3年1組からのトピック


かがやけ夜空の阿波おどり

~「ご縁」と「感謝」の阿波おどり~
『湘南なぎさ連』の皆さんが来校されたのは、9月9日(土)学校説明会の日でした。体育館で鳴り響くお囃子の音色と迫力満天の阿波踊り…。「本物」を目撃した後は、「私たちも踊りたい」!手足の動き、うちわの動かし方、掛け声の合わせ方…踊りのいろはを教えていただきました。実際の連の方にこんなにも近くで教えていただけるなんて、なんて贅沢な時間だったことでしょう。

・これからどうしていく?
そんなとき、こんなお知らせが届きます。「12月10日に、遊行寺っていうお寺で阿波おどりを踊れることになったよ」
以前、出演が叶わなかったことがあり、それを見兼ねたのか、連長さんをはじめとしたなぎさ連の方がおそらく開催までこぎつけてくださったのだと思います。そのお気持ち、優しさに心より感謝しながらの再スタートです。

「本番、何着る?」「体操服?」「それはちょっとやだなぁ…」「はっぴ作りたくない?」「ズボンはどうする?」「踊りも練習しなきゃね」「うちわは…?」「連の名前も決めないと」「連の色も決めなきゃいけないんだよ」「考えなきゃ」
やることの多さに圧倒されながらも、日々は待ってくれません。踊りの時間が充分とれないために迷いましたが、「自分たちで作る」難しい道を選ぶことにしました。

はっぴや手ぬぐいは、たまねぎの皮で染めることに。そしてその布は、保護者の方に手伝っていただきながらミシンで縫い合わせていきます。うちわは自宅で眠るうちわをかき集め、骨組みにし、和紙を貼り合わせました。
たまねぎの皮は、近くのスーパーで集めたり、とある児童は千葉の加工工場まで取りに行ったり。それでも足りず直前には全校の皆さんにお願いして集めていただいたり、当日煮出して重くなった大量のたまねぎの皮を保護者の方に処理していただいたり…。はっぴづくりでは、布の裁断や縫い合わせ方法決めを、保護者の方にだいぶ教えていただいたり、ミシンの縫い合わせに協力していただいたり…。踊りの見本やお囃子の音源をなぎさ連の方にいただいたり…。各方面からご協力をいただいて、辿り着くことができました。
もちろん子どもたちも、全校の方にたまねぎ集めのチラシを作って伝えたり、布の種類を話し合って吟味したり、なぎさ連の方にお願い動画を送ったり。そして、染め物やミシンかけ本番の活動…最後の一週間と少しで踊りの練習………できる限りのことをやってきました。

そして迎えた12月10日…お天気に恵まれ、大切な人たちに囲まれ、幸せな一日を過ごすことができました。詳細は、小学校ブログInstagramに譲ります。子どもたちの表情がその全てを物語っています。

「もっとプロみたいに踊りたい。」
本物に出会って生まれた願い。『カリタス夜空連』の演舞は続いていきます。
『踊りは~!カリタス~夜空の~踊りだ~!ヤットサー!ヤットヤット!』

3年1組からのトピック


阿波おどり(仮)

初めてのクラス替えがあって、「一年間でやりたいこと」を初めてのメンバーで決めていきます。

最終候補は、「紙作り」「エコな子どもの遊び」「カリタスかるた」「ワタ」「阿波踊り」。
5つのテーマに分かれ、何回か活動を続けることにしました。計画を立ててみたり、実際にやってみたり、どこに属するか迷っている子は「見物」してみたり混ざってみたり。休み時間に活動する子たちも出現。友だちの熱気やのめり込み具合は、テーマの可能性や奥行きを想像させてくれました。「私はこのテーマをやってみたい!」
激戦の中、最終候補2つのうち、自分で育てて小物や図鑑などを作りたいという「ワタ」が10名、阿波踊りをみんなで楽しんで踊りたいという「阿波踊り」が26名。「ここから…どうする?」
何時間か話し合った末に決まったテーマは『阿波踊り』。「今、タネを植えて育てているワタも、使えるなら衣装とかに使いたいな」という願いも残しながら、『阿波踊り』に挑戦することに決まりました。
テーマが決まり、やってみると「思ってたより楽しい」の声があちこちから聞こえてきます。あちらでもこちらでも、踊りに慣れてきた子が初めての子に教える姿が。「阿波踊り」を通じて、友だちとのコミュニケーションが自然と生まれ、高め合える-。これが、このテーマの良さかもしれません。
ただ、そう簡単には阿波踊りは身につきません!クラスに一人、詳しい子がいるので、その『師匠』に教わりながら、「子どもおどり」のキホンを練習しています。総合デーでは、『師匠』のお母様にも教わりました。「掛け声がちがう!」「踊りもしなやか…」と、目を輝かせる子どもたち。
「あんな風に踊りたいなぁ…」
「女踊りや男踊りもやってみたい!」
「あれ、衣装ってどうする?」
「うちわも作りたい」
「お囃子ってどうしたらいい…?」
「どこかのお祭りに出られないかな」
課題や夢は山積みですが、これらを力に輝いていくぞ…!
ちなみに、阿波踊りには「連」という団体の名前がついています。我が3年1組は、「暗い中でも星のように輝いて踊りたい」という願いを込めて、『カリタス夜空連』と命名されました。「連」のカラーは、「山吹色」です。
終業式の日―。「明日、近くの阿波踊りのお祭り行くんだ~」という声。一人ひとり、これからも、キラキラと輝いてまいります!