園便り 園便りTOP

園便り

今月の園便り 2019年4月

 サクラの花びらが舞い散る中、玄関アプローチにはカリタス中高バレーボール部の子どもたちが春休みに植えてくれたビオラの花が、新年度の始まりを祝うように咲いています。さまざまな花が咲く4月は春の訪れを知らせ、新しいエネルギーを感じさせてくれます。
 保護者の皆様にはお子様のご進級おめでとうございます。心からお祝い申しあげます。 また1つお兄さんお姉さんになって、ちょっと得意げな顔をしている子どもたちを見る時、これからの一年がとても楽しみになります。今年度も、子どもたち一人ひとりのペースを大切にしながら、色々なことに思い切り挑戦し、楽しんでいきたいと思います。
 新年度のクラス替えは、新しい出会いがあり、人と関わる学びの場となります。子どもたちはワクワクした進級の喜びと共に新しい教室、新しい友達、新しい先生に、ちょっぴり不安な気持ちを抱えながらの新学期です。1日も早く新しい先生や友達と仲良くなって、クラスが居心地の良い自分の場所となるよう教職員一同一人ひとりに寄り添いながら援助してまいります。
 保護者の皆様と信頼関係を築きながら、同じ理解の基に子どもたちのより健やかな成長を願って努力してまいります。保護者の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

 サクラの花びらが舞い散る中、玄関アプローチには、カリタス中高バレーボール部の子どもたちが春休みに植えてくれたビオラが、新年度の始まりを祝うように咲いています。さまざまな花が咲く4月は春の訪れを知らせ、新しいエネルギーを感じさせてくれます。保護者の皆様にはお子様のご入園おめでとうございます。心からお祝い申しあげます。
 初めての幼稚園という社会に入るお子さまたちは緊張でいっぱいでしょう。一人で入っていく子どもたちを見送る保護者の皆様も心配と不安でいっぱいだと思います。幼稚園では教職員ばかりではなく、進級児も一人ひとりの気持ちを受け止めながら、早く幼稚園が居心地のよい安心できる場所となるようお手伝いしていきます。また、幼稚園の生活に早く慣れるよう、4月は3人の先生がクラスの子どもたちと一緒に過ごします。ロッカーの使い方や着替えなど練習したり、園庭で遊んだり、幼稚園探検をしたりと楽しく過ごします。幼稚園は楽しくて、安心して過ごせる場所だということを知り、子どもたちが自分の居場所と感じられるようになるのを楽しみにしています。 
 一つお兄さんお姉さんになって、ちょっと得意げな顔をしている年長、年中さんも新しいお友達が来るのをとても楽しみにしています。1日も早く新しい先生やお友達と仲良くなって、色々なことに思い切り挑戦し、楽しんでいきたいと思います。子どもたち一人ひとりのペースを大切にし、子どもの心に寄り添いながら援助してまいります。
 保護者の皆様と信頼関係を築きながら、同じ理解の基に子どもたちのより健やかな成長を願って努力してまいります。保護者の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。