にならい、私たち一人一人が人を思いやる心、平和をもとめる心を大切に受け継いでいきたいと思います。

1年生と年長児 ミニ秋祭り


 9月28日に1年生が秋祭りを行ったことは、以前のブログでもお伝えした通りです。今度はカリタス幼稚園の年長さんをお招きして、ミニ秋祭りを実施しました。

 秋祭りの際は、1年生と6年生がペアになって、お店屋さんを回りました。年下ということもあり、6年生に助け船を出してもらうこともありました。しかしミニ秋祭りは、6年生はいません。1年生が上級生なのです。私達教師は「無事にお店屋さんを運営できるか」「園児さんを楽しませることができるか」と不安に思うことが沢山ありましたが、何の心配もいりませんでした。

 1年生は見事にお店屋さんをやりきりました。困っている園児さんには、自分から声を掛けることができました。自分たちのお店にも、たくさん招いて、ゲームを楽しんでもらいました。たくさんの景品を抱えた園児さんが「もう、持ちきれない」と話す姿が微笑ましかったです。お店の他にも、どんぐり工作や読み聞かせコーナーも作りましたが、大盛況。男の子が園児さんに読み聞かせる姿が、何とも可愛かったです。

 また機会があれば、一緒に活動したいです。

陸上記録会


 5.6年生の代表が、陸上記録会に参加しました。

 陸上記録会は今年、神奈川県の私立小学校7校が参加して、大和市にある陸上競技場で開催されました。

 カリタスからは、全部で38名の子どもが出てきました。リレーや走り幅跳びなど自分の記録に挑戦してきました。

2年生 読書感想画


 2年生の読書感想画は、レオ・レオニの本を読み聞かせをして作成しました。1組は「せいかい いち おおきな うち」2組は「さかなは さかな」3組は「マシューのゆめ」。絵のバックにローラーでインキをつけ登場人物を画用紙で切り抜きそこにレースや紐、ボタンなどを付け版とします。版にインキをつけバックの紙に押し当てると出来上がります。楽しい活動だったと子どもたちは話していました。