1年1組からのトピック


「だぁいすき!」

9月になり子どもたちと羊さんとの日々が流れ出しました。1組の羊さんはアンと命名されました。アンは仏語の「1」・・・ 1年1組のみんなに囲まれて安心して暮らしてほしいという願いがあります。小屋の中のお掃除、散歩、休日当番も力を合わせて一生懸命にします。時には失敗するときもアンの動きが思い通りにならないこともありますが仲間と協力しながら頑張りました。

アンの眼を写生する、お話しする、身近な人に説明をする文章を書く、遊ぶ、散歩をしながら糞の回収をする・・・ それらのいとなみを共有しながらクラスの関係が築かれつつあります。アンがクラスの一員として大切な存在になった2学期でした。

また秋祭りに代わるクリスマスマーケットを1年生みんなで楽しみました。親子遠足に出かけて木の実を拾い、オーナメントや写真立てゲームコーナーなどを手作りで制作し小さな力が集まると大きな喜びを分かち合うことができることを知りました。

栽培活動ではタマネギの苗を植え、サツマイモを収穫し、植木鉢にチューリップの球根を植えました。2年生になる日につながる活動も増え、気持ちは新年度にも向きつつあります。

更には多摩川にも探検に出かけました。秋から冬にかけての季節の変化を活動に没頭しながら肌で感じています。沼の生きものを捕まえ、基地づくり、木登り、草滑りなどを経験するなかで五感を駆使しています。いつの日かアンと探検に出かけることがみんなの夢です。

1年1組からのトピック


「だぁいすき!」

学校たんけんにレッツゴー!
入学して専科の教室にいくときにはあっちをキョロキョロ、こっちをキョロキョロ
「学校は広いね!」「いろんなお部屋があるね!」1年生の好奇心がくすぐられます。
そして、あっちからもこっちからも「こんにちは!」「学校は楽しいですか?」と上級生や先生方から声をかけられていた子どもたちでした。
「たくさんの先生とおともだちになりたいな」
みんなで探検をすると学校の中のお部屋はたくさんありそうです。
そして、たくさんの先生方とも仲良くなれそうです。
こうして始まった学校探検で、たくさんの先生方に自己紹介をすることができました。先生との架け橋となったのは自分の言葉です。話す、聞くことで伝わり合うことがあると、多くの子どもたちが体験を通して理解していきました。
先生とお友だちになるとご褒美に貼っていただくシールが増えていき、満面の笑みがこぼれます。小さな手に握りしめていた探検の地図は少しいたんだけれど、その一枚は先生方から贈られたシールで隙間がなくなっていきました。
また、いったん出かけた教室を仲間に教え、案内する子どもたちもいて、クラスを超えた年生の1年生の絆が深まっていったのも収穫です。子どもたちは、自分の足で歩き、目的地を探し当て、一歩前に進み出て自信を深めていきました。これと同時に、カリタス小学校という大きな空間への安心感を膨らませていったのです。学校が「だぁいすき」な1年生です。

「多摩川たんけん」は1年2組「畑と動物」は1年3組のページをご覧ください。